4月17日(土)14時:【 盗み聞き 】よしこママって何者?噂のオネエに生い立ちから全部聞いてみた。

配信日時 4月17日(土)14時~
タイトル 【 盗み聞き 】よしこママって何者?噂のオネエに生い立ちから全部聞いてみた。(録音:red_circle:記事化予定:pencil:
スピーカー Reiよしこママ
説明文 噂の「よしこママ」って何者?
オネエなの?:thinking:
おむすびマン?:rice_ball:Y.K.Monってなに?
色々気になりすぎるので、生い立ちから今までを
根掘り葉掘り聞いてみます。
ルームURL Clubhouseへ
ロガー Konomu
※本記事に関する内容は、全てのスピーカーに記録および記事化の承諾の下掲載しております。なお、当メディアにおける記録および記事化のガイドラインはこちらをご参照ください。→詳しくはこちら

 

よしこはなぜオネエなの?

Rei

Rei

早速いろいろ聞きましょう!本当にゼロから聞いていきますからね。ちゃんとしゃべるのもはじめてなので。よしこママの事を知ったのはいつくらいかな?2週間前くらいかな?

よしこママ

よしこママ

そんな最近なのね。

Rei

Rei

よしこママちなみにおいくつですか?

よしこママ

よしこママ

32歳です。今年で33歳です。

Rei

Rei

僕の1個上ですね。僕、来月で32歳なので。
よしこママは”窪田善文”からきてよしこママなんですよね。

よしこママ

よしこママ

そうですよ。中の人は”窪田善文”と言いますね。

Rei

Rei

僕の中ではよしこママというキャラから入っているから、”窪田善文”というのも最近知ったんですよ。

よしこママ

よしこママ

多分、あたしのフォロワーさんほとんど知らないと思うよ、あたしの下の名前。”窪田”さえも知らないと思うよ。最初の頃は”よしこママ”って表記していなくて、”Kubota”って表記していたのよ。

Rei

Rei

それっていつ?

よしこママ

よしこママ

オカマはじめて1ヶ月くらいはずっと”Kubota”のままでやってた。あたしがオカマ始めたのは2021年の2月5日ね。Clubhouseの中で始めたから。

Rei

Rei

Clubhouse始めたの、けっこう早いですよね。

よしこママ

よしこママ

1月27日からかな。早いのかな?

Rei

Rei

多分。だいたいの人が1月28日か29日ですかね。

よしこママ

よしこママ

日本で最速は1月20日だもんね。

Rei

Rei

そう考えるとめっちゃ早いなあ。

よしこママ

よしこママ

運が良かったわよね。1月20日くらいから知っていたのよ。あたしもこんな性格だから、TwitterでClubhouseを見て「なんだよ、くだらない」って思っていたわけ。負け惜しみじゃないけど「こんなのどうせつまんないでしょ、すぐなくなるわよ」とうがった目で見ていたの。

Rei

Rei

それがコロっと変わったのはなんだったんですか?

よしこママ

よしこママ

でも、やりたいじゃんね。あたし、しゃべるの好きだし、新しいものは気になるタイプだから。とりあえずダウンロードしてみようと思ってダウンロードしたのよ。誰からも招待なくね。そうしたら「あれ?なにこれ。一瞬で始められるじゃん」ってなって。

あたし”Ryu Kamimoto”が招待者なんだけど、後輩なの、大学の。彼も招待したつもりはなくて、「Let them in!」ってボタンがあったじゃない。あれでされたのよ。

 

Rei

Rei

もともと電話帳でお互いにつながっていたってことですね。

よしこママ

よしこママ

そうそう。Ryuからも「僕、窪田さん招待したつもりじゃなかったんですけど始めてますね」ってDMが来ました。

Rei

Rei

なるほどね。Ryuさんの画面に、よしこママが始めたから「招待する?」みたいなボタンが出て、ポチッと押したらよしこママが登録できた、と。

よしこママ

よしこママ

ラッキーショットよ。

Rei

Rei

1月27日にClubhouseを始めて、2月5日、1週間後にはオネエになってたんだ。なんでオネエにしたんですか?

よしこママ

よしこママ

あとで自己紹介にも出てくると思うけど、あたし、もともとプロのレーサーだったんですね。レーサー時代の先輩の坂本祐也さんから「面白いオカマがいなくない?」って言われて。

Rei

Rei

その先輩はオカマ?

よしこママ

よしこママ

全然違う。面白い人でClubhouseで毎日ふざけていたのよ。当時はまだ”Kubota”だったけどね。その流れで「面白いオカマがいないから、いまここでオカマやれば部屋が盛り上がるよ。人気者になれるよ」って。「祐也が祐子になるから、窪田は窪田のままでいいからその場を仕切ってくれ」って言われたの。あたし本業でしゃべりの仕事もしていて、MC的なこともできるから「やりまーす」ってやったの。それが始まりよ。

Rei

Rei

”Kubota”から始まったんですね。

よしこママ

よしこママ

2月5日の深夜、最初は”Kubota”だったんだけど、だんだん女の子も入ってきて、夜だと恋愛相談になるじゃんね。それにあたしも答えたくなっちゃって。横やり入れるならオカマになろうと思ってふざけて”よしこ”になったワケ。そうしたら盛り上がって気付いたら朝になっていて「あれ?祐子よりよしこのほうがうまくね?」ってなっちゃったの。

よしこは4つの事業を展開する社長でもあるのよ

Rei

Rei

奪っちゃったんだ、ポジション(笑)
順番前後しましたが、細かいことは僕が聞くので、15秒くらいで自己紹介してくれませんか?

よしこママ

よしこママ

元レーサーで、今はNaNika株式会社という自分の会社の中で、お米屋さんとか自動車関係とか地域活性化とかいろんなことをやっているオカマです。ファッションオカマです。オカマのコートを羽織っています。

Rei

Rei

リアルはそのコートは脱ぐわけ?

よしこママ

よしこママ

ただの女好きのファッションオカマです。

Rei

Rei

NaNika株式会社って、僕もある程度見させていただきました。会社を作ったのが7年前くらいだと思うんですけど、そもそも作ろうと思ったきっかけは?何か目的があって作ったのか、それとも作りたくて作ったのか。

よしこママ

よしこママ

後者です。社長になりたくて作った感じ。

Rei

Rei

社長という肩書きが欲しかった?

よしこママ

よしこママ

完全にそれ。小さい頃は社長って何者か分からなかったけれど、社長ってかっこいいって思ってたのね。あたしだけかな。

Rei

Rei

それは僕もそう。

よしこママ

よしこママ

でしょう?社長になったらお金持ちになれると思わなかった?

Rei

Rei

分かる!社長は基本的に年収が高い、という。

よしこママ

よしこママ

社長になるとモテるし金持ちになるしちやほやされるしかっこいいし、いいことしかなくない、と。あたしオカマじゃなくて男だから。ずっと社長になりたかったんだよね。きっかけはそれ。

Rei

Rei

実際作ってみてどうだったんですか?

よしこママ

よしこママ

社長なんて肩書き、意味ないと思ったわ。あたし、肩書きで人を見るのその頃からやめたのよ。当時、最初の名刺には「代表取締役」って書いていたの。そのあと刷り直して「代表取締役社長」を自分で外したからね。今、あたしの名刺には「代表取締役」って書いてないから。そんな肩書きくそくらえだと思って。

自分が勘違いしていたな、って。勉強不足だったんだけど。社長って株式会社の長でしかなくて、それが1人会社だとしても、株主が1人しかいなくても長は長だから。それでしかないのよ。司法書士の先生に20万円払える財力がある人は誰でも社長になれるんですよ。

 

Rei

Rei

登記すれば、ということですね。

よしこママ

よしこママ

あるいは、15万円しかなかったとしても、自分で書類書けば登記の手続きはできるから、15万円以上あれば社長になれるんですよ。これは嘘じゃなくて、なれちゃうんです。15万円しかない大学生も、15万円しかない高校生も、15万円しかない88歳のおじいちゃんも社長なんですよ、なろうと思ったら。ということは、社長がモテるのも金持ちになるのも、あたしが勝手に持っていた固定概念だったということに気付きました。

Rei

Rei

なるほど。実際、会社を立ち上げてみて色々と事業をやっているじゃないですか。ざっと今やっている事業ってどういうのがあります?

よしこママ

よしこママ

大きく分けたら4つ。1つ目がお米事業。2つ目が自動車関連の事業。3つ目がオカマ事業。実際に自分の会社の登記を芸能プロダクションに変えたので、挑戦している最中なの。他の子を所属させるには手続きが必要だから、プレイヤーはあたしだけなんだけど。芸能事務所の社長でありながらあたし自身が芸能人です、という状況ね。この数日前から始まっている感じ。来月NHKに出るわよ。

Rei

Rei

NHK出るんだ!

よしこママ

よしこママ

出るのよ。Eテレ。

Rei

Rei

すごい。

よしこママ

よしこママ

4つ目が地域活性化の事業。この4つかな。もうちょっと絞りたいんだけどね。人がいればいいんだけど、いなくて回らないから。NaNika株式会社の社員はあたしだけなの。2018年に正社員でNo2として入ってもらったNaokiくんに、今は社員としてではなく、パートナーとして一緒にやってもらっているけど、現状、常勤メンバーは2人だけ。常勤メンバーって言っていいのかNaokiくんに言ってませんけど、常勤以外の何物でもないと思うわ。まだ2人しかいないの。ただ、プロジェクトごとに他社さんと組んでやっているから、けっこうな数の人に手伝っていただいているわね。組織としてはそんな感じ。組織のサイズは気にしていないけど、今のチーム体制だとこの4つは厳しいな、大変だなと思いながらやっています。

Rei

Rei

4つの中で、どれに力を入れているってあるんですか?

よしこママ

よしこママ

間違いなくオカマね。どう考えてもオカマ。自動車関連が一番下なんだけど、自動車関連が一番売上高いのよね。

よしこは元レーサーなのよ

Rei

Rei

オッケー!オカマ事業聞く前に、先にレーサー事業を聞いたほうが面白そうだから、そっちを教えてください。9歳からでしたっけ、レーサーに触れ始めたのが。そこにずっぽりはまっていった動機を知りたいです。

よしこママ

よしこママ

最初のきっかけはシンプルで。あたしの親父がレース好きだったのよ。彼が若かりし頃にアマチュアでやっていたのよ。あたしの親父には弟がいて、よしこからみると叔父さんね。叔父さん家族もレース好きで、あたしの従兄弟がカートレースをやっていたの。リアルマリオカートみたいな感じよ。ゴーカートみたいなサイズなんだけど、本当に速いのね。スポーツとして大変なんだけど、従兄弟たちがやっていて、それを親父と一緒に見に行って、「お前もやりたいか」と言われて、「やりたいです」と始まったのよ。

Rei

Rei

その瞬間って覚えています?

よしこママ

よしこママ

覚えてるわ。これ、親父にも言ったことがないんだけど、あたしにはね、英語で言うなら「Do you want to drive?(乗ってみたいか?)」に聞こえたの。体験として1回乗ってみたいかという意味だったの。でも親父は「スポーツとしてお前も取り組みたいか?」と聞いたの。あたしは前者だと思いながら「乗りたい」って言っちゃったのね。あたし、小さい頃親父には反発しないタイプだったから。見た目も怖いわけですよ、土建屋の社長だし、パンチパーマでひげ面でヤクザに見えるわけ。昔々レースしていた親父が、息子がやりたいって言ったものだから興奮しちゃっているの。だから違うよって言えなくなっちゃったの。「そんなんじゃないよ」と言うすき間がなくて。気付いたら沼津のカートショップに行って、カートを買う話が進んでいたわ。

Rei

Rei

買うってマイカートを?

よしこママ

よしこママ

マイカートです。

Rei

Rei

マイカートなんだ!すごいな!

よしこママ

よしこママ

うちはまあまあ金持ちだからね。おじいちゃんが土地持ちだから。

Rei

Rei

静岡に土地を持っているんですか?

よしこママ

よしこママ

静岡の山を持っているんですよ。

Rei

Rei

山!?すごいな。マイカート選びに行ってそこで買っちゃうわけですか?

よしこママ

よしこママ

買っちゃうよね。

Rei

Rei

「乗ってみたかっただけなんだけど」と言い出せず。親父さんの熱量で、「こいつは自分でレーサーになりたいって言ったから全部用意してやろう」みたいな。

よしこママ

よしこママ

そう。それちょっと誇張しているけどね。自分で乗りたいって言ったから、子どもがやりたいことはやらせてあげたい。そういう感じだよね。

Rei

Rei

ちなみにマイカートっていくらくらいするんですか?

よしこママ

よしこママ

当時は新車で25万円~30万円。今だと大人用で1台50万円~60万円する。

Rei

Rei

けっこうするんですね。普通に1台車買えるんですね。
9歳ということはその時小学校3年生ですよね。その時はまだ静岡?

よしこママ

よしこママ

静岡の三島におりました。今は一人暮らしで横浜にいますけど、実家はいまだに三島にありますよ。

Rei

Rei

そこから続けて、中高生になるとレースに出ますよね。

よしこママ

よしこママ

小学生のクラスがあるからずっと小学生からレース出てましたよ。小学生の頃はめちゃんこ遅くて、3年、4年、5年、6年の4年間、優勝した回数は1回のみです。

Rei

Rei

そうなんだ。

よしこママ

よしこママ

めちゃんこセンスなかったもの、あたし。

Rei

Rei

上達していったのはいつくらい?

よしこママ

よしこママ

6年生でようやく芽が出てきて、中学生から完全に波に乗ってきて、中3くらいからめちゃ速かった。6年かかったよね、芽が出るまで。

Rei

Rei

小さい頃からの6年ってメンタルないと耐え難い気がするな~。

よしこママ

よしこママ

うちの親父が怖かったのはそういうこと。メンタルとか辞めるとか、そういう概念がないから。メンタルが強いとか豆腐とか言っていられないから。アップダウンなんてないから、メンタルなんて気にしてんじゃねーよって感じ。今の社会人に言ってあげたい。メンタルを強くしようとか弱くしようとかじゃなくて、メンタルって持たなくていいから。

Rei

Rei

ちょっと話それるけど、イチローのインタビューを見て、モチベーションの上がり下がりってどうやって維持しているんですか?という質問に対して、イチローがこう答えたんですよ。「上がり下がりじゃなくて、一定以上下げないようにすることが一番楽だ」と。

よしこママ

よしこママ

うちの相方のNaokiくんとまったく同じ考え方ですね。

Rei

Rei

モチベーションの上がり下がりは当然人にはあるんだけど、それを認識していると、一定以上下げないように努力していれば、常に自分のモチベーションは保てると言っていて、なるほどな、と。

よしこママ

よしこママ

あたしもメンタルトレーニング受けていたんですけど、イチローレベルの一流選手になった時に、試合に対する勝利意欲が著しく低下するの。勝利意欲がめちゃめちゃ高い人は二流、三流なんです。

Rei

Rei

え、そうなんだ。

よしこママ

よしこママ

なぜなら一流の選手は自分が勝つと自認しているからです。勝ちたいと思わなくなる。勝つのが当たり前だから。その代わり、勝つために「今日のストレッチを丁寧にやろう」「今日の筋トレを一生懸命やろう」「今日のフォームの練習をちゃんとやろう」となるんだよね。

Rei

Rei

勝ちたいと思うこと自体が雑念の一種である、みたいな感じなんですね。
実際レースを続けてみて、チャンピオンになるタイミングはありましたか?

よしこママ

よしこママ

ありましたよ。一応、成績として誇っているのは16歳の時。全日本選手権とは別なんですけど、全日本選手権のトップランカーが全員出ていたカテゴリで日本チャンピオンです。東日本代表として、東西統一戦を経て日本チャンピオンになっています。賞金は当時全日本選手権って優勝してチャンピオンになっても賞金出ないの。いまだに出ていないと思う。年間チャンピオンでも出てないんじゃないかな。そんな時代に、あたしが出ていたカテゴリは200万円の賞金が出たの。

Rei

Rei

めっちゃ高い!

よしこママ

よしこママ

そりゃ猛者が集まるに決まってるじゃん。全日本選手権じゃないのに、トップランカーが全員集まったのよ。そこでチャンピオンになりました。

Rei

Rei

16歳って高校1年生ですか?

よしこママ

よしこママ

高校1年生で確定申告しました。

Rei

Rei

めちゃめちゃすごいじゃないですか。その時どんな気持ちなんですか?小学3年生から始めてなかなか芽が出ず、中学生からだんだんと芽が出てきて、中学3年生でフィーバーして、そこから絶頂期を迎えて、高校1年生で統一大会でチャンピオンになるわけですよね。積み上げてきた年数が違うじゃないですか。

よしこママ

よしこママ

それってよしこだけじゃなくて、その場で戦っている人たちみんなレベルが高い。みんなあたしと同じもしくはあたし以上のキャリアを積み上げてきているから、別に自分だけがすごいとも思わない。常にみんなは敵だったわ。子ども同士だから仲も良いんだけど。全力を尽くすのみという感じですよ。今のよしこが1日1日頑張っているのと、当時の窪田くんが頑張っているのはあまり変わらないと思う。

Rei

Rei

その頃から達観してたんだな。

よしこママ

よしこママ

その時は達観してた。そのあとあたし鬱になるんだけど。当時は達観してたよ。

Rei

Rei

実際トヨタと関わるようになったのも、オーディション受けるようになったのもそこからの流れですね。

よしこママ

よしこママ

16歳の夏の時点でランキングトップだったの。その年、開幕4連勝よ。やばくない?今考えるとやばいんだけど、開幕4連勝して、イケイケドンドンだったの。その年は輝いていたと思うわ。トヨタ自動車が主催するオーディションが毎年夏にあるのね。オーディションに参加するために、通常20万円払うの。だけどお呼ばれしたの、招待枠で。それが関わるきっかけよね。

Rei

Rei

実際、オーディション受けて合格して?

よしこママ

よしこママ

いえいえ、落ちました。日本チャンピオンの年はなんと落ちたんです。最初の1年は落ちたんですよ。

Rei

Rei

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの人が。

よしこママ

よしこママ

落とされました、飛ぶ鳥として。笑

Rei

Rei

なんで落ちたんですか?

よしこママ

よしこママ

モータースポーツってニッチなので、皆さん「え?」って思うかもしれないんですけど、カートはマリオカートなんですよ。あれの現実版でスピードが時速120kmくらい出るやつです。コントロールするのが難しいんです。

Rei

Rei

すごいな。。。

よしこママ

よしこママ

皆さん、F1の形って思い浮かびますか。大きいやつ。トヨタのオーディションはあの大きい車でオーディションするんですよ。乗り物がある意味違うの。プロの世界とのはざまね。世界のトップは大きい車のほうよ。アマチュアからプロへの入り口なの。冒頭述べたようにあたしは、天才じゃない。芽が出るまで6年かかっちゃってるから。乗り物が変わった時の適応速度がめちゃめちゃ遅いわけ。あたしが適応するのに早いのはオカマだけよ。

Rei

Rei

確かに。ものの2ヶ月でオカマに。笑

よしこママ

よしこママ

結果乗りこなせなくて、めっちゃ遅かったです。

Rei

Rei

合格したのは2年目のことなんですね。

よしこママ

よしこママ

そうです。

Rei

Rei

そこからトヨタに入るもクビになるという記事を見ましたけど、どんな経緯で?

よしこママ

よしこママ

クビになりました。野球選手やサッカー選手って毎年契約更新しているでしょ。まさにあれです。プロアスリートと言っていいのかな。あたしの中ではプロとアマチュアの間だと自分のことを自覚していたけど、契約書を毎年更新するかしないかという話だったので、1年目やってみて成績不振です、と。ただ、もう1年見てあげましょう、と。2年目更新して、ただ契約内容はがくんと下がりました。2年目やってみて成績ダメでした、もうクビですねって言われたの。

Rei

Rei

合ってなかったのかな?合っていなかったというよりは年数が足らなかったのかな。

よしこママ

よしこママ

そうだね。練習ができたらあたしは世界チャンピオンになれると思う。ただ、それはプロじゃない。練習したら誰だって速くなれる。そんなの言い訳でしかなくて、当時のあたしはプロの世界で活躍する技術が身に付いていなかったから、シンプルにクビなのよ。クビに値する人間だったのあの時は。今でもそう思ってる。当時は納得いかなかったけどね、練習してないんだから当たり前だろ、もっとやらせろよって思ってたけど、そんなの言い訳だから。

Rei

Rei

僕でも思いそうだ。そんなすぐに適応できないよって思いそう。

よしこママ

よしこママ

でも、レースの世界ってお金持ちが、内緒で海外で練習してきて、それで速く走って「センスあるな」と思わせていくのがレースの世界ですよ。

よしこは神社も作るのよ

Rei

Rei

ちょっと掘り過ぎたな。オカマ事業に戻りますか。笑
オカマ事業では実際どういうことを主としてやっているんですか?

よしこママ

よしこママ

オカマ事業は……事業と言うとお金儲けしているように聞こえるんだけど、オカマ事業ではお金儲けはほんの少ししかできていないです。やろうとしていることをお伝えすると、オカマグッズです。

Rei

Rei

オカマグッズ?

よしこママ

よしこママ

よしこのオカマグッズ。例えばお守り作ります。よしこのお守りって守ってくれそうじゃない?

Rei

Rei

今だから思う。守ってくれそう。笑

よしこママ

よしこママ

めっちゃ守ってくれそうよね。あとはよしこ、夜に体洗った後に、あら塩で体全身を洗うんですよ。それがルーティンワークなのね。

Rei

Rei

その目的は?F

よしこママ

よしこママ

目的は浄化よ。アホみたいって思われるかもしれないけど。スピリチュアル的な要素があるの。あたし、正直スピリチュアルは信じていないです。あたしは何も見えないから。ただ面白いなとは思うわけ。それこそClubhouseで出会った方にアドバイスされたことがあって、今あたし右肩が痛いんですけど、絶対に寝違えてないしスマホ首でもないんですよ。あたし画面見てないし、AirPods耳に付けてるだけだし。あたしClubhouseで爆上げ中じゃない?

Rei

Rei

爆上げ中だと思う。

よしこママ

よしこママ

人気急上昇中でしょ。その妬みで生霊的なものが乗っかってるらしくて。怨念は右肩に出るんですよっていう人がいるんです。それを言ってくれた人が大好きな人だから、それを信じてみようと思って。その人が解決方法としてあら塩を言ったの。そこから毎晩、あら塩を始めるようになったんだけど。ルーティンワークとしてあら塩やっているから、バスソルトを作ろうかな、と思って。よしこプロデュースのバスソルト。お守りだって毎年買い替えるでしょ。バスソルトだってハマれば1ヶ月に1回、もしくは2、3ヶ月に1回、買ってくれるじゃない。そういう消費していくプロダクトですよ。サステナブルと真逆ですよ。SDGsと真っ向を行こうかなと思って。笑

Rei

Rei

もう商品化に向けて進めてるんですか?

よしこママ

よしこママ

お守りについては裁縫会社も決まったし、お守りって開けると神社のハンコが押してあるんですけど、よしこママのハンコを作る会社も特別な会社で決めたし。めっちゃ縁起の良いハンコ屋さんでね。

Rei

Rei

僕、お守りは興味ないんだけど、バスソルトには興味ある。シンプルによしこママが作るものとしては興味がある。

よしこママ

よしこママ

そうだよね。あたしがどう商売につなげていくか興味があるでしょ。

Rei

Rei

そっち。だって中身は窪田さんなわけだもん。

よしこママ

よしこママ

あたしの中身は窪田善文ですよ。ちなみにあたしね、夢で神社を作りたいっていうのがあったの。実は今年、神社を作るの。

Rei

Rei

え?どういうこと?

よしこママ

よしこママ

この話題今日1時間で足りないよ。笑

Rei

Rei

全然足りないと思っている。残り20分、神社の話でもいい?

よしこママ

よしこママ

あたしがしゃべりたいことじゃなくて、Reiちゃんが聞きたいことでいいから。

Rei

Rei

私も神社について聞きたいわ。

よしこママ

よしこママ

現代版神社なんですけど。神社ってずるいなって思って、いつも。人と金が集まるじゃない、神社だっていうだけで。パワースポットになっちゃう。

Rei

Rei

なるほど。

よしこママ

よしこママ

ビジネスモデルとして考えても、神社ってすごい。誰かから聞いた話の記憶だと思うんだけど、昔々神社っていうのは地域を活性化させるための守り宿だけではなくて、商売としての軸もやっていた気がするのね。そこに人が集まるようになれば、ごはんも食べるし、宿にも泊まるし、そういう意味で地域が発展する。神社があるとお祭りがありますよね。お祭りがあると、また人が集まって屋台でお金を使って、そうして経済が回るじゃない。多分ね、頭の良い人が神社を作ったんだと思うの、あたしの見立てですけど。神様というのは全部社会がより良く回るために、頭の良い人が作ったと思うのね。どうせ作るなら、お金を回したほうがより社会が簡単に回っていくんじゃないかというのを考えて、お布施という概念を生んで、お金が回るようにしたんじゃないかな、と思うの。商売人として神社にずっと興味があったの。

そうしたらなんと。Clubhouseやっていたら、驚きですよ、「土地をもらってください」と言われたんですよ。

 

Rei

Rei

そんな話ある?笑

よしこママ

よしこママ

本当にあったの。登記簿謄本まで送られてきて。あたし静岡県三島市出身なんだけど、三島市のすぐそばの土地を持っちゃっているんだけど「あたし使わないのよね」と。「持っているだけでも管理コストがかかるから、もしよかったらもらってくださらない?」ってとあるおばちゃまに言われたんですよ。

Rei

Rei

何それ。怖すぎる。

よしこママ

よしこママ

もともとはね、あたし無駄にモノは持ちたくないタイプなの。ホームレス2年間やったこともあるくらいだから。モノって持ちたくないから断るつもりだったんだけど、冷静に考えたら、現代版神社の構想ができて、「土地あるな、いけるな」ってなったの。どんな神社か簡単に話すわね。概念は神社なんだけど、形は公園です。

Rei

Rei

ほうほう。境内とかがあるわけではなく。

よしこママ

よしこママ

境内の意味合いを持ったいい感じの木を2つくらい両サイドに置いて、その間を抜けていく、みたいな。建築物ではなくて自然に寄ったもので鳥居の意味合いを含めたものとか、社の代わりに大きい岩でいいと思っているのね。年々苔が生えていくみたいなね。滑り台もあえてモノとしては作らないけれど、小山を造成して、子どもたちが遊べるようにして。

あたし公園って大好きなの。公園も神社と同じ、人が集まってくるじゃない。神社はなぜ人が集まるかと言ったらそこにご利益があるからと信じているからでしょ。実際ご利益なんてないからね。

 

Rei

Rei

怒られるぞ(笑)

よしこママ

よしこママ

神様っているともいないとも思っているんだけど、概念として神様を皆さんの意識で作っちゃったわけですよ。みんなの共通認識として、神様がいるわけなんです。ということは、いないとも言えるよね。

Rei

Rei

その通り。

よしこママ

よしこママ

ということを考えた時に、神社によしこ神様がいるかいないかというのは、みんなが信じることによって作られるわけです。ロジカルに言ったらそうでしょ。あたしは生きているんだけど、同時進行でよしこ神様がいる神社って作れるじゃない。

Rei

Rei

概念というか象徴を作ろうとしているんですね、意図的に(笑)

よしこママ

よしこママ

ご神体を作っちゃおうとしているの。新興宗教になってくる。あたしちなみに21歳の時に、宗教だけは作らないって決めたのよ。

Rei

Rei

そうなんだ?

よしこママ

よしこママ

宗教を否定しているわけではない。宗教は大好きです。宗教があるおかげで社会が発展したと思っているんですけど、新興宗教として、このタイミングで作ってしまうと、デメリットのほうが大きい。ネットワークビジネスと同じだよね。ネットワークビジネスって商品は悪くないけど、概念を悪く見る人のほうが多いじゃない。

Rei

Rei

信者集めになりますからね。

よしこママ

よしこママ

あたしの脳みそ持っていたら、ぶっちゃけ新興宗教作るの簡単なのよ。善史教なのかよしこ教なのか、どっちか分からないけど作るのなんて簡単なの。だけど作らないって決めている。神社を作るけど、神社というエンターテインメントを作るだけで、宗教家になりたいわけじゃない。語弊があるので、これだけは言っておかないと。なんとなくイメージできたでしょ。もらった土地をうまく有効活用して、公園的なものにするんだけど、みんなはそこにご利益を求めて集まってしまう。

Rei

Rei

そこってモノを置くためだけのものではないですよね。象徴的なものとして、自然における木を配置するとか岩を置くとかの他に役割はないんですか?分かりやすく言うと、神社には御朱印を買う場所がある。お金の受け渡しが発生するポイントがある。

よしこママ

よしこママ

QRコードが載っている看板は置いておこうかな。

Rei

Rei

どういうこと?

よしこママ

よしこママ

ネットショップでその場でお守りを買えます。

Rei

Rei

なるほどね!

よしこママ

よしこママ

岩にレーザープリントしようかな。

Rei

Rei

よしこママ

よしこママ

看板だとカッコ悪いじゃない。岩とか木とか言ってるのに、そこに看板でQRコードはダサイから、岩をまっ平らに削って色付けてQRコードで読み込むことができるの。ただし雨の日は真っ黒になってQRコードが読み込めません。

Rei

Rei

晴れの日じゃないとよしこママは拝めない(笑)

よしこママ

よしこママ

そういうこと。それか雨の日になると陰影が浮かび上がるバージョンを作ってもいいかもしれない。やっぱり天才だな、よしこって。

Rei

Rei

面白い。

よしこママ

よしこママ

ちなみに今言ったやつ、こんな天才的なことをよしこ一人がやっちゃって、あたしばっかり独り占めじゃもったいないじゃん。だからプロジェクトメンバーを募ろうと思っていて。管理コストがかかるのね。造園を庭職人に定期的に手入れしてもらわなきゃいけないから。管理コストで言えば1年で120万円だとしたら、月10万円だよね。ということは、毎月5,000円だとしたら20人。20人のプロジェクトメンバーがいればいけるよね。あるいは、あたし8番って好きな数字なのね。米って数字で八十八って書くんだけど、88人のプロジェクトメンバーで、一人1,000円ずつ出すのもいいかもしれないわよね。利益は全部他の面白い活動にさらにつぎ込んでいく感じ。そこに出資した人が儲けることをしない。NPO法人を作るのか一般社団法人を作るのか分からないけど。そこが神様っぽい。

Rei

Rei

なるほどね。米の八十八って一瞬頭を使いましたけど漢字ですね。

よしこママ

よしこママ

そうです。お米の工程って手間がたくさんかかるんですよ。88手間かかるって言われているんです。だから八十八という漢字をくっつけると米という漢字になるんですよ。今日全然話してませんけど、けっこうちゃんと考えているお米屋さんでございます。

Rei

Rei

足りないな、時間。思いのほか。笑

よしこママ

よしこママ

神社は事前情報で言ってなかったもんね。

Rei

Rei

神社はどこにも載ってなかった。笑

よしこママ

よしこママ

ごめんなさいね、今のあたしの頭の中にしかなかったから。

Rei

Rei

よしこママ、この企画3回くらいやりたいなー!

よしこママ

よしこママ

好きなだけ使ってください。よしこはみんなのおもちゃですから。

Rei

Rei

レーサーに関するお話とオカマグッズの話。神社を作るのは地域活性化事業の一つなんですか?

よしこママ

よしこママ

後付けなんだけど、地域活性化の事業に組み込むことにしました。偶然なんです。もともと地域活性化を始める前から、「神社をやりたい」とは思っていたの。神社ほど儲かるものはないだろう、と。ただ今の構想で言うと、儲かるための神社ではなくて、面白くするための神社ですけどね。

Rei

Rei

ここが活性化して、現代版神社という面白いところがあるぞといって、いっぱい人が来てくれるようになって、その回りでお金が落ちるようになって、地域活性化が進むよね、という話ですか?

よしこママ

よしこママ

すごい分かりやすい話で言うと、神社で祭りがある時に一般の民家が駐車場ビジネスを始めるでしょ。あれと似たような感覚だよね。

Rei

Rei

なるほど。神社をやろうという構想が出てきて、その話がClubhouseでぽっと湧いて出た話なんでしょうけど、それが面白い、だったらこういうことをやっていこうというのが、NaNika株式会社のやっている地域活性化に当てはまるとなった、と。

よしこママ

よしこママ

何でもかんでもやっていると何の会社かわからなくなるから。せっかくだったらすべての構造に相乗効果であることをやりたいな、と思っているの。オカマも地域活性化も両方リンクするし、全部相乗効果があるのよ。

よしこは世界中に自分の何かを大切にする人を増やしたいのよ

Rei

Rei

そうですね。そこにお米事業のおむすびを持っていってもいいわけですもんね。
NaNika株式会社をよしこママがどういう理念で作ったのかはある程度見させてもらっているんですけど、NaNika株式会社をよしこママがやっているのはClubhouseのプロフィールには書いてないですよね。

よしこママ

よしこママ

Clubhouseのプロフィールには書いてないわね。

Rei

Rei

Twitterに飛ぶと「お米屋ナニカ」のオンラインショップがあるけど、NaNika株式会社をやっている情報がないので、そこをちょっと紹介してもらいたいんです。2015年に作ったのは僕も見ました。何を目的としてNaNika株式会社をやっているのかというのを紹介してもらって。多分、そこがよしこママがClubhouseでやっているプロジェクトにリンクすると思うので、次回のよしこママのインタビューにつなげるためのNaNika株式会社の紹介して終わりたいと思います。

よしこママ

よしこママ

次回が決まったね。

Rei

Rei

ちなみに次回は事業やパーソナルな部分を話そうと思っていますけど、第3回でClubhouseに対するよしこママの想いを聞こうと思っているので。

よしこママ

よしこママ

分かりました。NaNika株式会社は「あなたのNaNika(何か)をカタチにします」。この言葉にすべてが詰まっていまして。あなたはお客様でもなんでもなくて、あたしたち自身です。今はあたしとNaokiの2人しかないけど、本来は何百人、何千人、何万人の会社にするつもりでした。働いているあたしたちが、あたしたちの何かをカタチにする。何かは夢でも目標でもなんでもなくて、今大切にしたいこと。今大切にしたいことをカタチにできる、大切にできる人たちを増やそうという考えなのよ。

Rei

Rei

よしこママの会社の理念だと、『今やりたいこと、今大切にしたいこと』と書いてありますね。

よしこママ

よしこママ

世界中に自分の何かを大切にする人を増やしたい。これがあたしの会社でやりたいことなのよ。まさにClubhouseでもY.K.MOM PROJECTで「心のパンツ脱ぎなさい」って言ってるの。あたしは、生きやすくするための、もっと幸せを感じやすくなるための考え方を世の中に伝播させたい。当時のあたしは経営者という手法を選んでみた。今気づいたんだけど、あたし芸能人のほうがよかったわ。だから芸能人になることを一昨日決めたんだけど。どちらかと言うと会社経営下手だったわ、とようやく気付いて。会社経営もやりながら芸能人もやっていくんだけど、幸せを感じやすくする秘訣をいろんな手法を通して、伝えていくということがしたくて7年前に会社を作りました。

Rei

Rei

なるほどね。。。

よしこママ

よしこママ

幸せを感じられる人々を増やすために会社をやっている。
例えば、カフェやろうかな、と昔思っていたの。なぜならカフェのスタッフってバイトじゃん。大学生が社会に出る前にバイトで来て、よしこのアホみたいな考えをインストールするわけよ。「こういう考えもあるんだ」と思ってバイトを辞めるじゃない。辞めて巣立っていく。社会に出るためのフィルターとしてはカフェっていいなって思っていたの。あたし3年前に、スターバックスより店舗数の多いおむすびカフェを作ることを考えていたの。1店舗やって潰しましたけど。失敗だらけよ、あたし。

Rei

Rei

おむすび屋さんって三茶のほうのですよね。これもうないんですか?

よしこママ

よしこママ

ないわね。形はなくなったけど、出張おむすび職人をやっているので、6月も福岡に行くし、呼ばれれば世界どこでも行きますよ。世界でも宇宙でもどこでも行きますよ。

Rei

Rei

ありがとうございます。『今やりたいこと、今大切にしたいこと』を持っている人がたくさんいる世界を作るというところを見て、くさいですけど、こういうのがあると面白いなと思いました。自分のやりたいことを持っている人が増えるほうが、世界は絶対楽しい。お悩み相談室に投稿されるトップ3くらいで「やりたいことがないんです」ってあるじゃないですか。ここを持っている人が増えるともっと面白いだろうな、と思うし、そのためにClubhouseって面白いツールだし、もっと活用すればいいのに、と思っているんですよ。

よしこママ

よしこママ

昨日、あたしね、”職業お母ちゃん”とコラボしたんですよ。子どもを育てることって、商売よりも100%大変だと思っている。あたしたちなんて金儲けしていればいいんだけなんだから。でも、子育てって命を24時間見守らないといけないわけ。だから、何もないなんて人はいなくて、すべての人に何かあるの。それは仕事じゃなくていいし、子育てじゃなくてもいいし、読書だっていいし、何だっていいんですよ。生きている以上、さすがに何かある。寝たい、食べたいだったらそれがやりたいこと。何でもいいんだけど、何かを持っているというのはReiちゃんの言う通りだと思う。

Rei

Rei

そこに向けて……でもこれは第3回で聞きたいんだよね。Clubhouseでやろうとしていることも含めてね。今日はこの辺りにしておこうかな、と思っています。あと2回控えているので、よろしくお願いします。

スピーカー

Rei Minami(@savoy37
よしこママ Kubota Yoshifumi(@kubota_nanika

logger

フリーランスのライター時々エディター。

Twitter:https://twitter.com/Konomu__M

 

Clubhouseのルーム検索カテゴリの最新記事