7月21日(水)22時:教えて!アクセル先生#8 ネット広告の基礎知識と公開コンサル

7月21日(水)22時:教えて!アクセル先生#8 ネット広告の基礎知識と公開コンサル
配信日時 7月21日(水)22:00
タイトル 教えて!アクセル先生#8 記事化決定
スピーカー アクセル金本ななみ
説明文 ネット広告について。基礎知識と公開コンサルやります。
ルームURL Clubhouseの部屋へ
ロガー Ayumi

 

※本記事に関する内容は、全てのスピーカーの記録および記事化の承諾の下掲載しております。なお、当メディアにおける記録および記事化のガイドラインはこちらをご参照ください。→詳しくはこちら

 

 

アクセル

アクセル
今日は、アド広告についてです。
広告についての基礎知識は、どれくらいありますか?

金本
人生で一度も広告を出したことがないし、勉強をしたこともないです。
営業に来られた方に費用対効果などを聞いても、「とりあえず周知できるんですよ」という返答だったりするんですよね。

アクセル
うまくいかなくても、労働に対して給料をもらっているので、そういう仕事になってしまっているんでしょうね。
基礎知識がないと、うまくやられてしまうので、「この人ちょっと知ってるぞ?」と思われるような知識はつけておいてもらいたいです。
今日は、まずそこからお話しします。

アド広告とは?

アクセル

アクセル
聞やチラシは、広告を出すだけでお金がかかるんですが、アド広告は、クリックされるまではお金がかからないんです。
広告を出すだけだったら、お金はかからないんです。
メジャーな広告
・Googleアドワーズ広告
・Facebook広告
・インスタ広告
・Twitter広告
など

アクセル
相性があるので、どこに広告を出したら良いのかは考えなければいけないですね。

広告は大きく分けて2種類

アクセル

キーワード連動型広告
・Googleで検索した時に、1位より上に表示されているもの。
・Googleで検索する人は、目的意識を持っているので、成約には繋がりやすい。
・その分、費用はかかる。
ディスプレイ広告
・Facebook広告、インスタ広告、Twitter広告に画像が表示されるもの。
・検索されなくても表示される。
・受動的に広告を見ている。
・クリック単価は低いから費用も低いけど、成約にも繋がりにくい。

金本
広く浅くでいいならディスプレイ広告の方がいいし、ピンポイントで狙いたいならキーワード広告の方が成果が出やすいということですね。

アクセル

アクセル
目的によって、何を選択するかを検討します。
予算によっては、まずはディスプレイ広告から初めてみるということも1つの選択肢ですね。

条件を絞ることができる

属性:性別、年齢(1歳刻み)、地域、趣味、興味など

アクセル

アクセル
広告は、属性を絞ることが大事です。
男性にしか広告を出さないということができます。
最近はAIでお任せということもできます。
例えば、手帳を売りたい時に、性別は自分で絞れるけれど、何歳くらいの人が買いたがるんだろうということがわからないという時は、とりあえず広告を出してみて、反応がよかった年齢に絞ってみるなど、やりながら調整しないとわからないこともありますよね。

金本
なるほど!データを取れるということですね!
クリック単価が低いから、試してみるということも容易にできるんですね。

アクセル
女性向けに作っていたけれど、意外と男性が欲しがっていたとか、製作者とユーザーのズレもデータでわかってきます。
インスタにもインプレッションはあるけれど、投稿を見た人やフォローしてくれている人の情報しかないわけですよね。
でも、広告だと、自分と接点がない人にも見てもらえたり、もしかしたらクリックして購入に至ることもあるかもしれないので、リーチを増やすということを考えると、とても良いと思います。

クリック単価

アクセル

アクセル
クリック単価は、ライバルが10円で出している時に、自分が9円で出すと、二番手になってしまったりするんですよ。
ライバルが10円なら、自分は11円で広告を出すと、同じ条件にしている人の中で一番表示されやすくなります。

1日の予算

アクセル

アクセル
1日5,000円までなど、1日の予算を決めることができます。

表示回数

アクセル

アクセル
同じ人に何回表示させるかということも決められます。
前回買った人にだけ広告を出すということもできるので、今年手帳を買った人に、来年の手帳買い替えの時期に、「そろそろ手帳を買い替えませんか?」ということもできます。
参考:https://video-b.com/blog/webmarketing/frequency/

時間や曜日

アクセル

アクセル
例えば婚活だと、土日に探す人が多いので、土日だけ予算を多く組んで、平日は抑え気味にするということもできます。

リターゲティング広告

アクセル

アクセル
車を買い換えようと思って検索していると、車の広告ばっかり出てくるようになりませんか?
リターゲティング広告と言って、同じ人に何回も見せることで、いつか買いたくなっちゃうんですよ。

広告の失敗談

アクセル

アクセル
新しいことを始めた時は、広告を使った方が成果が早く得られるんじゃないかなと思います。
ブランディングができていてファンがたくさんいる人は、広告を活用しなくてもいいと思います。

金本
もし私がディスプレイ広告をするとしたら、インスタのインサイトから条件を考えると良いですね。

アクセル
広告は、お金がかかるものなので、黒字化しないといけないんです。
女性9割、男性1割だとしたら、女性だけでいいですね。
ピンポイントで広告を出した方が、たくさんお客さんが来てくれたけれど、費用が利益以上にかかってしまいましたということが起こりにくいです。
僕の失敗談なんですけど、ちゃんと吟味して設定しなかったがために、Yahoo!ニュースに広告が出ちゃって、多くの人にクリックされてしまって、広告費が2時間で10万円に達してしまったのに、お客さんは1人も制約しなかったということがありました。
どこに出すということも大事だけど、どこに出さないということも大事です。

ブログの活用

金本
インスタをやっているので、ディスプレイ広告は手軽でいいなと思いました。

アクセル

アクセル
そうですね、インスタが得意な人は、インスタ広告がいいですよね。

金本
過去のブログを読んでくれた人が、セミナーに参加してくれることも結構あるんですよね。

アクセル
ブログが資産になっていますね。すごい。
Googleに、このブログのURLで広告を出してほしいとお願いすると、広告を作ってくれるんですよ。
トップページだけじゃなく個別記事も含めて、反応が良さそうな記事の広告をオートで作ってくれるんです。
ブログ記事がたくさんあるような人は、AIで広告ができちゃいます。
僕も「寺子屋SEOブログ」でそういう広告(動的広告)を出しています。
AIが優秀なので、設定さえ間違えなければ、難しくないです。

金本
私のブログは、800記事以上ありますね。

アクセル
その中に、上位表示されているキーワードがあるんですね。

金本
商標を持っているので、検索でヒットしていると思います。
業界内のメーカーで講師をしているので、名前を検索してインスタに来る人も多いと思います。

アクセル
SNSの時代と言われているけれど、ブログを読む人は読んでますよね。
ブログでもnoteもいいので、1つ作っておくといいですね。
最近はnoteがSEO的に強いですし。

アクセル
広告で一番大変だなと思うことは、LPを作らなきゃいけないことです。
LPはプロの人に作ってもらった方が、成約に繋がりやすくなります。

広告費はどのように決めたら良い?

金本
これまで興味がなかったから目に入らなかった情報も、今日を期に、見るようになりそうです。

アクセル

アクセル
うまくいっているライバルを見ると、とても参考になります。
うまくいっている広告は、ずっと広告が出ています。
赤字になったら辞めちゃうじゃないですか。
2年も3年も同じ広告を出しているということは、うまくいっています。

金本
そういう目線で見たことがなかったです。
変化を出したい時に、広告も視野に入れて検討したいなと思いました。

アクセル
単価もライバルの金額によって、考えたほうがいいですね。

金本
ライバルがどれくらいの金額に設定しているのかは、調べられるんですか?

アクセル
管理画面でデータを見れます。
ただ、薄利多売には向いていないです。
単価が高い商品は、広告費をかけても利益が出ますから。

金本
利益が出るということは、かけられる広告費も増やせるので、ライバルとの金額の競争に勝てる可能性が高くなるということですね。
広告費は、利益の何%とか基準はあるんですか?

アクセル
リピートが望めるのかどうかにもよりますね。
例えば、サプリメントなど、3回くらいは継続して買ってもらえるようなものは、1回目と2回目の売り上げを広告費に当てたとしても、3回目で利益を出せるので、広告費を高く設定することができます。
逆に、1回買って終わりのようなものは、広告費を抑えないと利益が残らなくなってしまいます。
広告費は利益が取れるということを前提にして逆算して考えるので、何%が良いということはないと思いますね。

金本
やり始めたらハマりそうですね(笑)
自分の戦略がピタッと決まって成約が増えると、面白そうですね。
どれくらいギャンブルするかみたいなところもありますね。

アクセル
最近のGoogleのAIが優秀なので、ギャンブル的要素は少ないんですよ。
広告の条件をきつめにすると、GoogleのAIはより一層頑張るわけですよ。
なぜかというと、広告費をいっぱい取りたいから。
「このキーワードはどうですか?」とたくさん提案してきます。
予算を低めに設定して、GoogleのAIに頑張らせるというのが、勝ちパターンだと思っています。

金本
飴と鞭ですね(笑)

アクセル
自分でやらずに委託するにしても、ある程度知識があった方が交渉できます。
コンサル料金は、広告費の20%という相場があります。
それ以上を提案された時は、高すぎると思っていいと思います。

新しい層にリーチする

アクセル

アクセル
僕は、SEOやアフィリエイトに興味がある人に広告を出して、メルマガに来てもらって、メルマガからセミナーに参加してもらうというという流れを作っています。
SNSは、何かの形で僕のことを知っている人しか来ないんですよ。
広告を出すと、僕のことを知らない人も来てくれるんです。

金本
自分がこれまでリーチしていない層に対してリーチするのには時間がかかるのを、広告を使って新しい層が入ってくるということができるわけですね。

アクセル
商品はいいのにブランディングが下手という人もいるので、広告で調査をしながらデータでわかってくるので、感覚ではなくデータでブランディングしていくことができます。

金本
初期知識がないと、検索する言葉がわからないということもあるじゃないですか。
今日の話から、ググってみたり、本を読んでみたりしたいと思います。

スピーカー

アクセル(@axcel0901
金本(@kanemotonanami

logger

パラレルワーカーな看護師。
重症児デイサービスや訪問看護ステーションで働きながら、パーソナルアシスタンス(PA)制度の介助者や、個人事業で遺伝子カウンセリングなどもしています。2021年6月現在、NPO法人あえりあ設立申請中。

Twitter:@ayumi51sakura
ブログ:現役看護師あゆみのブログ

学習カテゴリの最新記事