4月15日(木)22時:教えて!アクセル先生4/SEOコンサルの二人が対談決定!!

配信日時 4月15日(木)22時
タイトル 教えて!アクセル先生4:SEOコンサルの二人が対談決定!!
スピーカー アクセルカズリリィyukaとしふみrei
説明文 ・企業のSEOコンサルの仕事について
・SEOコンサルとしての差別化戦略
・最新のSEOについて
ルームURL Clubhouseの部屋へ
ロガー Ayumi
※本記事に関する内容は、全てのスピーカーに記録および記事化の承諾の下掲載しております。なお、当メディアにおける記録および記事化のガイドラインはこちらをご参照ください。→詳しくはこちら

番組のログはこちらから

アクセル

今日は、カズリリィさんから僕(アクセル)に質問するお時間です!

どうやってコンサルのお仕事をもらっているの?

カズリリィ

カズリリィ

聞きたいことはいっぱいあるんですけど(笑)
SEO勉強会を始めました。お客さんはまだ少ないけれど、参加してくれるようになって、ゆくゆくは企業さんのSEOコンサルティングもしたいと思っているんです。
アクセル先生は、これまでに企業さんのコンサルティングのお仕事をされていると聞いたので、どんな感じで企業さんのコンサルのお仕事をもらっているのかを聞きたいです。

アクセル

アクセル

今はSEO以外のSNSや広告もあるけど、昔はSEOしかなかった。今よりも難しくなかったので、パイもいっぱいあったんです。
SNSや広告だと、結果が出るのが早いんだよね。
マーケティングというのは、今、広告の方にかなり舵を切っていて、SEOみたいにGoogleの機嫌を伺いながらやるものに注力する人が減ってしまったというのはあると思います。現状として。
かといって、SEOが厳しい時代になったというのは語弊があると思っていて、個人が狙えるキーワードが減ってしまったという言い方の方がいいのかなと思ってます。

yuka
個人が狙えるワードが減ったというのは、どういうことですか?

アクセル

アクセル

co.jpやac.jpなどのドメインを所有しているサイトしか上位表示されないワードがあるんですよ、今。
法人や大学や国じゃなきゃ取得できないドメインで、個人では取得できないドメインなんですよ。
例えば新型コロナ関連、病気、癌などの情報とかは、ドメインで情報の信用度を判断しているところもあって、個人では上位表示は難しいんですね。
Googleも個人のサイトの内容が正しいかどうかまでは確かめていないので、仮に上位表示されたとして間違った情報が拡散された場合、Googleに検索したユーザーから文句が来るわけですよ。それを回避するためにドメインでの判断をしているのかなと思っています。

カズリリィ

カズリリィ

このジャンルを個人で上位表示を狙うのは難しいなというのがあるんですね。

アクセル

アクセル

ジャンルではなく、ワードによってですね。
このワードで狙いたいなというものをGoogle検索してみて、上位10個中10個が個人ドメインじゃなかったら、個人で上位表示されるのは絶対無理だと判断します。
弊害として、癌の体験談をブログに書いている記事が上位表示されなくなっちゃったんですよね。

Toshifumi
でもそういうのは、個人の声も聞きたいですよね。

アクセル
そうなんだよね。でも情報として合ってるか間違っているかがわからないから。
上位表示は絶対無理だというもののコンサルの話が来たら、すぐにお断りする。
健康食品も、SEO的には良くても薬事法的にダメな場合もあるので、問題が起きそうな案件は引き受けない方がいいと思ってます。

カズリリィ

カズリリィ

どのような流れで案件が来るんですか?

アクセル

アクセル

一番多いのは紹介ですね。成約につながるのは。15年SEOやってるので、知り合いが多いというはあるから、その点は一般化できないかなとは思います。
あとは、メルマガもやっているので、そこから依頼が来ることもあります。
ブランディングとしては、SEOは数字が全てなので、「このサイトを手掛けたのは僕です」と提示すると、「うちもお願いします」となりますよね。

カズリリィ

カズリリィ

見せた方がいいんですか?

アクセル

アクセル

守秘義務で見せれない場合は見せてはいけないけど、見せれるのであれば見せた方がいい。
自分が作ったサイトで、難しいとされているワードで上位表示されていれば、信用になります。
リスティングやSNSはお金を使えば結果が出るけど、SEOに関しては、このキーワードでこの順位というのはごまかせないので、可能なら見せた方がいいですね。
あと、PV数を気にする人も多いんだけど、SEO的には関係ないんですよね。でも、PV数の多いサイトを持っていることも、ブランディングになりますね。
アクセス解析を見せちゃうとか。

Toshifumi
なんでそんなにPVが注目されるんですかね?

アクセル
わかりやすいからじゃないですかね?
SEOをわかっている人は、「この記事でこの順位すげぇ!」ってなるんですけど、ならない場合も多いんですよ。

Toshifumi
凄さがわからないんですね。

アクセル
そうそう。
ブロガーさんはPVを気にしているんですけど、アフィリエイトでは、PVを知らない人もいるくらい、PVは気にしていいない。
気にしているのは、あくまでも、狙ったキーワードの順位なんですよ。
このキーワードでこの順位だったらこれくらいの報酬になるという皮算用が大体できるのでね。
なのでアクセス解析は使っていないですね、自分のサイトに。

Toshifumi
アクセス解析も入れてないんですか?

カズリリィ

カズリリィ

どうやって解析するんですか?

アクセル

アクセル

サーチコンソールで十分ですよ。

yuka
サーチコンソールで何がわかるのかを教えてください。

アクセル
サーチコンソールは、サイトの状況がわかるGoogleが提供している診断ツールのようなもの。アクセスがあったワードやインプレッションがあるワードなどがわかります。
アクセス解析にはない機能が一個あって、「検索クエリ」というものです。狙ったキーワードを「GRC」というツールに登録するんですけど、登録したものしかわからないんですが、サーチコンソールの場合は全て教えてくれるんで、「自分が予想していなかったワードでこのページが上がっていたんだ」ということがあるんですよ。

Toshifumi
エクセルファイルに落とせるから、管理できますよね。

アクセル
そうなんですよ。
クリックされていないからアクセスにはなっていないんだけれど、そのワードでも上がってきているぞというのがわかるんですよ。
「りんご」でキーワード狙おうとすると、「りんご」では難しいから「青りんご」で上位表示を狙った方がいいということがわかったりとか、「青りんご」のことを書いているのに「青森 りんご」で上位表示されちゃったとか、いろんな現象が起きるんです。
キーワードをGoogleがどう見ているのかが勉強になるんですよね。
「このワードとこのワードは、同じ属性だと判断されるんだ」ということに気付けるんですよ。
そうなると、キーワード選定力とか、どんな文章を書けばいいのかということが、磨かれてくるんですよね。

Rei
Googleの検索の中で、どういうワードで、どれくらい検索されていて、どういうワードに引っかかって、自分のサイトがみられているのか、ということがわかるってことですよね?

アクセル
それプラス、サーチコンソールでは、今後見られる可能性があるワードというのもわかるんですよ。
アクセス解析は、アクセスが来て初めて記録されるのであって、それ以前のことはわからないんですよ。
サーチコンソールの場合は、クリックはされないけれど、検索キーワードに表示されたキーワードもわかっちゃうので、より多くのデータが集まるんですよね。

Rei
例えると、街中のお店で、お客さんがお店に入ってきた回数だけじゃなくて、外から見られた回数もわかるみたいな感覚ですね。

アクセル
そうそう。わかりやすい。

アクセス解析は必要?不要?

カズリリィ

カズリリィ

アクセルさんは、サーチコンソールを主に使っているんですね。

アクセル

アクセル

そう、GRCで狙っているワードだけ登録して、細かい修正やどうやってもっと記事を増やそうかなというのは、サーチコンソールを見て考えます。
「こんなインプレッションがあったけど、記事の中にはなかった!」と慌てて書き足すということもあります。

カズリリィ

カズリリィ

僕はアクセス解析も見るんですよね。

アクセル

アクセル

失礼な質問になっちゃうかもしれないけど、アクセス解析を見て、どうしたいのか、どう改善策を打つのかを聞きたいです。
アフィリエイトのサイトに関しては、PVが増えた減った、このページに流入多いなくらいがわかったところで、その後の対策につながらないから、眺めていても無駄だなと思ってやめました。

ryosuke
アクセス解析を見ないというお話があったので、僕はちょっとそれは違うなと思って。
どのページから、どれだけ、どのランディングページに飛んだかというところまでわかるんですよ。
例えば「ジップロック」を紹介するページがあって、そのページは「ジップロック」のランディングページにしか行かないと思うんですけど、「台所用品 おすすめ」というキーワードを狙った場合、「ジップロック」以外にも、「洗剤」とか「コップ」とかどこに飛んだかということが分かりますし、そのページからどのアフィリエイトリンクを踏んで、どのランディングページに遷移したかというところまでわかるので、おすすめ系のジャンルでのページを作っているのであれば、ランキングの変更の指標にもなります。
収益の最大化というところが、僕がアクセス解析を使っているポイントです。

Rei
ランディングページというのは、検索結果から飛んだ先のページのことですよね。
そのランディングページの中から、どこに行ったというのは、お店に入ってきた人もわかるけど、お店を眺めていった人の数もわかるよねという先程の例を派生させると、お店の中に入っていった人が、どこのお店に移って行ったかもわかるよねというのが、今のryousukeさんの話ですね。

ryosuke
めっちゃいい例えをありがとうございます!

Rei
そこまでわかるから、アクセス解析を使うと有意義だよねってことですね。

ryosuke
そうですそうです。

アクセル
僕、割とわかりやすいジャンルをやるんですよ。
「脱毛だったら○○だよね」みたいな。
長くやってるので、どんな商品がどんな感じで売れるっていうのが大体わかっちゃってるというのもあるけど。

yuka
始めたばかりの人は、アクセス解析も使った方が、感覚をつかみやすいんですかね?

アクセル
狙いたいワードでGoogle検索をして、リサーチしてからやるんですよ。
5位までランキングしていたとしたら、100人来たら70人が1位の商品を買うようなサイト設計をしないと失敗だと思っていて、ランキングっていうのは、2位〜5位はあってないようなもんなんですよ。
2〜5位が気になっていた人も1位の商品を書いたくなるように、写真を大きくしたり「1位だぞー!」ってわかりやすくするんです。
Ryosukeくんが言っていることは、論理的でわかるんだけど、僕のSEOアフィリエイトには必要ない考えかな。
全く新しいジャンルだとしても、リサーチしていくと1位はこれしかないしょという物がわかるし、そうなったらその1位をどれだけ売るかという方に考え方をシフトするんで、2位以下はどうでもいいんですよ。
やり方によるんだよね。

ryosuke
剣道の流派の違いみたいなものですよね。

アクセル
SEOアフィリエイト長く教えているんだけど、1位の案件(広告)をどれだけ取らせるかがサイト全体でどうなるの?ということを考えなさいって教えてます。

Toshifumi
個人と企業の違いもありますもんね。
個人はアフィリエイトがメインで収益になるので、そこに注力したやり方がアクセル先生の方法で、ryosukeさんは企業でメディア運営されているんで、アフィリエイトだけじゃなくアドネットワークとか純広告とかもあって、いろいろ数値を見なければいけないということもあって、アクセス解析も見ているのかなと思いました。

ryosuke
あー、そうですね。

アクセル
そうか、そうか。
僕は、まず、純広告は断るんですよ。自分の自由がなくなるから。
自分がやりたいようにやりたいというのが強くて。
そして、特定の商品で月100件成約するとか条件を良くすると、単価が2倍とかになるので、変なことをするよりも成功法で攻めた方が、結局売り上げって上がっていくんですよね。

Toshifumi
用語の整理をしようかなと思うんですが、純広告というのは、代理店を挟まずに、広告を出したい人が広告を出してくださいとお願いしてメディアに載せるというのが純広告ですね。
サッカーのユニフォームに広告が載っているじゃないですか。あれのWEBサイト版って感じですかね。

アクセル
アフィリエイトって、基本成果報酬で、売れたらいくらなんですけど、純広告って、月いくらって金額が決まってるんですよ。
ジャンルによっては夢のような金額があるんですよね。
「ウォーターサーバー」1語で5位以内に入ると、純広告で月○○万円(自主規制)とか貰えちゃうんですよ。
それってSEOじゃないんですよね。

Rei
純広告って、いろんな広告の種類をひっくるめたワードなんですよね。純広告の中に、いくら払ってくれたら一定期間ここに載せますよというタイプだったり、3万回までは必ず表示させますよという回数のタイプだったり、100万円を予算として1回1,000円で1,000回まで表示させるようにするよというタイプだったり、いろんなやり方があるのを全部ひっくるめて純広告という呼び方をしています。

アクセル
アフィリエイトの場合は、基本的に、月いくらというタイプですね。

Rei
先程のウォーターサーバーでこれくらいの広告費をもらえるよというのは、それくらい人が見に来るサイトだから、そこに広告を出すことに価値があって、それくらいのお金を払ってでも広告を出したい人たちがわんさかいるよということですよね。

アクセル
あと、ウォーターサーバーというワードで上位5位以内に入ることが非常に難しいことなので、それくらいのお金を出す価値があるということもありますね。
ウォーターサーバーって、キーワードの広がりがないんですよ。
ひねったキーワードがない。料金や商標くらいしかない。
「ウォーターサーバー 赤ちゃん」で1位取ったことがあるんですけど、アクセスは来るけど全然売れなかった(笑)

カズリリィ

カズリリィ

収益につながるようなワードじゃないと意味がないということですね。

難しいワードで上位表示させたい

カズリリィ

カズリリィ

難しいワードを上位表示させるためにどうしたらいいんですか?

アクセル

アクセル

SEOアフィリエイトも、大きく3世代くらいあって、昔は被リンクが命だったんですよ。その次の時代は、文字が多ければ順位が上がった。今は、サイト設計を綿密にやらないと上位に上がらないなという印象があります。
サイト設計というのは、サイト構造とキーワード選定。
キーワード選定は、さっき言ったような狙っちゃいけないワードに注意することと、狙うワードによって規模が3つあると思うんですよ。
自分が上位表示させたいワードが、3段階あって、小規模・中規模・大規模って僕は呼んでいるんですけど、狙うワードによって何をするのか、サイト構成するかというのが変わってくるんです。
小規模:ペラサイト、1ページしかない
中規模:30ページくらいまで
大規模:100〜1,000ページ

ryosuke
ウオーターサーバーの時は、どれくらいだったんですか?

アクセル
ウォーターサーバーは大規模じゃないと難しい。
企業は、サイト設計の重要性をわからないんですよね。
被リンク100個できますよとか、記事を1,000記事書けますよとかはわかりやすいですけど、サイト設計とキーワード選定を相手に理解させるのが難しいので、そういう意味でもコンサルの依頼は紹介が多くなりますね。

カズリリィ

カズリリィ

ペラサイトでも稼げたりもするんですか?

アクセル

アクセル

できますよ。いっぱい作っています。
Clubhouseやりながら、1日2サイト作ってますw

ryosuke
ペラサイトを作る時は中古ドメインですか?

アクセル
そうですね、中古ドメイン一択ですね。

yuka
中古ドメインというのは?

ryosuke
中古ドメインというのは、誰かが使っていたドメインで、サイトがもう閉じちゃったりとかで所有者がいなくなった状態のドメインですね。

yuka
その方がいい理由っていうのは?

ryosuke
例えば、SONYのホームページがあったとして、仮にSONYがなくなったとします。
そのSONYのドメインを買ったとすると、そのSONYのサイトには元々コンテンツがたくさんあって、その分リンクもたくさん貼られているし、ドメインパワーが高いんですよ。
最初から強い状態で始めれるんです。

アクセル
主に被リンク資産なんですよ。SONYみたいに有名な会社だったら、たくさんのページにリンクが貼られてるじゃないですか。「SONYからこんな商品でたよー」とかいう記事がたくさんあるわけですよ。SONYがなくなった時に、その全てのリンクをわざわざ消さない人が多いんです。
そのSONYのドメインの状態で、脱毛のサイトを作ると、めちゃくちゃ検索順位が上がるんですよ。

ryosuke
だからさっきので言うと、ペラサイトでも、資産がたくさん残っている状態から始めるから、すぐに検索順位が上がるよということですね。
面白い例で言うと、サークルKサンクスが撤退してファミマに吸収された時に、サークルKサンクスのドメインの所有者がいなくなったわけですよ。
そういうドメインは、オークションで売られるんですけど、○○万円(自主規制)だったかな?

アクセル
そうそう、結局ファミマが買い取ったんですよね、確か。
企業が吸収合併しても、そのドメインは所有しておかないと、使われちゃうんですよ。
僕みたいな人が狙ってるんですよ(笑)
映画のドメインを、よく買ってます。上映が終わったら使われなくなるので。
中古ドメインならなんでもいいわけじゃなくて、買ったドメインが良いものかどうかは運の要素も強いんで、実験程度にしかやってないですね。

カズリリィ

カズリリィ

手間はかかりますか?

アクセル

アクセル

いや、全然。狙うワード次第ですけど。
中古ドメインがプレミア価格で売られているんですよ、オークションで。
普通は、ドメインって1,000円くらいなんですけど、5万円とかで売られてるんですよ。
その5万円に見合っているかどうかというのも、正直買ってみないとわからない。

カズリリィ

カズリリィ

買わないと、全くわからないですか?

アクセル

アクセル

全くではないですけど、わかんないですね。
5,000円の中古ドメインを買って、めっちゃ検索順位上がるものもあれば、2万円でも全然上がらないものもあるし、運ですね。
5,000円くらいのドメインを20個くらい買ったら1個くらいは当たりがあるかなという感じ。

企業からのお仕事をもらうには

カズリリィ

カズリリィ

話が戻りますが、紹介での依頼が一番多くで、メルマガで企業さんからも依頼があると。それもすごいな、メルマガで。

アクセル

アクセル

びっくりするような会社の社長さんが登録してくださっていたりとかするんですよ。

カズリリィ

カズリリィ

アクセル先生の知名度は、すごいですよ!ブログ界隈で。

Toshifumi
アクセル先生が登壇している企業が、凄すぎますもん。

アクセル
縁があって何社か、セミナーをやりましたねw
セミナーでブランディングもいいですよ。

カズリリィ

カズリリィ

頼まれるレベルになるのがね。

アクセル

アクセル

いや、売り込めばいいんじゃないですか。
仲良くしている企業さんの親会社でもお願いしますって言われるようになるって感じですかね。
企業さんって、ファーストペンギンになりたがらないんですよ。
だから、3つくらい事例があれば、乗ってくれるようになります。

カズリリィ

カズリリィ

事例を偽る人もいそうですよね。

アクセル

アクセル

最初は無料でコンサルをして、その代わりに感想書いてくださいという方法とか、自分のランディングページに載せるというのが、王道かもしれない。
僕がすごいって言ってるんじゃなくて、この人たちがいいよって言ってくれているよという口コミは、どんな商売でも一緒だと思います。

カズリリィ

カズリリィ

SEOコンサルをする上で、差別化戦略はありますか?

アクセル

アクセル

被リンクをやらないというふうにしていますね、自分は。
コンサルは、ホワイト色を全面に出しています。
サイト設計とキーワード選定が強いですよというとこを伝えています。

カズリリィ

カズリリィ

最初の段階で、設計図は見せるんですか?

アクセル

アクセル

リサーチ費用で10万円いただいて、そのリサーチに満足していただけなかったら、契約すらしない。
納得してくれないと、後からいくらでも要求がくるんですよ。
そんなことまで契約してないんだけどということまで要求してくるので、SEOコンサルなので、Twitter運用もしてくださいって言ってくる人も平気でいるのでね。

カズリリィ

カズリリィ

SNS運用は、別料金ですか?

アクセル

アクセル

別料金なんだけど、「SNSもSEOの一部でしょ」と言ってきたりする人もいるんですよね。
なので、契約書を細かく作っています。

カズリリィ

カズリリィ

大事ですね、それは。

アクセル

アクセル

ほんと、トラブルになることがあるから。
あと、どれくらいコンサルとして企業に入り込んでいくのかというところも、決めておかないと、ストレスになってしまったり、もうちょっと関わりたいんだけどということがあったりもします。
SEOコンサルって、一から作るんじゃなくて、既にあるサイトをもっと順位あげて下さいということになるので、記事の統合とか、キーワードの変更とか、内部リンクをどうするとか、カテゴリーを見直すとか、そういうところになっていくかな。

カズリリィ

カズリリィ

一から作ることもあるんですか?

アクセル

アクセル

僕は、一からの方がいい。無駄なく作れるから。
このサイトを直してくださいというのは、無駄だらけなので、基本的に。

カズリリィ

カズリリィ

もし、その企業がSEOでブラックやられてて、間違って請け負ってしまったということはあります?

アクセル

アクセル

被リンクを調べちゃえばわかりますよね。
たまにあるのが、前の業者が勝手にやっていたという場合もあるんですよね。
契約書に書いとけばいいんじゃないですかね、ペナルティーを受けている場合は、契約解除にするって。
ブラックなことがやっていて、それが理由でGoogleに嫌われちゃってる場合は、契約解除させてもらいますとか。
「以前、どこかの会社に頼んでましたか?」とさりげなく聞いたりします。

アクセル先生の考える最新のSEO

カズリリィ

カズリリィ

最後の質問いいですか?
今の最新のSEOをどう考えていますか?

アクセル

アクセル

サイト設計とキーワード選定だなと思っています。
ブログとかは自由にやっていいんですけど、SEOの場合は、自分がどういうサイトを作りたいかではなく、Googleが理想とするサイト設計を実現すると順位が上がるので、それをどうやってリサーチによって導けるかということが、最新のSEOだと思います。
昔は、力技だった。
今はAIも搭載されているので、このワードはペラサイトでOK、これは中規模位でいいんじゃないか、ということをわかっていることが必要だと思います。
だから、一概に何をやったらいいって言えないんですよ。

カズリリィ

カズリリィ

どんどん変わっていきますしね、今後も。

アクセル

アクセル

サイト設計が熱いと思っていて、しばらサイト設計は研究しがいがあるなと思っていますね。

カズリリィ

カズリリィ

どの記事の構成で、何記事いるか?

アクセル

アクセル

どんなカテゴリーがいるか、そのカテゴリーに何記事必要か、どことどこを内部リンクさせるか、そういうことが全部サイト設計になっていくと思うんですけど。

ryosuke
コンサルという点で、1個質問いいですか?
アクセルさんがコンサルする時は、ある程度SEOが詳しい会社さんにいくのか、SEO全くわからないけどGoogle検索で上位表示したいんですという会社さんにいくのか、どっちがいいですか?

アクセル
コンサルでしょ?後者はコンサル無理じゃない?サイト製作をして、完成したら買い取ってもらう。
外注も記事も全てうち任せでいいんで、その代わり、コンサル料よりは高くなりますよっていう契約をしますね。
正直そっちの方が、負担は大きいんだけど、ストレスはない。

ryosuke
それは、SEOの結果ありきですか?

アクセル

アクセル

成果報酬には絶対にしないですよ、もちろん。業界的にも良くないと思っているんで。
時間を切り売りしているし、返金保証とかも違うと思っている。
あとは、SEO詳しいと言っても間違っている人も多いから、それはそれで苦労するんですよね。
昔は正しかったけれど今は違うよっていうこともあるんで、それが残っている人だったら逆にやりにくいですよね。
理論と統計学しかないですよね、評価するのは僕じゃなくてGoogleなんでね。

カズリリィ

カズリリィ

常に最前線でやり続けるってキツいですよね。
いつどうなるかわからない。

アクセル

アクセル

僕は楽しいんですけどね(笑)
奥さんと一緒にやってるというの大きいかもしれないですね、一人じゃないんでね。
奥さんはコンサルやりたがらないので、記事書いたりリサーチしたりサイト設計したり、作業をしている方が好きみたい。

カズリリィ

カズリリィ

めちゃくちゃ心強い。

コアウェブバイタル

カズリリィ

カズリリィ

コアウェブバイタルとかどう考えてますか?

ryosuke
5月に、コアウェブバイタルっていうものが、サイトの順位の指標になりますよということを、Googleが言っちゃってるんですよ。

ウェブにおけるユーザー体験の向上を目的とした取り組みをグーグルが始めた。「Web Vitals(ウェブ バイタル)」と名付けている。

「バイタル」とは「重要なもの・本質的なもの」という意味で、ウェブ バイタルは「ユーザー体験を良くしていくのに必須の指標に関する総合的なアドバイス情報」として提供していく。

引用元:https://webtan.impress.co.jp/e/2020/06/05/36210

アクセル

アクセル

僕は、今は対策しない。
みんなが、ああしたらいいんじゃないって議論しているときは見ていて、うまくいった時に初めて動き出す。ずっとそうやってきました。
賢い人が答えを出してくれるんですよ(笑)
1分1秒を争わないじゃないですか。

ryosuke
もうランキングの指標に、テスト的に入っていると思います。

アクセル

アクセル

調整はいつもありますよね。
超簡単に言うと、Googleのご機嫌が変わるということですね。
難しい話題ではあるけれど、今までも何度も起きてきたことなので、みんなの力で乗り換えましょうという感じですね。集合知で。
またclubhouseで集まって、情報を持ち寄って、話し合いたいですね。
いつも思うのが、Googleの話って、海外から情報がくるんですけど、海外と日本では結構違うことがあって、インフラが整っているから表示速度を気にすることがなかったり。過度にこだわる必要があるのかなと思ったりもします。
発展途上国だったら、画像を小さくして表示スピードを上げようというのはわかるんですけど、日本で本当に必要?とか思っちゃうんですよね。

ryosuke
納得のいく意見があって、ウェブページって世界の人口以上の数あって、Googleのクローラーが全部のサイトを見切れないと明言しているんですよ。だからこそ、サイトスピードをあげてくださいと言っているのは、実はGoogleのクローラーが追いつかないから、クオリティを上げるためにこうしてくださいねと言っているんじゃないかなと。

アクセル

アクセル

クローラーがなぜ追い付かないのかというと、サーバーを増やして追いつかせるためにはお金がかかるわけですよ。
追いつけるけど、めちゃくちゃお金かかる。
それと、パソコンの電気代がバカにならないそうなんですよ。
ryosukeくんの今の話を聞くと、サイトの画像を少しでも軽くしてねっていうのもわかるよね。
そういうのでいうと、ページ数を減らした方がいいのかもね。同じようなページを何個も作らない。
カニバリゼーションが、今、SEOを難しくさせていて、キーワードは違うのにGoogleに同じ意味であると思われちゃうものは、複数ページ作っちゃダメみたいな感じなんですよ。
Google的に関連度が高いと判断されちゃうと、検索順位が上がらないんですよ。

Toshifumi
「東京 居酒屋」「東京 飲み屋」みたいなイメージですかね。

アクセル

アクセル

百科事典的には全然意味が違うんですけど、Google的には同じことを知りたいんでしょって思われているってことですね。

カズリリィ

カズリリィ

似ている記事を、1つの記事にまとめちゃえばいいってことですね。

アクセル

アクセル

そうなんだけど、それに気付けないんですよ。
どことどこの記事が、カニバリゼーションを起こしているかの特定が、慣れないとわからない。

ryosuke
それを見つけるのも、サーチコンソールですよね。

アクセル
それが一時的なものなのか永久的なものなのかも、難しくて、永久的なものだったら直さなきゃいけないんだけど、一時的だったら別にいいし。判断も難しい。

ryosuke
一時的にっていうやつが、Googleの気まぐれな部分ですよね。

アクセル

アクセル

SEOコンサルでは、カニバリゼーションを見つけて、うまくいったということもありましたね。
それを見つけられるよってアピールしたら、仕事もらえるんじゃないですかね。
こっちとしては、見つけちゃったら、ページを統合するだけとか手間も少ないし。

カズリリィ

カズリリィ

その記事のインデックスを全て完全に削除するのって、手間かかりますよね。

ryosuke
サーチコンソールからインデックス削除をかけるだけじゃないですか?

アクセル
基本的にはそうですね。

カズリリィ

カズリリィ

画像だけ残ったりとかしないですか?

ryosuke
他のページにも使っていたら、その可能性はありますけど、サーチコンソールでインデックス削除をすれば、そもそもそのページがサイトコロン検索で出なくなりますね。

アクセル
インデックス削除は、積極的にやった方がいいと思っているんですよ。
Googleに消すという命令を出しているので、SEO的にはいい評価を受けるんじゃないかなと思います。

yuka
話はどんどん広がりますが、どうしましょうか(笑)

アクセル
そろそろ終わりにしますか(笑)
何か告知とかあったら。カズリリィさんとか、ある?

カズリリィ
Zoomで、ブログとSEOのコンサルをし始めました。
対象は、個人で月収を1万円を超えたいみたいな人。定員を4名までにして、ブログの書き方の手順とSEOの基礎知識を確認して、画面共有して記事添削をします。

アクセル
どこでその情報を得られるの?

カズリリィ
Twitterの固定ツイートにありますので、もしよかったら。
すみません、図々しくめちゃくちゃ宣伝しちゃいました(笑)

アクセル

アクセル

教えて!アクセル先生は、長期休暇に入ります。色々と忙しくなりまして、毎週木曜日というのは休止して、不定期にします。
また開催するときは、よろしくお願いします。

メインスピーカー

アクセル先生(@axcel0901)
yuka(@yukabe)
Toshifumi(@onotoshi)
Rei(@savoy37

その他のスピーカー(当日参加)

ryosuke(@pietana
カズリリィ(@kazlily

logger

パラレルワーカーな看護師。
重症児デイサービスや訪問看護ステーションで働きながら、パーソナルアシスタンス(PA)制度の介助者や、個人事業で遺伝子カウンセリングなどもしています。2021年3月現在、NPO法人設立準備中。

Twitter:@ayumi51sakura
ブログ:現役看護師あゆみのブログ

Clubhouseのおすすめルームカテゴリの最新記事