4月3日(土)20時:【 仲間募集👋 】clubhouseの記事を書きませんか?📝

4月3日(土)20時:【 仲間募集👋 】clubhouseの記事を書きませんか?📝
配信日時 4月3日(土)20時~
タイトル 【 仲間募集👋 】clubhouseの記事を書きませんか?📝 (録音🔴記事化予定📝)
スピーカー Reiいさおアクセルぷくしあゆみ
説明文 パレットメディアでは、clubhouseで配信する番組を
記録し、記事化して後日サイトに公開しています📝その時に、記事を書いてくれる人を「ロガー」と
呼んでおり、記事書いてくれる仲間を募集します👋✅「clubhouseで記事を書く」とは?
✅文章を「書ける」メリット
✅ロガーの紹介
✅ロガーの応募方法
✅Q&A
ルームURL Clubhouseへ
ロガー ana

「Clubhouseで記事を書く」とは?

パレットメディアは、Clubhouseという閉じられた空間で起きた出来事や話している内容を、その場で聴いている人以外にも伝えたいと思っています。

そこで、ルームで話した内容を記事化してHPで発信しています。

仕事や、様々な事情で聞けなかった話を知りたいケースもあり、Clubhouseのルームで話された内容を知りたいニーズはあります。

現在、Clubhouseのダウンロード数は150万から200万と言われており、早くて5月頃にはAndroidも開始されると予想されているので、パレットメディアで部屋の様子を記事として残して既存ユーザーとの繋がりの一役を担いたいと思っています。

 

文章を「書ける」メリット

いさお

いさお
いさお

今回ロガーである『書く人』のメリットは、まず「文章を書く経験」が得られることです。
1時間程の会話を端的にまとめることは文章力を鍛えられ、興味のある分野ではより”自分ごと”として理解できます。
コンテンツを作る過程で、そのルームの登壇者の方に質問が出来たり、内容の確認をすると知識が定着しやすくなります。

 

Rei

Rei
Rei

本を読む時も得た知識を身に着ける為に、読んで終わりではなくノートにまとめたりしますよね。
記事化も同様で、人に伝える時のようにアウトプットすると、自分の頭の中で喋っているかのように整理され、知識として定着しやすくなります。

Rei
また、他者からリアクションをもらえるので「自分の理解が誤っていた」または「正しく理解できていた」かの確認もできます。
要するに、何かの知識を正しく自分の中に定着させるには、インプットとアウトプットの両輪が必要ということですね。
「文章化・記事化・誰かに話す」という一連の流れを辿ることで理解が深まり、また他者からのリアクションを貰うことでさらに学びのサイクルを回すことに繋がります。

 

いさお
ここまでの要点を振り返ると、「Clubhouseで記事を書く」ということでどんなメリットがあるのかというと

【読む人】の立場

Clubhouseではリアルタイムで話が進むので、聴き逃した内容が記事化されたコンテンツで内容を振り返れる。

【書く人】の立場

1 ルームで長時間話された内容を、相手に伝わるようにアウトプットすることは、実際のビジネスにおいても議事録などで役立ち、ビジネスの基礎作りとしても有効。

2 記事を書くことでより”自分ごと”として捉えられる為、知識が定着しやすくなる。

3 アウトプットすることで再度内容を振り返るのでより知識が身に付き、周りからのフィードバックでより理解が深まります。

ルームで話された内容の書き起こしは、”誰でも出来ること”と軽視されがちですが、長時間の会話を簡潔にまとめて相手に伝えるというスキルは、仕事をする・人生を生きる上でもとても重要です。

 

ロガーの紹介

いさお

いさお
いさお

ではここからは、実際にロガーとして大活躍しているAyumiさんとPukushiさんにお話を聞いてみます。

 

Ayumi

あゆみ
あゆみ

パレットメディアでは、アクセル先生の記事などを担当しています。
ロガーにジョインした理由は、パレットメディアのビジョンに共感をしたからです。
そこで自分に何か出来ることはないかと考えていました。

私のブログで自由気ままに記事を書いているくらいだったので、どこかに記事を納めたりした経験がなく、”こんな私でもいいのか?”と自問自答しましたが、「このレベルだと書けます。」とReiさんにDMを送ったのがきっかけで、ロガーを始めることになりました。

 

 

Rei

Rei
Rei

ロガーの仕事としては、ルームの内容を、録音したデータを聞いて振り返りながら記事を書いています。
モチベーションや興味があれば出来ますし、意外と敷居の高い内容では無いと思っています。

 

Ayumi
元々ブログは自分で書きたくて書いていたので、(Clubhouseの記事化のように、誰かの)”意図を伝える”という目的で書いておらず、自分なりに文章を書いている形でした。
パレットメディアの記事は、後からでも修正は出来ます。
WordPressが操作できなくても、特に問題はないです。

実際、サイト上にアップされている、記事の吹き出しや見映えを整える作業は、他の担当者が行っています。
Googleドキュメントさえ使えれば大丈夫ですが、私はGoogleドキュメントすら初めて使いました。
記事を書いていて一番大変なのは、時間がかかるということですね。

ルームの内容を聴きながらタイピングをしますが、知らない分野だと1時間の番組で書ける内容は50%くらいです。
その後に録音を聞いて書いてを繰り返します。
ある記事では、トータル4時間くらいかかったかな。

一気に書き進めるのはきつく、聴きながら書いて次の日に完成させました。
ルームの参加時間と合わせて5時間くらいだったかなと。
2回目の部屋の記事は、話し手が初心者にも分かりやすく説明していましたが、質問者は自分の聞きたいことだけを話すので、内容を汲み取るのが難しいです。

 

いさお
質問者の会話は、主語や述語が抜けてしまうということ?

 

Ayumi
そうです。主語と述語が詳しい分野は汲み取りづらく、読む人にも分かりやすく主語や述語を復活させないといけないですが、そこが少し大変かな。
でも、自分が得意で精通している分野であれば問題ないです。
月1回でもやってみたい人は気軽にDMして欲しいですね。

 

Rei
思ったよりも敷居やハードルは低いです。
サイト上にアップする時の吹き出しや中身のデザインまではやらなくて大丈夫です。

 

Ayumi
最終的にWEB担当者が、各々の人が喋っているようにデザイン化してくれています。

 

いさお
大変なのは記事化するのに時間がかかるという点で、1つの記事を書くのに4時間くらいかけてくれていました。
ただ、慣れたりスキルがあがれば変わってきます。
ただパレットメディアとしては、ロガーの人の個性を出して自分なりに書いて欲しいです。

細かく書いても良いですし、要点要点をまとめて書いても良いですし、そんなにハードルは高くないですよとお伝えしたいです。
もちろん全て楽な訳ではないですが、時には良いストレスがないと人間は成長しませんので。

 

Ayumi
自分の書いた記事の閲覧数が増えて、第三者の目に届くのはとても良いことだと思っています。
普段自分のブログやTwitterなどに来てくれている人以外にも届けられるのは嬉しいですね。

 

いさお

いさお
いさお

次はPukushiさんにもお話を伺いたいのですが、何とカナダから参加してくれています。
一気に国際色が強まりましたね(笑)
Pukushiさんは、どうしてパレットメディアのロガーに応募してくれたんですか?

 

Pukushi

ぷくし
ぷくし

パレットメディアが立ち上がる前から、Clubhouseで話している有益な内容を何とかコンテンツに出来ないかと思案していました。

ただClubhouseは規定や制限などがあり、難しいと思っていました。

そんな時にパレットメディアが立ち上がる様子を見ていて、面白いなと思ってフォローしていたところ、「僕たちは、パレットメディアとしての活動を記事化します!」と堂々と宣言していて驚きました。

 

Pukushi
元々Clubhouseでの内容をコンテンツ化して発信したかったので、「これは良いチャンス!乗ってみよう!」と思って応募しました。
また、自分で運営しているクラブでの活動もアーカイブ化したかったので、パレットメディアでロガーとして得た経験などを自分のクラブにも持ち帰って活かしています。

 

いさお
今おっしゃったように、記事化の輪が広がっていく事はとても嬉しくて、他のルームでもパレットメディアの記事化の活動を話して貰えると嬉しいです。
僕らのアイデアや手法は聴いている人達も真似して取り入れて貰えたらと。

ちなみにPukushiさんは、記事のレベルが凄い高いです。
会話でなく要点だけ記事にすることも出来ますが、Pukushiさんは会話を全て書き出してくれているので、まるでリアルタイムで聴いているかのような感覚で記事を読めました。

それがPVとして結果に出ています。
応募の経緯として、Pukushiさんは「ロガーとして興味があります」とDMでnoteの記事を4つ送ってくれました。

 

Rei
どこかのイベントの記事の内容が、noteの公式記事にもなっていましたよね?

 

Pukushi
はい、運営の方に取り上げていただきました。
noteで”イベントの記事を大募集”というのをされていて、そこで自分の書いた記事が公式の方でピックアップしていただき、紹介されました。

 

いさお
実際ロガーの活動をしていて感じたことはありますか?

 

Pukushi
Ayumiさんはブログという基盤がありますが、私は既にPVのあるところで書けるという方がスタートは楽だなと思いました。

 

いさお
やはりプラットフォームに投稿した方が楽ですか?

 

Pukushi
その点は恩恵に預かっていると思います。自身のブログやnoteに流入も出来ますし、記事化した時にロガーのプロフィールを載せてもらえるので、そこからTwitterやnoteに来てくれる人もいます。

 

いさお
色々なところに露出があるので、以前に自分が書いた記事も色々な経緯で読まれたりしますよね。
良いこと・プラスな事ばかり言っていただけて嬉しいです(笑)

 

Pukushi
パレットメディアはルームに凄いゲストが登壇されることも多いので、インプット→アウトプットする際に、自身の学びや理解に繋げられるという旨味もあります。
記事の確認にあたり連絡を取り合ったりするので、登壇者の方やパレットメディアの運営の方達と繋がれるというチャンスもあります。

 

いさお
皆で楽しくやっていますね。

 

Rei
記事の納品については、納期の設定なども特にありません!

 

いさお
ないですね。
進みが遅ければ、困っていないかどうかという意味で「大丈夫ですか?」と声を掛けることはありますが。

 

Ayumi
本当に皆さん優しく教えてくださいます。
私も看護師として働いていると外部とあまりやり取りをした事がなかったし、Googleドキュメントを使った事もなかったですが、「これってどういうこと?」と初歩的な事を確認したりもさせてもらっています。

 

Rei
僕も、最初はどこまで添削して良いのか分からず、ガッツリ言い回しの修正とかやってしまっていました。笑
あ、今早速数名の方がDMをくださっていますね。
ロガーとして応募しようとしてしている人はどうしたら良いんでしょう?

 

ロガーの応募方法

いさお

いさお
いさお

いくつか方法があります。

1 Reiさんか僕(いさおさん)にTwitterかインスタのDMから連絡。

Rei Twitter Instagram
いさお Twitter Instagram

 

2 パレットメディアのHPの問合わせフォーム、またはTwitterかインスタ

HP(問合せフォーム
公式Twitter
公式Instagram

 

3 どこかの雑談部屋でReiさんか僕(いさおさん)に話しかけていただく

 

 

4 AyumiさんかPukushiさんにDMしたりもOK。

Ayumi Twitter
Pukushi Twitter

 

5 今ここでハンズアップしていただく。

 

Q&A

—-Konomuさんがハンズアップされて登壇—-

 

Konomu
はじめまして。

 

Rei

Rei
Rei

Konomuさんは、今朝の深層心理分析のルームに参加していただいたんですよ。
Konomuさんからは今ルーム中にDMをいただいたんですが、いくつか質問をいただいていますので、ここでお答えさせていただきますね。

 

Rei
1つ目の質問が、「仕事の流れは、録音した音源を預かって原稿化して納品という形でしょうか?」という事ですが、こちらは録音したデータを運営側から渡しても大丈夫ですし、ご自身で録音して記事起こししても大丈夫です。
2つ目の質問が、「録音した音源を貰っててから、納品までの期間はどのくらいでしょうか?」ということですが、こちらは先ほどお話に出ましたが、期限は特にありません。

 

Ayumi

あゆみ
あゆみ

そこは担当する番組が、月1回か週1回かでも異なりますよね。
納期がなくても、毎週開催の場合は、来週までに必要かな?とかは考えます。

 

Rei
どの番組の記事を担当するかは、ご自身のペースに合わせてやるのが良いと思います。
毎週開催する番組であれば、翌週までに書くのが理想かもしれないですね。
ただ記事の体裁や見出しを整えたりは、運営側で行えます。
他に気になっているポイントはありますか?

 

Konomu
大丈夫です。AyumiさんとPukushiさん達のお話で、だいぶクリアになりました。

 

いさお

いさお
いさお

ロガーの募集は定期的に行いたいですね。今日はありがとうございました!

 

 

あとがきby ana

ana
ana

今回この記事のロガーを担当させて頂きましたAnaです。

実は、私もこの「ロガー募集」のルームに参加していた内の一人でした(笑)

元々パレットメディアさんのファンでよくルームを聞きに行っていたのですが、いつも有益な情報を受け身で聞いているばかりで、かといって話すことも苦手だったので、「こんな私にも何か出来ることはないかな?」とぼんやり考えていました。

そんな矢先にこの番組があり、本業は普通の会社員なので、今まで記事を書いた経験は全く無かったものの、「番組の記事化って面白そうだし、もしかしたら私にも協力出来るかも!」と、気付いたら勢いで応募していました(笑)

全く実績のない素人にもかかわらず、パレットメディアの皆さんは優しく受け入れてくださり、特にロガーの先輩であるAyumiさん・Pukushiさんには、ゼロから納品までのフローや記事化のコツを丁寧に教えていただいて、本当に感謝ばかりです。

本業では出来ない経験や、一歩踏み出して何かにチャレンジする事は、自分自身の成長にも繋がると思います。

記事化を担当する番組も、仕事等の都合に合わせて自由に選択出来るので、少しでも興味のある方は、ぜひ気軽にご応募いただけると嬉しいです^^

皆さんからのご応募を、お待ちしております♫

※本記事に関する内容は、全てのスピーカーの記録および記事化の承諾の下掲載しております。なお、当メディアにおける記録および記事化のガイドラインはこちらをご参照ください。→詳しくはこちら

 

メインスピーカー

Rei(@savoy37)

いさお(@fujiwara1981)

Ayumi(@ayumi51244)

Pukushi(@pukushi)

 

ゲストスピーカー

Konomu(@konomu06)

 

ロガー

ana

アラサー会社員/兵庫→大阪→関東圏/EC運用・プロモーション/パレットメディアでロガー担当始めました!

運営ルームカテゴリの最新記事