7月10日(土)20時:【 #深層心理学 】ヒトがヒトを愛する心理学について考えてみる。

7月10日(土)20時:【 #深層心理学 】ヒトがヒトを愛する心理学について考えてみる。
配信日時 2021/7/10 20:00
タイトル 【 #深層心理学 】ヒトがヒトを愛する心理学について考えてみる。 #1 記事化予定📝
スピーカー ReiSatoki Kuboニック
説明文 「恋愛」とはなんなのでしょうね。
ルームURL Clubhouseへ
ロガー ayumi
※本記事に関する内容は、全てのスピーカーの記録および記事化の承諾の下掲載しております。なお、当メディアにおける記録および記事化のガイドラインはこちらをご参照ください。→詳しくはこちら

 

 

これまでマーケティング編を4回やってきまして、本日は恋愛編!!

 

Rei

 

Rei

今回も記事を参考にして番組を進めてみようかなと思います。

記事はこちら「モテるための恋愛心理学12選」

 

 

Satoki

 

satoki

マーケティング心理学の時にお話した効果がいくつか盛り込まれていました。

最終的に「愛ってなんだろうか」ということについて話したいですね。

答えなんてないですけどね。

 

 

まずは自分から「好き」と伝える「好意の返報性」

Rei

Rei
「返報性」は、マーケティング編でも「返報性の法則」がありましたね。

 

相手に「好き」と伝えることで、相手に意識させると『好意の返報性』が働きます。『好意の返報性』とは、人は好意を伝えられると相手に好意を返したくなる心理です。例えば、バレンタインデーにチョコをもらうと、あなたは「何を返そうかな?」と考えますよね。この心理状況が『好意の返報性』と言います。この心理学を応用して自分から「好き」だと好意を伝えると、相手は意識せざる得なくなるというわけです。

Rei

Rei

半分同意です。

返報性は求めていないけれど、「好きだ」と言った方がそういう目で見てくれるようになるし、そういう目で見てもらっているか否かって、大きいじゃないですか。

 

 

Satoki

satoki

「好きな人がいるんですが、この関係性は恋人としてではなく友達としてなんですよね」と相談を受けることがよくあるんですが、そんなことはわからないから、伝えるべきだと返答するんですよね。

それが恋愛ではなく友愛だったとしても、伝えるべきだと思っています。

 

Satoki
この記事では、返報性の心理で「相手に好意を返したくなる」「相手は意識せざるを得なくなる」と書いてありますが、正しく言うと「相手に気付きを与える」ということなんですよね。

一般的な関係性よりも少し上の段階にあるということを、お互いが認知できることは良いことなので、「この関係性は友達としてなのかもしれない」と思っていても、相手に気持ちを伝えて相手の行動が変化することで、自分の感覚も変わるんですよね。

なので、伝えずに終わるのはもったいない。

 

Rei
相手に好意を伝えて、男性側が「そんなふうに見てなかった。ちょっと重いなー。ごめん。」みたいなことになった時に、関係性が崩れることを恐れる女性が多いような気がして。

 

Satoki
それはあるかもしれないけれど、それで崩れる関係性だったのなら、崩れてしまった方がいいかもしれない。

そういう感じで関係性を崩そうとするメンズはつまらんよ、最初から(笑)

 

Rei
恋愛感情があるのに伝えず、相手の気持ちがわからないまま過ごすのは、苦痛があるでしょうしね。

 

Satoki
もし相手が恋愛のつもりがなかったとしても、関係性が崩れるのではなく、「ありがとう」と言える人だったら、その人はいい人ですよ。

それを測るタイミングになるんじゃないですかね。

 

Rei
とはいえ、自分から好意を伝えられる女性は少ないと思うんです。

「はっきりと好意を伝えられないんだけど、相手がどう思っているのかは気になるので、イベントに誘ってみたりして、私をどういう対象として見ているのかを判断したい」というような相談ってありませんか?

 

Satoki
ある(笑)

そう思ったんなら、やってみたらいいと思います。

 

ニック

4日くらい前にその相談があって、Satokiさんと同じ回答をしました。

 

Satoki

satoki
返報性の原理って、やってみて両方に気付きを与えないと何も始まらないよということが、包含されているものなんですよね。

 

ドキドキさせて好きにさせる「吊り橋効果」

 

『吊橋効果』とは、恐怖や不安を一緒に体験をすると恋愛感情がわきやすいと研究結果がでているので、好きな人と一緒にエキサイティングな体験をしてみてはいかがでしょうか。
例えば、ホラー映画鑑賞や遊園のジェットコースターに乗ったりすると吊橋効果を活かせて、恐怖や不安を一緒に体験すれば、交際に発展する可能性も高まります。

Satoki

 

satoki

この「吊り橋効果」の実験は、同じ状況で恐怖や不安を感じることで性欲が増すということを確認したんです。

 

 

Rei

Rei
それはある種の生存本能なのかな。

 

社会心理学者のドナルド・ダットンとアーサー・アロンは、感情が認知より先に生じるのなら、間違った認知に誘導できる可能性があると考えて「恋の吊り橋実験」を行った。 実験は、18歳から35歳までの独身男性を集め、バンクーバーにある高さ70メートルの吊り橋と、揺れない橋の2か所で行われた。男性にはそれぞれ橋を渡ってもらい、橋の中央で同じ若い女性が突然アンケートを求め話しかけた。その際「結果などに関心があるなら後日電話を下さい」と電話番号を教えるという事を行った。結果、吊り橋の方の男性18人中9人が電話をかけてきたのに対し、揺れない橋の実験では16人中2人しか電話をかけてこなかった。実験により、揺れる橋を渡ることで生じた緊張感がその女性への恋愛感情と誤認され、結果として電話がかかってきやすくなったと推論された。

ウィキペディアより

 

Satoki

satoki
いくつかの実験があって、性ホルモンの分泌が多くなったことも確認されているんですよ。

 

Rei

Rei
意外と僕の知ってる吊り橋効果じゃなくてびっくりしました。笑

 

出会って6秒で第一印象は決まる「初頭効果」

 

人は出会って最初の6秒間で第一印象は決まります。これは『初頭効果』と呼ばれ、初対面の印象が悪いとそのままのイメージでずっと記憶に残るので挽回が難しく、一方で初対面の印象が良いとそのままの記憶が残るので、交際関係に発展しやすいという心理的効果になります。
恋愛の場では、合コンや婚活パーティでは清潔感を意識して身だしなみを清潔感にしていくのがおすすめです。ちなみに初頭効果はビジネスシーンでも応用できます。

Satoki

satoki
「プライマシー効果」とも言うんですけど、第一印象が大事ということは、みんな納得するんじゃないですかね。

 

Rei

Rei
第一印象があまり良くなかったりミステリアスだったりして、実際に話してみるとすごくいい人だったというギャップに燃える人もいません?

 

Satoki
最初に与えられた印象よりも、最後に与えられた印象や直前に与えられた印象の方が影響を与えるという「終末効果」というのもありますね。

 

Rei
恋愛からそれますが、その終末効果について、旅行でホテルに泊まった時に、おもてなしも最高で満足して帰ろうとした時に、チェックアウトのフロントの対応が悪かったら台無しになるじゃないですか。

逆に、滞在中は「まあ、こんなもんか」という感じだったとしても、帰る時にお礼とともに手土産を渡されると、そのホテルへの評価がかなり上がるらしいんですよ。

もちろん滞在中のホスピタリティも大事だけれど、一番最後の対応で、印象が全く違うんですね。

 

ニック

ここから応用すると、プレゼントを渡すタイミングも重要だよね。

最初に「つまらないものですが」という感じで渡すのと、最後に「今日のお礼です」と渡すのとでは、また違うのかもしれないですね。

 

 

Rei
確かに!!

 

第三者の意見を活用した「ウィンザー効果」

第三者の意見を活かすと片思いの子に意識してもらえます。『ウィンザー効果』とは直接評価してもらうより、第三者に評価をしてもらうと効果が高まる心理です。
例えば、片思いの子がいるならあなたの友達に好きだと吹き込んでもらうもの◎。直接言われるよりも第三者の友達から言われると、好きな人はふいに意識してしまいます。

Rei

Rei
またの名を「外堀から埋める」というやつですね(笑)

 

Satoki

satoki
実際にこれも効果高いと思いますよ。

 

Rei
僕もそう思います。これは活用すべきですね。

 

出会って3回がとても大切「スリーセット理論」

人は出会ってから3回目までに印象を決定させて、印象が固定すると変化しません。
『スリーセット理論』とは、1回目で第一印象が決まり、2回目で再評価され、3回目で再評価した印象を固定する心理理論です。
恋愛で出会って3回目でキスをする可能性が高いのは『スリーセット理論』が原因と言われていて、恋愛の基本は出会って3回目で告白をすると成功率が高いです。もちろん、基本的に3回目というだけなので、2回目や4回目で告白しても問題はありません。

Rei

Rei
「スリーセット理論」は初めて聞きました。

 

Satoki

 

satoki

ビジネスシーンでもよく見られますが、恋愛で登場するとは(笑)

3回目でキスをする可能性は、高いの?(笑)

 

 

Rei
僕は2回目か3回目ですかね?(笑)

女子会に1人だけでも混じれるタイプなんで、よく女性陣の話も聞くんですが、1回食事に行って「この人はナシだ」と判断されたら、女子会とかでその人のことがけちょんけちょんに言われているんですよ。

だから2回食事に行ったら、結構なハードルを超えているんじゃないかなと思います。

 

ニック

僕は2〜3回目ってことはないですね〜。

もっとのんびりタイプです。

 

 

Satoki

 

satoki

僕は1回目ですかね。

食事に行くまでに、コミュニケーションはしっかり重ねますよね。

 

 

「ダブルバインド」でデートはスマートに誘おう

選択肢を与えて、脈ありの子に頭を使わせずにデートに誘う方法を『ダブルバインド』と言います。
例えば、脈ありの子と食事に行きたいなら「今週の木曜日か土曜日にご飯に行きませんか?」と誘えば木曜日か土曜日の中で相手は選びます。
選択肢が1つだけだと、相手に予定が入ってると即断られる可能性が高いので、選択肢を2つ与えることで承諾される可能性が高まります

Satoki

satoki
これは恋愛以外にも、全てにおいて言えますね。

 

Rei

 

Rei

でもこういう誘い方をしない人も多いですよね。

「今週末ってなにしてる?」という質問は、女性は嫌がりますよね。

「会いたいから連絡してきたんでしょ。こっちの予定を聞いて逃げ道塞いでから誘うんじゃないよ。」って思われてます(笑)

はっきりと誘った方がいいですよね。

 

 

Satoki
ここまでに出てきた効果全てに言えることだけど、正直じゃないとだめだね。

相手の行動を先読みするような小細工をすると、大体失敗しますよ。

「ダブルバインド」は優しさでもあるよね。

 

Rei
食事の選び方も大事ですよね。

男「なに食べたい?」

女「なんでもいい」

という会話をしたら、もうダメですよね(笑)

好き嫌いは把握しておくのはもちろんだけど、いくつかお店をピックアップしておいて、選択肢をあげてもらえる方が嬉しいという女性側の意見を、たくさん聞いてきました。

 

そしてここでそうがいさん、初めまして!

 

そうがい
こんばんは。行ったことない三ツ星のお店を選ぶよりは、自分が気に入っていて、行ったことのあるお店の方がメニューもわかるし、気の利いたこともできるじゃないですか。

わかった上で、お連れしたいですよね。

 

相談

Rei

Rei
ここで一つ、手を挙げてもらったえりさんに来てもらいました。

 

えり
男性のプライドを傷つけてしまうようなことを言ってしまいます。

ニックちゃんやそうがいさんは、いい意味で、いらないプライドがないので、楽しく話せるんですが、仕事で関わる人やパートナーは、そうはいかないんですよね。

他人は変えられないので、私のなにを変えたらいいでしょうか。

 

Satoki

satoki

男性全体を集合体として捉えている可能性が高いですね。

ニックさんやそうがいさんのように、ざっくばらんに楽しく話してくれる人を好む人は多いと思うんですけど、自分以外の人が全員ニックさんやそうがいさんのようにあってほしいという願望の中にいるんですよ。えりさんが。

だから、そうじゃない人間がいると、拒絶反応を起こしてしまう。

全員違って全員いいという認識に変わらないと、えりさんがキツいと思いますよ。

 

 

Rei
基準値が自分が理想としている人になってしまっているんですね。

 

Satoki
美味しいものもあるけれど、不味いものもあって、時にはその不味いものを食べる時だってあるわけですよ。

 

えり
なるほどー!

私は不味いものを本当は美味しいと無理矢理思いたいということですね。

 

Satoki
味を変えちゃえー!みたいなことをやってるんですよ。

たくさん味わってみてください。

 

えり
そうすれば、かわいいと思えるようになるのかー!

 

Satoki
そういう人は、不器用なだけなんですよ。

しっかり味わってみると、旨味が出てくるんですよね。

 

えり
その味わう時間が無駄だなと思ってしまう場合はどうしたらいいですか?

 

Satoki
無駄だと思うのなら、関わらなかったらいいですよ。

疲れるだけですよ。

 

えり
人としても女としても、幅が広がっていくためには、味わっていく時間を持っていたほうがいいですね。

ありがとうございますー!

 

次回以降は

Satoki

 

satoki

冒頭で話したように「愛とは何か」を話そうとすると、この部屋に来てくれている人から恋愛相談があるような気がしますね。

それも面白いんじゃないかな。

 

 

Rei

Rei
その方向でやってみましょうか。

 

Satoki
今日も盛り上がりましたねー!

楽しかった!

 

Rei
お疲れさまでしたー!

スピーカー

Rei@Savoy37

Satoki@Satoki

ニック(@nikku511)

そうがい(@chakaijp

えり(@eri_sanctuary

 

logger

パラレルワーカーな看護師。
重症児デイサービスや訪問看護ステーションで働きながら、パーソナルアシスタンス(PA)制度の介助者や、個人事業で遺伝子カウンセリングなどもしています。2021年6月現在、NPO法人あえりあ設立申請中。

Twitter:@ayumi51sakura
ブログ:現役看護師あゆみのブログ

Clubhouseのおすすめルームカテゴリの最新記事