6月12日(土)12時:【 #深層心理学 】ヒトがモノを買う心理について考えてみる。#2

6月12日(土)12時:【 #深層心理学 】ヒトがモノを買う心理について考えてみる。#2
配信日時 2021/6/12 12:00〜
タイトル 【 #深層心理学 】ヒトがモノを買う心理について考えてみる。#2 記事化予定📝
スピーカー ReiSatoki Kuboニック
説明文 ヒトが何かによって心を動かされる時、
それは知らぬ間にいくつもの心理効果が
働いてるのを知っていますか?🤔素人に毛が生えたマーケターと、ただの
心理学者による全26個のカスタマー心理学を
紐解くルームの第2回です。今日はどんな心理学が待っているのか…
ルームURL Clubhouseへ
ロガー ジーコ
※本記事に関する内容は、全てのスピーカーに記録および記事化の承諾の下掲載しております。なお、当メディアにおける記録および記事化のガイドラインはこちらをご参照ください。→詳しくはこちら

1.1心理学の専門家とマーケターによるカスタマー心理学紹介

Rei

Rei
今日は、僕のツイッターに掲載した、購買意欲を掻き立てるカスタマー心理学26選という記事に沿ってヒトがモノを買う心理について話し進めていきます。皆さん投稿をご確認の上、ご参加いただければと思います。前回は6個目まで話しました。

・記事確認
【超厳選】購買意欲を掻き立てるカスタマー心理学26選
https://www.leadplus.net/blog/the-science-of-buying-psychology.html

Satoki

satoki
今回取り扱う理論の中では、損失回避の法則が一番アツいですね!これだけでも、1時間は話せますよ!

Rei

Rei
では、まずこのルームについて説明しましょう!2ヶ月半位前から、心理学に詳しいSatokiさんと、Webマーケターの私とで毎週土曜日にルームを開催しています。最近は、心理学理論や心理学が人に与える影響について解説しています。
前回から、Twitterに投稿した記事を参考に「ヒトがモノを買う心理」について話しています。記事は6年前のものですが、今でも十分に使えるものですね。全26個の理論等が記載されており、どれも全部面白いため、複数回に分けてすべて取り上げていきます。前回は「マッチングリスク意識」まで進んだので、本日は、損失回避の法則から進めていきます。

カスタマー心理学の紹介

ここぞという時に使える、損失回避の法則

Rei

【記事引用】
“カスタマーは利益を取ることよりも損失を回避することを選択するという心理があります。この心理を逆手に取ることで、購買意欲を掻き立てることが可能。

≪活用術≫
アピールの表現を変えていきましょう。例えば「この化粧水を使用することで肌年齢が10歳若返る」と使用するメリットをアピールするのではなく、「この化粧水を使用しないと肌年齢が衰えていく」と使用しないことのデメリットの方がカスタマーに響きます。”

Satoki

satoki
この活用術の他にも病院で使われることがありますね。この手術すると元気になると言われるより、この手術をしないと死ぬかもしれませんと言われたほうがやる気になるようですね。例えば、異形成が始まっており、これを残しておくと癌になるかもしれませんと言われたりとかしませんか?

Rei
まず、異形成とはなんですか?

Satoki
細胞が異常な状態で形成されているもので、取っても取らなくてもいいけれど、取ったほうが将来的なリスクがなくなるというものです。これも損失回避の法則を用いることができますね。ただし、この法則は、相手に凄くストレスを与えるものです。そのストレスによって、購買意欲が掻き立てられます。

Rei
たしかに、そうですね。

Satoki
この法則を提唱したのは、サピエンス全史を著した、プリンストン大学のダニエル・カーネマン氏です。彼は2002年に行動経済学でノーベル経済学賞を受賞しており、損失回避の法則の他、プロスペクト理論や行動ファイナンス理論等を提唱しています。ダニエル・カーネマンの研究は、面白すぎて読んでいても、手が止まらなくなるくらいですが、この理論は特におすすめです。

Rei
このルームでは、過去の学者が出てくることが多いので、参考URLを僕のTwitterに張っておきますね。

Satoki
この方は、現代心理学の神様のような方です。ユング等とも時代がかぶっており、行動経済学の開祖達とも交友がありますね。心理学や行動経済学、ファストアンドスロー等、我々の脳の習性を解き明かした方です。この人、現代心理学の神様と呼ばれフローなどを作った、ミハイ・チクセントミハイ氏すら尊敬する人ですね。

Satoki
カーネマン氏は、損失回避の法則だけでなく、イスラエル、パレスチナ問題に言及することも多いです。本人も、イギリスが統治しているパレスチナ側の出身者です。エルサレムにあるヘブライ大学で心理学を勉強していました。その後、イスラエル国防軍の心理学研究部門にも所属し、イスラエル軍やパレスチナ軍等と関わり、中東戦争時には、エジプトやフランスも関わっており、戦争で心が傷ついた人(兵士など)を見て戦争にも関わりました。おそらく、PTSDの概念につても、この方が提唱したと言われる位、功績がある方です。PTSDが広まったのは、ベトナム戦争の時期ですが、この方も、その時期に精神医学界隈に関わっていました。その後、心理学から経済学へ転向し、今は、行動経済学のセンター長をしているはずです。そして、ここから、プロスペクト理論がでてくる。

どんな印象で見られたい?ハロー効果

Rei

Rei

続いては、ハロー効果です。

【記事引用】
“最初に認識した特徴に後々の印象が引っ張られていくといもの。爽やかなパッケージの芳香剤を見た時に「爽やかな匂いがするんだろうな」と感じるなどの効果です。

≪活用術≫
「印象力」という言葉に置き換えることもでき、「カスタマーに対しどんな印象を持ってほしいか?」を視点にデザインなどを考案していってください。”

 

Rei

Rei
これは、梅干し見るとよだれ出るとかですか。

Satoki

satoki
近いですね。視覚の中から入ってくるものに対し、五感が認知するような効果です。味覚だけでなく、視覚や香り等でも効果があります。

Rei
声もそうですよね。声が低い人は、体がガッチリしてそう等。ニックさんは体型がっしりしてますよね。噂には聞いてますよ。笑

ニック
僕は183cmの90kgちょっとありますね。この声で、ピンクのふわふわ系のアイコンだったらおかしくなると思いますよ。

Rei
僕とSatokiさんは、細いタイプですよね。Satokiさんは身長はいくつ位ですか?僕は、178cmの65kgぐらいです。

Satoki
僕は、178cmの68kgですね。

ニックさん

僕はSatokiちゃんより5cm高くて、20kg位多い、わがままボディーです。笑

Satoki
ハロー効果の歴史は古く、100年前位からありますね。エドワード・ソーンダイクが提唱した心理学です。この頃は、社会心理学というワードが出始めた頃で、個人の精神論を解析する分析心理学の時代から集団の解析を行う社会心理学時代へ移り変わる頃でした。そして、現在では、世界全体を解析する経済心理学や環境心理学へと転換していっています。

ハロー効果が発表されたのは、エドワード・ソーンダイクが亡くなる10年~15年前で、子供と、動物的な知性を発表しました。ちなみに、本能という言葉は、心理学の世界で、ここ20年位に使ってはいけない言葉になっています。今は、本能は存在しないという考え方が主流で、何事も、認知してから行動を起こしており、本能的に起こったというと、自分の認知から逃げているだけという風に解釈されます。

Rei
五感を認識した上で、自分の過去の経験等をもとに反応が生まれるはずだから、本能や直感という表現を使わないということですか?

Satoki
もう少し言うと、直感は存在しないという考え方ですね。この考え方を提唱したのが、このエドワード・ソーンダイク。また、人間にも動物的知性が起こりうることを研究した方で、心理情動があることを説明していました。猫の研究も行った方で、実験では箱の中に入れた餌を、猫が取れるか検証していました。普段、猫は3つ以上考えたり、行動することができないのですが、あまりにお腹が空いた時には、説明のつかない行動を行うことを証明しました。これは、動物的知性が働いた中で、身体が勝手に4つ5つの行動を起こすことがあるという内容です。他にも、レディネスの法則等、ハロー効果を含む、20個以上の理論を発見しています。

Rei
ハロー効果はポジティブとネガティブの2種類があるようですが、これは概念として分けるということですか。

Satoki
分けなければ進まないですね。

Rei
ハロー効果は、耳にする機会が多いですね。

Satoki
第一印象の話ー妄想として、情報が作り出されますが、単純接触効果で覆せます。ロバート・ザイアンスは、このハロー効果に対して研究を進め、ザイアンスの単純接触効果が生まれました。批判し、批判されることで、科学が進んでいきますね。

我慢するから余計に興味が湧いてしまう、認知的不協和

Rei

Rei

次は、認知的不協和です。痩せたい!でも食べたい…というようなものですかね。これも結構あるあるですよね。

【記事引用】
“「痩せたい…でも食べたい!」という矛盾した感情を抱いた時、人は大きな心理的ストレスを感じます。このストレスを解放できるサービスや商品を提供することで購買意欲を掻き立てます。

≪活用術≫
「無理なくやせられる!」など、サービスや商品のユーザビリティ(利便性)を前面に出し、ストレスの解放へと導きましょう。ただし、嘘や誇張のし過ぎはNGです。”

 

Satoki

satoki
youtubeの広告は、みんなこれを間違えて使っていますよね。

Rei
広告等で、厚労省や消費者庁に怒られる人は全部このパターンだと思いますね。

Satoki
Youtubeの広告は、使い方を間違えているので、根っこの所を理解しないで使うと痛い目見るということを教えてくれていますね。

Rei
これは、サプリメントと金融業界でもよく使われると思います。

Satoki
しかし、このことについては、正しく理解すれば騙されないですよ。ポジションとしては、社会心理学用語です。集団に対する心理用語です。認知バイアスや先入観で認知を歪めるようなものですね。これを見つけたのはユダヤ系アメリカ人のレオン・フェスティンガーで、この方は、社会心理学の開祖のような人の一人と言われています。

Rei
クルト・レヴィンとレオン・フェスティンガーの関係は繋がりますか?

Satoki
レオン・フェスティンガーはクルト・レヴィンの一番弟子ですね。クルト・レヴィンは、ドイツの生まれで、ユングとかと同じ教室で学んでいました。その後ナチスに追われて、マサチューセッツ工科大学で教授職となります。さらにその後、アイオワ大学へ行き、その頃にレオン・フェスティンガーが現れます。この時までは、社会心理学を作った段階では数学的に表せるものがなかったため、クルト・レヴィンが主観と経験に基づいて、社会心理学を提唱しました。レオン・フェスティンガーが社会心理学に数学を持ち込み、そこから社会心理学が発展しました。

Rei
今回のルームでは、人物がすごい出てきますね。多分、どんな感覚がどんな影響を与えているかがみんな知りたいと思うので、そういった話もいかがでしょうか。例えば、クルト・レヴィンが発見したツァイガルニク効果や境界人の概念はなんぞや等ですね。

Satoki
先程の説明のとおり、クルト・レヴィン氏が認知的不協和を提唱しました。文学作品の研究が好きでその中に、認知的不協和の話が出てくるんですね。この兆候がシェイクスピアの物語にも出てます。やりたいけど我慢していることを知りたい。愛しているけど殺したいみたいな感じの矛盾が生まれます。この感情は人間誰しも持っており、これにみんな葛藤することに気づきます。

Rei
認知的不協和を一番発揮しながら成り立っているビジネスは、ギャンブルとタバコなのかと思いますがいかがでしょうか。例えば、ギャンブルは理論的には勝てないのは分かってるけど、楽しいからやっちゃうじゃないですか。タバコは違うかもしれませんが、吸うことによる快感がやめられないから、吸ってしまうというような感じですかね?

Satoki
多分タバコとギャンブルは、アディクション(依存症)ではないでしょうか。最終フェーズでは、無いと体に異常をきたすというものですね。このレベルではないかと思います。

Rei
なるほど。
ニックさんは、なにかこれについて事例が思い浮かびますか?

ニック

人間関係や恋愛がそうなのかと思いましたがSatokiさんいかがでしょうか。例えば、いつもベッドの関係とかですね。付き合ってないけど、ベッドに居ることで、付き合ってるのかなと思ってしまう感じ。これは、認知的不協和の概念になるかなと思いました。

Satoki
そうですね。彼がこれを発見したのは、恋愛感情と人間関係で見つけられているから間違い無いと思いますよ。毎日会ってるから好きになるのは、ザイアンス効果。毎日会ってるけど付き合ってないことで、好きになるのは認知的不協和の一部かなと思います。特に、望まれない恋などはまさにこれですね。不倫関係等です。会うと破滅するのに、会ってはだめだと言われるから余計に会いたくなる。これが次のカリギュラ効果に繋がります。

禁止されると気になる、カリギュラ効果

Rei

Rei

“「パンドラの箱」に代表される、禁止されたことをついついしたくなってしまう心理です。”これめっちゃありますよね。

【記事引用】
“≪活用術≫
バナー広告などにおいて、「興味のある人以外クリックしないでください」などカリギュラ効果を使うと、広範囲にサービス・商品を認知させることが出来ます。”

 

Satoki
提唱した人はいなくて、40年位前の「カリギュラ」という映画がきっかけとなり使われ始めました。ただし、この映画は、超ポルノ映画なので、見る時は注意してくださいね。アメリカでも、上映禁止になるくらい激しい映画です。

Rei
カリギュラは、映画内のローマ皇帝(主人公)の名前でタイトル名ですね。あまりにも過激で残虐なシーンの多い問題作であったために、大学が多く風紀の厳しいボストンで上映禁止になったようです。しかし、禁止されたことで、ボストン市民が興味を掻き立てられて、こぞって近くの街に見に行ったためカリギュラは大ヒットしました。これClubhouseに当てはめてみるとどうでしょうか。例えば、フォロワーを伸ばしたい人以外は見ないでください!とか。

Satoki
この効果は、家庭の医学的なものですね。私も既に、Clubhouseでもそのようなタイトルも試しましたよ。100人くらいが集まったため、人間心理が働いていることを実感しました。

Rei
僕は斜に構えるタイプだから、絶対入らないですね。笑

ニック

カリギュラ効果は、音でもあるようですね。要は、「ピーーー♪」というような、ことですよね。テレビ番組のピー音やモザイク等、放送禁止を隠す表現も該当しますよね。

Rei
いつから仕込んでいたんですか(笑)例えば、この前ルームに来てくれた「ピーーー♪」さんから言われて結構ショックだったんですよ。とかですね笑

Satoki
僕も、その音ほしいな笑。

Rei
多分、テレビでCM前に、ピー音をつけることで、CM後も続きを見たくなるという心理を働かせていますよね。

Satoki
最近、モンストのCMで、上島竜兵さんが絶対モンストするなよというCMがありますよね。これは、カリギュラ効果を利用したCMですね。彼はまさに生きるカリギュラですね!

Rei
「押すなよ押すなよ!」という彼のギャグは答えが見えてますが、中身が見えないものに興味を持たせるようなものがマーケティングですね。パンドラの箱を開けさせるような原理ですかね。

Satoki
そうだと思いますよ。

人は流されてしまうのもの、社会的証明の原理

Rei

Rei
これは、前回のルームで出てきた内容ですね。第一回で、権威への服従原理が出てきましたが、これと近いかもしれませんね。

Satoki

satoki
第一回の権威への服従原理と、バンドワゴン効果を合わせたようなものですね。

Rei
じゃあ、概要だけ読んでスルーしましょうか。

【以下引用】
“その他大勢の行動に自分の行動が左右されてしまうことを社会的証明の原理と言います。
SNSで見られる「○○さんもシェアしています!」などが代表的です。

≪活用術≫
「あなたの身近な人も使っている!」など、周囲にサービスや商品を利用していることをアピールすると、カスタマーの警戒心を解くことが出来ます。”

気になる方は、第一回目の記事を見てみてください。

6月5日(土)12時:【 #深層心理学 】ヒトがモノを買う心理について考えてみる。

第三者評価は嬉しい、ウィンザー効果

Rei

Rei
次、ウィンザー効果、よく聞きますね。これも似てますかね。

Satoki

satoki
これも、前回のルームでも話をして、先日、Instagramでスライドを作りました。第三者が言ったことが一番心に響くというようなものですね。この語源は、ウィンザー伯爵夫人。この人が、第三者からの褒め言葉が、一番心に響くというというものですね。

Rei
結構これ系は繋がっていますね。これも飛ばそう。気になる方は、SatokiさんのInstagramを見てみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Satoki Kubo(@satoki_kubo)がシェアした投稿

わかってくれる人には弱くなる、バーナム効果

Rei

Rei
次は、占い師のバーナム効果ですね。これ大丈夫ですかね。笑

【記事引用】
“占い師がよく使用する心理学効果であり、全体に当てはまるような曖昧な質問を繰り返すことで「自分のことをわかっている」と思わせることが出来ます。
例)
占い師「あなた、ペットを飼っていますね?」
相談者「はい、犬を飼っています!何故、分かるんですか!?」
占い師「見えます…見えます」

≪活用術≫
「もしかして…○○で悩んでいませんか?」とユーザーに呼びかけることでバーナム効果が期待でき、カスタマーからの信頼を得ることが可能です。”

Rei
これは、色々とありそうですね。

Satoki
「ニックさんには、愛があるともっと良くなると思いますよ」とか。誰でも当てはまりそうなことを言って、効果を高めるような方法ですね。

Rei
あなたはお父さんとお母さんの間から生まれますね・・・。

ごめんなさい冗談です。(笑)ただこれは、マーケティング視点で使われることはあまりないですね。

Satoki
あんまりポジティブじゃないですからね。うまい営業の方は、半分占い師みたいな所あって、クライアントが漏らした言葉を使うとかありますかね。

Rei
僕も営業なので、そういう言葉を引き出したくてやってますね。
ただ違う部分として一つ言っておきたいことは、営業では、クライアントのことを徹底的に調べ上げて、課題を相手から引き出すことが仕事になると思っています。バックグラウンドを調べずにやってる訳ではありませんよ。それでも、ガチの営業の方は、割とバーナム効果を使っているかもしれませんね。

Satoki
多分、専属等、ガチの占い師は、同様に相手のことを徹底的に調べ上げてから読みに行っていると思いますね。

実は、このバーナム効果は歴史が深いんですよ。もう80年位経っていて、1900年中頃には提唱されていました。アメリカの心理学者のポール・ミールさんが、町中でイベントをやってる有名だったバーナムという方の名前をいただき名付けたようです。

Rei
バーナムさんは、グレイテスト・ショーマンのあのバーナムさんですか?

Satoki
そうですそうです。あのバーナムさんですね。ヒュー・ジャックマンが演じた方ですね。この映画でも途中で、心理学者が現れたんじゃなかったかな。そのバーナムさんからバーナム効果という名前を借りています。バーナムさんはすごくおしゃべりが上手で、最初から嘘をつくような雰囲気がある方でしたよね。俺には夢があるというような嘘をついて捕まったりもしていますし。

Rei
さて、これで、ちょうど6個ですね。これで、26個中一個飛ばして、ちょうど13個が終わりました。時間がちょうど良いですね。今回は、オーディエンスの方にも上がっていただきましょうか。面白いと思った方は、ぜひスピーカーに上がってください!!!・・・。というと、上がりづらいだろうから、インバイトしようかな。ニックさんはどれが面白かったですか?

ニック

まず、損失回避の法則についてシェアしたことがあります。例えば、女性が男性とビジネスで会う場面で、女性はビジネス目的、男性は下心があるような場面がありますよね。その時の守り方についてです。このような時には、最初に男の人を持ち上げるといいですよ。例えば、最初に食事に行って男性側に下心があると分かった時には、「あなたは誠実な方だから、こうして食事に来たんです。」と先に持ち上げてしまいます。そうすると、男性側は、心理的に印象を下げたくなくなるので、なかなか相手が手を出しづらくなり、誠実になります。これも損失回避の法則に当てはまると思いました。

Satoki
それは、すごく正しいと思います。もともと、この損失回避の法則は、プロスペクト理論が元となっています。これは、期待について、どのくらい期待があるかを説明し、期待効用理論というものがある。行動経済学。確率に対する、人の動きが必ずしもまっすぐではない。一つの直線上ではない。100%当たる宝くじがあっても、人間は選ばないというようなものですね。詳しくは、また勉強してご説明しますね。

ゲストコーナー

いい恋愛は、アタッチメントタイプを知ることから

Etsuko
こんにちは。こんばんは。バーナム効果が気になりました。

Rei

Rei
今回は、ゲストでEtsukoさんに上がっていただきました。Etsukoさんは、国際結婚やパートナーシップの専門家です。「異性の心を上手に透視する方法」という本を訳されています。この内容を元に、カウンセリングなどもされており、パートナーシップに関する仕事をしている方です。例えば、人の心の感じ方や、どうやると人がどう感じるかということについて、研究し取り組まれている方です。今回の内容には、適するかと思いインバイトさせていただきました。

Etsuko
私が訳したのは、英名「Attached」という本です。安定型、不安型、回避型の3つのタイプについて、どのような方が相性が良いかが書かれています。この本では、「不安型」(恋愛において不安になりやすいタイプの人)が「回避型」という愛着スタイルを持つ人と、何故か惹かれ合ってしまうというような内容について書いてあります。不安型の人は、辛い思いをすることが多いため、気をつけましょうという内容が書かれています。既にアマゾンでは、レビューが300個以上ついており、「今までの恋愛が何故こんなに苦しかったのかがわかりました」というようなアツい声が集まっています。ただ、そこには、日本語タイトルがひどいとかも書かれていますね。タイトルが障害となり購入されづらいですが、内容はとてもしっかりしたいい本です。ちなみに出版社からは、このタイトルについて謝罪をいただきました。レビュー高いので、結構お役に立てていると思いますよ。

Rei
アマゾンのレビューはすごいですね。4.5の評価がついてますよ。結構レビューの内容も面白いく「何故か恋愛だけは、いつも自爆する人」というタイトルのレビューもついてますね。ちなみに回避型ってどんな人でしょう?

Etsuko
親密になると、自分の領域が無くなるように感じて、わざと関係を終わらせるような方ですね。更に厄介なのは、その後相手が離れてしまうと、寂しくなって後を追いかけたりとかします。だから不安型の人にとっては、不安要素を増大させるようになり、「私、大事にされてないのかな」というドキドキ感を恋と勘違いしてしまいやすいです。不安型の人は、どうせなら安定型と付き合えばいいのに、安定型は、ドキドキしないため友達ゾーンに入れてしまいます。不安型の人が長期的な関係を構築する場合には、安定型の方が良いのにつまらないと、勘違いしてしまうようです。恋愛市場では、回避型の人は、別れるサイクルが短いので会ってしまい易く、結果として不安型の人が辛い思いを繰り返してしまいます。

Rei
僕は、回避型や不安型の方は、生きるのが大変じゃないかなあと思います。シンプルに愛情を伝え合える方が良いと思いますし、回避型の方は、充実感を与えることは無いように思ってしまいますね。

Etsuko
この中で、一つの問題は、自分がどんなタイプかを知らないで生きていることです。自分のオペレーションシステムをよくわからないまま、行動を取ってしまう。これが深層心理学につながってくると思います。不安型の人が、どうしても回避型の人と付き合いたいという場合に、私が必ず伝えることがあります。自覚が無い回避型と付き合うことは辛すぎるので、まず相手のアタッチメントタイプを調べるようにお伝えしています。この本を差し上げるなどして、相手の自覚を促すようにおすすめしています。これで、断られたら、将来的なパートナーとしては向かないように思いますね。

Rei
Satokiさんとは、恋愛に関する心理学部屋をやろうかと話していましたけれど、恋愛に関する心理学パターンてやっぱりあるんですか。

Satoki
ありますね。僕もカテゴリー分類から考えたりしますが、その上で、自分で調べることは限界があるので他人にやってもらいます。

Rei
この場に居る方は、Satokiさんの恋愛事情が絶対気になるんだよな~。。。

Satoki
その話は、絶対やめたほうが良いと思いますよ。笑

Rei
じゃあ、ニックさんは結婚してますか?

ニック
まだですよ。経験不足なんで、Reiさんに教えていただきたいですね。

Rei
では、みんなでEtsukoさんに弟子入りしましょうか。

Satoki
恋愛は、自分ごとの場合は、上手く行かなくなる感じがしますね。
メタ認知と一緒で、自分を分析するのはめちゃめちゃ難しいんですよ。

Rei
僕は、結構人からの相談を受ける事が多いんですね。

Etsuko
きっと、経験が豊富だと見られてるんですね。

Rei
ちょっと待ってください。その表現はネガティブなニュアンスで使うことが多いと思いますよ!笑
よく相談が来るというのは、なんと言えば良いんでしょうね?

Satoki
いい恋愛したか、じゃないかな? いい恋愛をしていそうな方には、その雰囲気出ていたりするじゃないですか。でも、実際には女性に触れたことがないとか(笑)もしそうだとすると、ペルソナ構成がとても上手ですが。

Etsuko
話が戻りますが、さっきSatokiさんの言っていた「自分をどれくらい知っているか」というのは、とても重要な要素だと思います。相手が自分自身のことをわからないような場合は、恋愛がとても辛くなると思います。疲れるし、振り回されます。だから、ある程度の年齢になると、相手が、どんな恋愛を求めていて、どんな自己認識を持っているかという点を調べることは重要なことだと思いますね。診断テストとかラブ・ランゲージ等を調べる方法は、おすすめです。カップルの方は、ぜひ受けていただきたいです。自分が何をされると愛情を感じるかを測るテストです。
大まかに分けると5つのタイプがあります。「感謝や好意の気持ちを言葉で伝えてもらうこと」「料理や片付けなど、実際に手を動かして何かをしてくれること」「プレゼントをもらうこと」「スキンシップがあること」「時間を一緒に過ごすこと」というこの5つのタイプがあり、ネットでもテストができます。
ここにギャップや認識のズレがあると、相手に愛情を与えていても、相手に伝わらないということが起こります。このズレは簡単に埋めることができるので、世の中のカップルは、全員このテストをやると良いと思います。

Rei
なんだかEtsukoさんは僕に恋人いる前提で話していませんか?笑
いますけど、オープンなので大丈夫ですが、ちょっと恥ずかしいですね。笑

Satoki
そうなんですか!今日一番のびっくりです!笑

Etsuko
このテストは、「愛を伝える5つの方法」と検索すると出てきます。ゲーリー・チャップマンのものです。

Rei
診断はいろいろとありますね!公式のFive Love Langage testというサイトに、クイズがあり面白そうです。僕も後でやってみようかな。これは、カップルでやると良さそうですね。

Etsuko
テストを受けると、スコアが出てきてこれも参考になると思います。恋愛関係だけでなく、身近な方のタイプを知っておくと、何をすると喜ぶのかもが分かっていいですよ。付き合いたてのカップルにはぜひおすすめしたいです。

Rei
クイズは「カップルズクイズ」」「チルドレンズクイズ」「ティーンズクイズ」と「シングルズクイズ」の4種類がありますね。内容は、スッキリ纏まって見やすいですね。以前Satokiさんにおすすめいただいた、倫理用語集には書いて無さそうですね。

Satoki
倫理用語集には、心理効果は書いてないと思いますよ。心理効果は、ファクトなので、この本にはあまり載っていないです。

Rei
確かに、行動心理学やマズロー等は載っているけど、その先のことはあまり載っていないですね。初めて開きましたが、中身の充実度はすごいですね。思ったより幅広く捉えていて、セーブ・ザ・チルドレンや南北問題、福島第一原発事故や、VR、等も書いてありますね。倫理の領域を超える位。
今回も、とても面白かったですね。Etsukoさんありがとうございました。

アナウンス

一緒にロガーをやりませんか?

Rei

Rei
最後にアナウンスです。このルームに関しては、パレット・メディアというクラブで、毎週土曜日に開催しています。しばらくは心理効果をベースに開催しています。このルームの内容は、記事に起こしていて、パレット・メディアのWebサイト上で公開しています。

→ ロガーの詳細はこちら

Rei
Satokiさんのルームは過去に7~8回開催しました。最初の頃は、ゲストの方の深層心理分析を行うルーム行いました。次に心理学について深い部分を解剖してきています。過去の記事も是非Webサイトから読んでいただきたいです!
また、記事起こしを書いていただける方も随時募集しています。運営者が5名、記事起こしの方が6~7名。記事起こしについては、特にスキルを求めておらず、Webサイトを通してClubhouseの内容を外部に発信することを目的に実施しています。興味のある方は、DMをいただければと思います。
記事起こしの方もコミュニティー化してきていて、それぞれの交流も行われていて面白いですよ。Clubhouseの中で記事起こしや、ルームのタイムスケジュール公開を行っている方は少ないと思います。ご興味ある方は、是非是非ご一緒しましょう。
それでは、本日も、Satokiさん、ニックさん、Etsukoさんありがとうございます。それぞれ今日は何かアナウンスはありますか?って、SatokiさんのClubhouseで開催予定のルームを見つけちゃいました!今晩じゃないですか!

Satoki

satoki
そうですね。一ヶ月間にルームでお会いした、まさしぱぱさんという方が声をかけてくださいました。それ以降はほとんど話さずに今日を向かえてしまったのですが、何か起こるか、何も起こらないか気になりますね。ルームのテーマは、ADHD関連のルームになりそうです。

Rei

Rei
まさしパパさんは、出産や育児に関するルームを開催されていますね。彼がいつもやってる部屋の方々も集まり面白いですね。
Satokiさんはどこのルームでも話せる方ですよね。ご興味ある方はぜひご連絡ください。

Satoki
そうですね。場当たり的な暮らしをしているので、大丈夫ですよ。

Rei
そんなことないでしょう。笑
皆さん、今日もありがとうございました。

登壇者

Rei(@Savoy37
Satoki(@Satochik
ニック(@nikku511)

ゲスト

Etsuko Tsukagushi(@etsukot)

編集:ロガー

ジーコ

 

東京在住25年。医療・介護従事者と共に働いてきた経験から、主に介護職や介護者及び介護者家族、医療従事者向けにお役立ち情報やtipsを発信。最近の趣味はカフェ巡り。今年の目標は面白さを身につける。

Twitter:https://twitter.com/ji_ko1025
Instagram:https://www.instagram.com/kojicozy_place/?hl=ja

Clubhouseのおすすめルームカテゴリの最新記事