4月28日(木)22時:金融素人が教えてもらう部屋(NISA)

配信日時 4月28日(木)22時
タイトル 金融素人が教えてもらう部屋(NISA)
スピーカー Rei 、いさおmanamin、たく
、説明文 金融素人の2人がNISAについて0から勉強します:pencil:

物価上昇率?金利?
どこの口座を選ぶべき?
買うべきファンドは?

NISAのメリットをみんなで学んで効率よく積み立てましょう:wave:

ロガー Ana
※本記事に関する内容は、全てのスピーカーに記録および記事化の承諾の下掲載しております。なお、当メディアにおける記録および記事化のガイドラインはこちらをご参照ください。→詳しくはこちら

【ご注意】

※あくまで素人が素人に教えている会話なので、資産運用について成功を保証するものでははございません。ご了承ください。
※今回の書き起こしは読みやすさを考慮して、一部発言順序を入替えております。

「NISA」とは?

 

いさお

投資の仕方の1つに「NISA」がありますが、今日はどのように始めて行けば良いかをmanaminとたくちゃんに教えてもらう番組です。

Rei

ド素人に教えてください!

manamin、たく
僕らも素人なんですが(笑)よろしくお願いします。
ちなみに、今日の話は僕らの考えていることであって考え方は人によって様々なこと、了承した上で聞いてもらえればと。

「NISA」が導入された経緯

たく
まず、「NISA」の仕組みはどのような経緯で出来たでしょうか?
数年前に麻生さんが「老後2,000万円足りなくなるよ。(年金で払えないよ)」と発言して問題になったのを覚えていますか?

Rei
あったあった。

たく
あの発言には言葉足らずな部分があって、本当は「老後の生活を年金で満額保証出来ない可能性があるので、今の内に自分で資産形成をしておいてね。その為の仕組みを国が作ったので活用してね。」と言うことを伝えたかったんだと思います。

Rei
警鐘を鳴らしてくれたんですね。

たく
そう。それがあまりにも言葉足らずすぎて、「老後2,000万円足りないよ。」が先行してしまい、世間が「どういうことだ!」と反応してしまったんです。

manamin
「NISA」を知ってはいるけれど、実際は運用していない方がほとんどだと思います。私も投資ではなく、投資の練習だと思っています。

たく
僕とmanaminさんの間でも、投資に対しての考え方が違うと思います。

manamin
そうですね。投資の考え方は人それぞれなので。人生観や、どの職種に就いているかでも変わります。

「投資」と「投機」はどう違う?

たく
投資の種類についてですが、
大きい【投資】の傘の中に『株』『FX』『資産運用』『不動産』『太陽光』などの箱(投資の種類)があります。よく聞く「つみたてNISA」「NISA」「iDeCo」などは、資産運用の箱に入ります。「アメリカ株」「日本株」「投資信託」はよく聞くワードだと思いますが、「種類・手段」ですね。『株』の箱の中に「アメリカ株」「日本株」などがあって、『資産運用』の箱の中に「投資信託」あるイメージです。
同じ『投資』でも、長期的に見る投資や、より短期的にキャッシュフローを狙っていく投資など、非常に様々です。

いさお
「投資」と「投機」はどう違うんですか?

たく
僕の定義は”どれだけ時間をかけたか”ですかね。投機はギャンブル性が高いものが多いイメージですね。

manamin
そうですね。確実性の無いものや個別株を乗り換えする時は「投機」となります。Bitcoinも「投機」性が高いと思います。

たく
暗号資産は長期的に持つのであれば投資かもですけど、値動きはギャンブル性が高すぎるので「投機」に近いかもですね。

manamin
「投資」は、”その会社を信じて、資金を投下する”意味合いが含まれると思います。

たく
そうそう。
「株を買う」ということは、企業に株券としてお金を貸しているということと同義です。
①企業が資金を集めたい。→②集めた資金で自社の事業を拡大させる→③「業績が伸びたら「配当」としてお金を貸してくれた人達に還元する仕組みです。
目的はその企業の事業拡大なので、その企業が今後伸びると思えば株を買い、事業がシュリンク(収縮)しそうであれば、株を売るべきなんです。
1-2日で短期的に事業が伸びることは基本無いので、1-2日で株を売買するのは、本質的には添わない投資法です。マネーゲームに近いと個人的には思っています。

いさお
難しくなりましたが、「NISA」は比較的簡単で、短期でなく長期的な視点で運用するものですよね?

たく
そうです。国が、将来の為に「皆運用してね。」と作った仕組みですね。

いさお
manaminが資料を作ってくれたので、こちらを見て頂くとより理解が深まると思います。

NISAの仕組みについて学ぼう!

日本人の投資に対する考え方

manamin
まず根本的に、日本人は投資やお金についてあまり人と話さないですよね?

いさお
マネーリテラシーが低いとか、すぐ貯金してしまう傾向はありますよね。
投資に関しては学校の勉強で習っていないので、よく分からないんです。

manamin
そうですね。来年から義務教育で家庭科の授業の中で教えるようですが。

いさお
へ?!僕の親世代はバブルを経験していますが、その時に投資や投機で失敗した人が多いので、その話を聞いて株は「怖い」などネガティヴな感情を抱いている人も一定数いると思います。

たく
時代背景的に、かつては金利が高く、銀行に預けるだけで勝手にお金が増えていたんですよ。ゆうちょの定期預金の年利が8%の時もありました。

manamin
要するに、日本人は貯金が好きなんですよ。その中で今投資を勧める理由は、まず物価上昇率の問題があります。

物価上昇率について

manamin
日本の「日銀」の様な機関であるアメリカの「FRB」では、年間2%ずつ物価を上げる事を目標としていて、日本でも同じく、貧富の差が広がらない程度に徐々に上げていく事を目標としています。
今は、コロナの影響により23年度も達成が厳しいと黒田総裁が発表していますが、少しインフレに傾いている方が、景気が良いと言われています。

いさお
お金が多く消費されて物価が高くなるとマイナスイメージがありますが、物価も給料も上げる経済政策を取っていると。

manamin
アベノミクスがまさにそうでした。株価が少しずつ上がり、皆のお給料も上がっていくような。

いさお
要するに、国は軽くインフレ傾向にする施策を打つ場合が多いと言うことですね?

manamin
そうですね。苦手な方も多いかと思いますが、この機会にどの様な経済政策が取られているか知っていただけると嬉しいです。
インフレになり物の価値が上がると、相対的に現金の価値が下がるんです。

いさお
うんうん。

金利について

 

manamin
今の「2,000万円問題」が私たちの身に降りかかるのは20年ないし30年先ですが、同じ100万円でも今と将来とでは価値が変わります。
現に、100年前の100万円なら今よりもっと色々な物が買えたと思います。
資産の価値は物価上昇と共に上がっていくので、現金として保有するのはリスクで、資産として保有した方が良いと言われています。

いさお
日本はバブル以降の20年間、物の値段も給料もあまり上がっていない、つまりお金の価値が上がっていない物価上昇が低い状態だと思いますが、それでも投資をした方が良いでしょうか?

manamin
日本は日経平均高値を更新して3万円台まで回復しました。しかしアメリカや他の経済が強い国はどんどん物価上昇していくので、相対的に日本が弱まってしまう傾向にはあると思います。

いさお
たくちゃんも同じ見解ですか?

たく
そうですね。物価の変動や景気の調整は、国が行っています。
例えば、30-40年前のおにぎりの値段と今のコンビニのおにぎりの値段は全く違います。
100年前1,000円は物凄い大金ですが、そのままタンスに入れて放置すると今ならランチ1食分で終わります。
昔は景気が良く大金持ちの時代もありましたが、長い時間かけて円の価値が下がっているんです。でもそれを別のものに変えていたら、価値が上向いていた可能性もあるので、投資をしないこと自体が損失と言えます。

いさお
日本は景気が悪い状況が続いていますが、20-30年スパンで見るとアメリカの株は間違いなく上がり続けているので、”長期間株を持っていれば資産を増やせる”理解で良いですか?

たく
そうです。単純に人口が増えれば経済は回りますが、先進国の中で唯一人口が増えているのがアメリカなんですね。
世界経済を牽引しているのはアメリカの企業が多いので、今後数十年は全体的な経済は成長すると言われています。

いさお
長期的に見るという一例として、日本ですがソニーの株価が20年ぶりに上がり、90年代のバブル期と比較しても高値をつけていますよね。2003年のソニーショックなど調子が悪い時期もありましたが、20-30年経つと回復することもあり、長い目で見ると総じて上がっていっているということですね?

manamin
たまに凹みがあるのは、投資の基本の考え方ですね。

たく
そうですね。リーマンショックやコロナショックを誤差と見て長期で保有する方が、一時的な景気に左右されないので簡単かつ安全だと思います。

いさお
その様な考え方が前提としてあり、この後の「NISA」の説明に繋がるんですね?

manamin
はい。

NISAの仕組みと目的

manamin
通常、投資で利益が出ると20%税金が引かれます。
一方で「つみたてNISA」は年間40万円、「一般NISA」は年間120万円までの範囲で、そのお金を原資として得た利益は非課税で、20%の税金が引かれないボーナスチャンスを国が作ったんです。

いさお
なるほど。

manamin
また、投資信託は、投資のプロのファンドマネージャーが色々な金融商品を適宜組み替えて一定額の利益が出る様に作る金融商品の一つなので、素人があまり考えずに手を出しやすいです。

Rei
オススメセットみたいな感じですか?

manamin
分かりやすく言うとそんな感じ。

いさお
個別に株を買うのではなくて、投資会社さんにお任せするんですね?

manamin
そうです。また、先ほどの「老後2,000万円問題」や少子高齢化の問題があるので、「NISA」ではマイナンバーで証券口座を紐付けさせて、資産をどれくらい持っているかの統計を取る目的もあり、国として非課税運用のボーナスチャンスを出しているんです。

いさお
経済を回すだけではなかったんですね。

manamin
そういう裏の目的もありますね。

オススメの証券口座は?

いさお
証券会社は沢山ありますが、どこを選べば良いでしょうか?
僕が知っているものだと、楽天証券、SBI証券、野村証券です。

manamin
どの証券会社でも大丈夫です。

いさお
素人は迷っちゃうんですよ(笑)

たく
僕は、ネット証券が良いと思います。
窓口に行くと、とても丁寧に説明してくれますが、その人件費や店の賃料が手数料として運用費に乗ってしまうんです。
手数料数%と言われるとそこまで意識しないですが、先ほど言ったように長期型なので、長く保有する中で1-2%の手数料がどんどん積み上がって行くんですよ。
裏返すとネットは人件費・賃料の手数料がかからないので、ある程度理解した上で開設するのであれば、絶対にネット証券が良いと思います。

manamin
ネットでの私のオススメは、SBI証券か楽天証券です。

たく
僕はSBI証券ですが、楽天ポイントを活用できることを考えると楽天証券にしておいた方が良かったかなと少し思っています。楽天でお買い物をよくする方は、楽天で良いと思いますよ。

manamin
私もSBI証券です。利用している人が多いし、25歳以下なら手数料を無料にする話も出ているので、若い人口が増えて行くのではと踏んではいますが、好きな方で良いと思います。

「一般NISA」と「つみたてNISA」の違い

いさお
「NISA」には、実は色々な種類があります。「一般NISA」と「つみたてNISA」をメインに話をしましたが、「ジュニアNISA」もあるんですね。

manamin
「ジュニアNISA」はお子さん向けですが、2023年で終わってしまうので気になる方は調べた上で始めるのが良いと思います。

いさお
「一般NISA」と「つみたてNISA」では、期間と限度額だけではなく投資対象も違うのでしょうか?

manamin
上場株式の中でNISA対象となっている個別株を買えるタイプが「一般NISA」です。NISAでは、国が「そんなに大きく損はしないよ。」とお墨付きを与えた株しか買えないようになっています。

たく
「一般NISA」は限度額が年間120万円迄かつ最大5年間なので、合計600万円ですね。
それを運用して得た利益が非課税になります。
一方で「つみたてNISA」は年間40万円で月33,333円しか投資できませんが、最大20年間なので合計800万円なんですよ。
つまり、運用できる金額で言うと、「つみたてNISA」の方が大きいです。

いさお
なるほど。

いさお
ちなみに「一般NISA」と「つみたてNISA」は同時に運用できますか?

たく
できないです。

いさお
残念です。どっちか選んでやりましょう。

manamin
「一般NISA」を始めて最大の5年間が終了してから「つみたてNISA」にスライドすることは確かできるはず。

たく
先程も出ていた通り、NISAは国が認めたボーナスチャンスなので、満額で運用する方が、NISA・つみたてNISAのメリットを最大限享受できます。
「一般NISA」なら月10万円、「つみたてNISA」なら月33,333円が良いですが、月10万円も運用に回せる人は間違いなく富裕層なので、「つみたてNISA」を選ぶ方が多いですね。

manamin
「つみたてNISA」の方が楽だと思います。「一般NISA」だと選ぶファンドも増えてくるし、面倒な利確・損切りをするタイミングも多少出てくるので。

いさお
「一般NISA」はあまり放置が出来ないんですね?

manamin
そうそう。放置できるのが「つみたてNISA」の醍醐味ですから。

いさお
今までの話を簡単にまとめると、まずはSBI証券か楽天証券で「つみたてNISA」を始めてみましょうと。

manamin
ケータイと身分証明書があれば家でも開設できるので、まずは口座を開きましょう。
ネット証券のサイトを開いて必要事項を入力して、後日家にIDとパスワードが来たらアプリをダウンロードしてログインするだけ。
お給料の銀行口座と紐付けて、最初に40万円一括で入れたり毎月33,333円ずつ自動的に運用に回したり、それぞれ好きな様に設定できます。

いさお
期限はあるんですか?今から始めてもフルの20年間使えないことはない?

たく
それは大丈夫です。早くに止めることもできますよね?

manamin
利確(利益を確定)して止めることもできます。

いさお
急にお金が必要になったら、「NISA」を止めて現金に戻すこともできる?

manamin
それもありです。だから女性にはiDeCoより「つみたてNISA」をオススメするんです。

いさお
iDeCoは年金の?

manamin
iDeCoは年金の同じ様な仕組みですが、60歳まで引き出せないんです。

いさお
その分、税金などが有利になる?

manamin
そうです。女性は結婚、妊娠、出産するタイミングで収入が減り、定期的にお金を入れ続けるのが難しい場合がありますが、「つみたてNISA」だと現金が必要になったら引き出せます。

いさお
ちなみに「利確」とは、投資したものの金額が高くなり、利益が出る分だけ売ってしまおうというもの?

たく
そうそう。100円で購入したものが120円に株価が上がった場合、その時に利確したら20円、つまり20%上昇した状態で利益が確定されることを「利確」といいます。

Rei
利確した時は、手数料がかかるんですよね?

manamin
多少手数料はかかりますが、誤差だと思います。「NISA」をやらない方が機会損失ですね。

どのファンドを選んだら良い?

いさお
今日オーディエンスの皆さんが一番知りたい情報だと思いますが、個人の見解を前提とした上で、一体どの投資信託を買ったら良いでしょうか?

manamin
私は、米国株式インデックスですね。日本株なら、レオス(投資信託会社名)のひふみ(商品名)です。

たく
ファンドとは、投資信託会社のことです。投資信託の運用の方法は「インデックスファンド」と「アクティブファンド」の2種類あります。
「アクティブファンド」は、証券会社のトレーダーが「あの会社が最近業績が良いらしいから、あそこにお金を回そう」と指示したり、要は「人」が運用しているんです。
それに対して「インデックスファンド」は、日経平均などの経済指標と同じ動きをするように機械的に自動で売り買いをする仕組みで、ほぼ人が介在しないんです。
ちなみに、過去5-10年で区切った時に、どちらの方がより上手く運用されていると思いますか?

Rei
上手くいっている確率であれば、「インデックス」の方が高いんじゃないですか?

たく
おっしゃる通りで、人が介在せずに機械的に運用しているだけなのに、「インデックス」の方が、利益が大きんですよ。これは証券マンにとって不都合な真実でもあるんですね。

Rei
何でそうなるの?

たく
機械的な方が強いからですね。

manamin
結局は欲との戦いなんですよ。良い時にもうちょっと伸びるだろうとタイミングを逃したりね。

たく
そう、だから欲など関係なく、機械的に売買をするインデックスの方がうまくいくんですよね。
今買うなら『米国式インデックスファンド』一択だと思います。

いさお
色々ご意見あるかも知れませんが、この番組では『米国式インデックスファンド』一択で進めます。

manamin
もし日本株を買いたい人は、レオスのひふみにしてください。

たく
ひふみは「アクティブ」ですが、投資信託会社の藤野さんがとても有能な方なので、アクティブだけど良い成績を残されています。本も色々出版されていますね。

manamin
投資の難しい話をせずに生き方を説く本をよく書かれていて、私は「投資家みたいに生きろ」を読んでいます。

いさお
米国式インデックスが良いとのお話でしたが、SBI証券や楽天証券など数ある中でどれにすれば良いですか?

たく
SBI証券や楽天証券は会社が違うので、金融商品名も変わりますが、仕組み自体は同じです。
例えば資料に「SBIバンガードS&P500」とありますが、これは「SBI証券」で買える、アメリカの経済指標「S&P500」に連動するインデックスファンドの商品名なんですよ。
その下の「楽天emax slimS&P500」は、楽天証券の中で「S&P500」に連動する金融商品名ですね。
いずれにせよ、「S&P500」に連動するように株価が動く商品なので、結論どちらでも良いです。

いさお
「S&P500」については、スライドの2ページ先にmanaminが詳しく書いてくれているので、後ほど説明があります。

「日経平均225」と「ダウ平均株価」について

manamin
「日経平均225」とは、代表的な一部上場企業の225の銘柄を元に作られた株価指標です。その中でUNIQLOが占める割合が大きいので、ユニクロ平均指数とも言われます。

Rei
なるほどね。

manamin
225社は、1年で1-2社選別される程度なので、割と流動性がないんですね。だから、日本株では日経225に連動したインデックスファンドよりも、アクティブに組み入れを変えているひふみをオススメします。

たく
補足すると、日本は一度上場したら経営が悪化しても中々上場廃止にはならないので、業績が落ちている企業も含んだ上での平均が日経平均となり、指数が上がりづらいんです。
なので、こと日本の投資信託商品においては、日経平均に連動する投資信託よりも、
ひふみのようにアクティブに運用している方が利益が上がりやすいこともあります。

manamin
もう1つの「ダウ平均株価」は、アメリカ経済を代表する30銘柄で構成された株価指標です。大国で会社も沢山あるのに30銘柄なので、平均性が取れているかは一概には言えません。

「S&P500」とは?

manamin
一方で、「S&P500」はアメリカの主要な上場企業の中で、流動性のある500銘柄で構成されています。

たく
調子の良い500社の企業が集められるので、入れ替わりが頻繁にあるんですよ。

いさお
それが流動性という意味ですね。

manamin
「日経平均225」よりも「S&P500」に居座ることが難しいので、それ自体がアクティブ投資ではないけれど、「S&P500」と連動した投資信託を買うのがオススメです。

いさお
賛否両論あるかもしれませんが、インデックスで「S&P500」と連動する投資信託を買うのがまずベターな選択肢なんですね。

たく
無難ですね。

 

アメリカ株は今後も上がる可能性が高い

manamin
次の表が、「S&P500」と「ダウ平均株価」の直近20年の推移です。

いさお
いずれにしても、2.5倍くらい上昇していますね。

manamin
2008年にリーマンショックがあり少し凹んでいますが、先ほどお話した物価上昇のインフレ率に合わせて少しずつ右肩上がりになり、徐々に上がって回復しているのが分かると思います。
経済危機が起きても、長期で保有しているとそれは誤差になり、経済は上がっていくことを示しています。

いさお
なるほど。だから、投資や「NISA」がオススメなんですね。

たく
また、日本はリーマンショックで株価が下がってから同じ日経平均に戻るまで十数年かかり昨年ようやく回復していますが、この表にある通りアメリカは1年で回復しているんです。そこも、アメリカを買った方が良い理由の1つですね。

いさお
国として若干伸び悩んでいる日本よりもアメリカの金融商品を買った方がいいということですね。
ファンドの選び方の詳細についても教えてください。

ファンドの選択について

manamin
一択だと、多少アンテナ張って株価をチェックしないと下がった時にメンタルが保てない方もいると思いますが、SBI証券のアプリなど自分の投資スタイルに合わせて適切な金融商品をAIで診断してくれるシステムもあるので、それを使うのも良いと思います。

いさお
上級者向けですね。次の「ドルコスト平均法」とは何でしょう?

「ドルコスト平均法」とは?

manamin
「ドルコスト平均法」は最強の投資手法と言われていて、毎月または毎日、一定金額ずつ継続して金融商品を購入する方法です。

いさお
リーマンショックなど安い時に買うのではなく、何も考えずに同じ額を定期的に買い続けた方が良いんですね?

manamin
そうです。「つみたてNISA」の様に毎月33,333円入れ続けると、株価が高い時は買える株が少なくなりますが、逆に下がる時があると沢山買えるので、平均的にならしていくと利益が出やすい買い方なんです。

たく
あとは、原資がなくなるのを恐れている人は多いと思いますが、そのリスクヘッジにもなりますね。

いさお
マイナスが出にくい?

たく
そうです。

いさお
まとめると、利益が大きく出る買い方ではないですが、定期的に同じ金額ずつ買う方が落差が出にくいのでチャートを見る必要もなく、簡単だし精神的にも安定する方法が「ドルコスト平均法」なんですね。
年間で40万円投資できなくても、年間12万円使える人は毎月1万円ずつ買った方が良いと?

manamin
そうですね。毎月33,333円満額入れる必要はなく、20代前半でまだ余裕がない方は、月額1,000円からでも運用できます。先ほどのグラフのように物価は少しずつ上昇するので、お小遣い程度でも早い内から始めた方が良いと思います。

「複利」は、人類史上最大の発明!

manamin
あとは、「複利」の考え方が大事ですね。

いさお
例えば、「つみたてNISA」で最初年間投資した40万円が50万円になると、10万円増えているじゃないですか?翌年は、その50万円でまた投資されることを「複利」と言うんですか?

manamin
そういうことです。

たく
かのアインシュタインも「人類史上最大の発明は複利だ。」と呼びましたが、利益が出たものにさらに利子が乗る仕組みを「複利」と言います。
例えば、電卓を開いていただいて、100万円に年間+5%と仮定して1.05を掛けて、イコール=を10回押してみてください。

いさお
Reiくんどうですか?

Rei
計算したら162万になった。

たく
それが投資11年目の金額ですね。二次関数的なカーブを描いて伸びるので、継続すると、とてつもなく大きい金額になっていくんです。

いさお
増える利益も毎年さらに大きくなると。

たく
そうです。20年後になると、100万円が2倍以上になるんです。
これが複利の力で、例えば最初は+5%だった場合、1年後に増える金額は5万円だけでしたが、これが30年経つと1年で20万円、40年後には1年で40万円増えます。
これは+5%で運用した場合ですが、逆にこれが-0.95だったら、同じような複利の力でその分年を重ねるごとに、どんどん下がっていくんですよ。
だから、先程の表にあるように株価が上がる可能性が高い、つまりアメリカ株がオススメなんです。

いさお
なるほど。

たく
もっと言うと、長期間になればなるほど、上がり幅がどんどん膨らむので、少しでも早く始めた方がいいんです。
今が一番人生において若いので、今すぐやらないことが損しているんですよね。
自分も、大学生から月に1,000円からでも始めておけば良かったと後悔しています。

いさお
早くやればやるほど複利の力でお得になるんですね。

いくらから始めたら良いの?

いさお
いくらから始めたら良いか迷いますが、今のお話にあったように少額の1,000円からでも価値があるのが分かると思います。

manamin
余裕のある方は、40万円の非課税を無駄にしないように月33,333円の満額マックスで運用しましょう。

投資はあくまで自己判断で始めよう

manamin
色々お話ししましたが結局は自己判断なので、損をしないようにご自身でファンドなどを調べてから運用を始めてください。

いさお
経済状況の勉強にもなるので、お金以外の利益が得られる可能性もありますね。その中でも「つみたてNISA」は比較的簡単に始められるので、入り口としてまず始めてみましょうと。

manamin
まずは証券口座を開いて1日でも早く始めた方が良いと思います。

今日の振り返り

いさお
僕も実は昔「NISA」をしていました。その時は窓口に行って開設したので手数料などが取られて利益があまり出ずやめてしまいましたが、今日の話を聞いてまた始めたいなとやる気が出てきました。
Rei君はどうですか?

Rei
なんとなく概要は掴めたので、まずはSBI証券などで始めようと思いました!

たく
今日、僕が伝えたかったことをプロフィールにまとめました。

・「つみたてNISA」をやらないことが、実は機会損失。
・証券口座のオススメは、ネットオンリー。
楽天orSBIがオススメ
・「NISA」<「つみたてNISA」
・買うときは、S&P500に連動する商品を。
・買う金額は、自分に合った金額を同額コツコツ。(最大33,333円/月)
・複利享受の条件は「株価が上がっていくこと」×「長期間投資」
「株価が上がっていくこと」=米国投資信託(S&P500)
「長期間投資」=若いことが最大の武器
・今が一番若いよ、みんな。

いさお
さすが!なるほど。

manaminとたくさんの運用収益を公開!

いさお
ちなみに、manaminさんが昨年7月から始めた結果、15%ほど利益が出て10万円程プラスが出ていますね。

manamin
悪い日でも15-20%程は出せます。私の場合は昨年から40万円以上程運用に回しているので、ここでは収益額よりも「収益率」を見て欲しいです。収益率が上がっている方が、成績が良いです。

たく
僕もmanaminさん同様その他も投資しているので、合計利益はもっと出ていますが、
つみたてNISAだけで言うと、昨年7月頃から始めて64,000円程プラス。
収益率は16%位ですね。

manamin
この積み上げが老後資金になるので。

Rei
毎月いくら運用していますか?

たく
僕は毎月33,333円です。6万円の利益なら大したことないですが、まだ1年経っていないので、毎年増えるのであれば良いと思います。

いさお
これが10-20年後にはもっと増えていくんですね。

最後に

さあ、証券口座をすぐに開設して、積み立てNISAを始めよう。※わからないことは、質問かDMでお願いします。byまなみん

 

次回もお楽しみに!

Rei

今回は「金融素人が0からNISAを教えてもらう」番組で、生徒役としてお聞きしていました。
今度は「NISAで買ってみた!」番組を開きたいので、ぜひまた来ていただければと思います。
次回もよろしくお願いします。

 

メインスピーカー

いさお(@fujiwara1981)

Rei(@savoy37)

manamin(@manami516783201)

たく(@taku0513)

引用資料

manamin作『NISA』↓

https://onedrive.live.com/view.aspx?resid=BCAF13B3606D91FD!278&ithint=file%2cpptx&authkey=!AJYpXNTfYnPt560

 

ロガー

Ana

na

アラサー会社員/兵庫→大阪→関東圏/EC運用・プロモーション/パレットメディアでロガー担当始めました!

Twitter:https://twitter.com/ana_chpm

Clubhouseのルーム検索カテゴリの最新記事