5月23日(日)22時:【 Weekly News 】今週の世界を振り返る5/17-23

配信日時 2021/5/23 22:00~23:00
タイトル 【 Weekly News 】今週の世界を振り返る:calendar_spiral:5/17-5/23
スピーカー KarenReiSatokiいさお
説明文 日曜日です。
平日毎日23:30-0:00でシェアしてきた今週の世界の出来事を振り返り、気になったものについて深掘りします。
日々目まぐるしく変化していく世界について、みんなで考えてみませんか:earth_americas::earth_americas:
:earth_americas:今週の深掘りテーマ:
✔︎【ヒト】「月10万5000円のベーシックインカムついに支給開始、サンフランシスコがアーティスト対象に」✔︎【ヒト】「「個」の時代がやってきた。教育はどうあるべきか」
ルームURL Clubhouseの部屋へ
ロガー ジーコ
※本記事に関する内容は、全てのスピーカーに記録および記事化の承諾の下掲載しております。なお、当メディアにおける記録および記事化のガイドラインはこちらをご参照ください。→詳しくはこちら

Karen

2021年5月23日(日)ということで、毎日平日23:00から30分間お届けしている日々のニュースを振り返ります。今日は2021年5月17日(月)から23日(日)までの1週間です。先週の分は記事化しています。(こちら

 

今週の主なニュースは以下:

1.Facebookの音声SNS参入 競争はあるか

2.コロナ関連

テレワーク やめたい 出社したい

海外だと自由が戻ってきた

3.ビジネス関連

米国のアジア計収入が白人を平均上回る トップはインド系 日系3位

・パナの50代狙い撃ちリストが正解なのか。退職金4千万円上乗せされた。

4.世界情勢関連

・イスラエル・パレスチナ紛争

 日本人にかけている視点ハマスがテロ組織 イスラエルとハマスの戦争

5.人関連

ブラック在宅どう管理するか

木村花さんへの中傷 男性に129万円の賠償命令

6.環境・食べ物 そんなにない

7.その他

 宇宙関連 宇宙枠をつくってほしい

8.サイエンス枠がほしい

9.その他

外泊した日は家賃が減額、どんな物件なのか

その他ニュース一覧は以下:

2021年5月17日(月)2021年5月18日(火)2021年5月19日(水)

2021年5月20日(木)

2021年5月21日(金)

【インデックス】

①今週のニュース深堀り「月10万5000円のベーシックインカムついに支給開始、サンフランシスコがアーティスト対象に」

・実際はどこまで広がっている?

・労働者にお金を回す仕組みとしてのベーシックインカム

・アメリカの現状は?

・チャレンジを支援するベーシックインカム

②今週のニュース深堀り「「個」の時代がやってきた。教育はどうあるべきか

・これからの教育はどうなる?

・守破離が大切

・各国それぞれ、教育には課題がある

・これからの教育は情報の検索力が重要

Karen

今日の深堀りニューステーマは2つあります。ベーシックインカムについてと、個の時代における教育について。詳細はパレットメディアのツイートを参照してください。

 

今週の深掘り①:ベーシックインカム

Karen

ひとつめの記事は、サンフランシスコが、10万5000円/月のベーシックインカムをアーティストを対象に支給を開始したというニュースです。5月21日から130人のアーティスト・芸術家を対象に最低所得保障・ベーシックインカムのパイロットプログラムにおいて、月1000ドルの支給を開始しました。

【実際はどこまで広がっている?】

いさお

ベーシックインカムを受け取っている友達とか知り合いはいますか?

Rei
いやーいないですね。そもそも、やってる人はいるんですか?

いさお
国としては、やっているところもいくつかあります。
僕は、ホリエモンオンラインサロンに入っていて、そこで実験しているんですよね。
それで毎月、レポートを書く代わりに、10万円位もらっているのかな?
みんなの周りにもいるかなと思って質問しました。
ホリエモンは、ベーシックインカムの推奨派として有名ですよね。
色々な記事でも出ていると思います。

Karen
アメリカとかでは、実現に向けて積極的だけれども日本はどうなの?

Satoki
維新の会が推奨してます。公約に、確か入っていたと思います。

いさお
ただ、ベーシックインカムは色々なメリットや理想論はあるが、うまく行っている国を見たことがないですね。フィンランドとか有名ですよね。

Karen
ネガティブな面でいうと、働かない人が出たり、タバコや酒に使うのは誤りだというような内容も書かれてますね。

Rei
今回アメリカの方で、この記事の1000ドルのベーシックインカムをやる1年前に、500ドルで1年間実験していたんですね。それをやった結果、人が良い方向に動いたということで、今回実施の方向になったみたいです。
実際、ベーシックインカムを受給した人間は、フルタイムの雇用が年間12%増加したり、生活基盤が整って働く準備ができた等、良い方向に動いたようです。それに、タバコや酒にベーシックインカムが使われたのは、1%にも満たなかったということで、結果としては、人が良い方向に動いたとみられたようです。

Karen
それは良い方向だね。でもこれで本当に格差はなくなるのかな?

Rei
格差を埋めるためではなくて、たぶん、労働状況などその人達の生活の質がどれだけ改善されるかなどの、個に注目したアクションだと思いますね。

いさお
例えば、チャレンジしやすくなりますよね。給料を理由に大手企業に勤めている人が結構多いと思うのですが、条件面などでチャレンジしたいけどやめられないとか、家族にブロックされるとか色々あると思うんです。ベーシックインカムでチャレンジしやすくなる。その結果、経済が活性化するというのはあるかもしれないです。

Karen
アメリカとかだと、人種間格差を無くすと言ったりしているなと思って。

いさお
確かに生活の最低基準を埋める意味での格差を無くすと言えますね。低所得者と中間層を埋める意味です。ただ、富裕層との格差は埋めづらいですけど。
お金があると、結構、生活の判断ができると思っていて、そういう実験も実際あるようです。お金が無い状態だと結構不安になったり、目先の利益に食いついてしまったりと、正確な判断がしにくくなると思っているので、ベーシックインカムで、これを防げそうです。

Rei
ちなみにここで、ベーシックインカムが上手くいっている、いっていないという話が出ましたけれど、フィンランドで過去に2年間ベーシックインカムをやったときは、25歳~58歳の間でランダムに2000人に実施したようです。分析には良かったかもしれないですが、結果は、今回とは違って良し悪しが出たようです。

いさお
まあ良い悪いかは別として、実験しないとわからない内容だと思います。
ベーシックインカムは、上手くいく方法に関しても、現状は机上の空論的な部分が大きいので、日本でもスモールスタートでやってほしいと思います。
海外で上手くいったからといっても、日本人の文化やメンタリティーでは、上手くいくかはわからないと思います。だから社会実験をもっとしてほしいです。

Satoki
大阪府は維新の会じゃないですか。
もし、この時期にコロナがなかったら、やりたかったようですよ。
吉村知事も、この時期にやろうとしていたようですが、コロナで完全に潰れてしまったみたいです。最近は、逆に、今こそベーシックインカムを!ということを打ち出したことがニュースになっていました。
だから、ぼちぼちやるんじゃないですか。

Rei
このタイミングでかぁ。

Satoki
格差が広がる現状では、ますます、やるべきだと発言していましたよ。

【労働者にお金を回す仕組みとしてのベーシックインカム】

Satoki

第三次産業とか一番利益の薄いところから潰れていっている現状じゃないですか。当然そこで働いていた従業員へのお金の巡りはなくなり、その分の回らないお金は富裕層にとどまっている。血流が止まってしまうイメージ。それをどうにかするためには、まず富裕層から高めの税を取る。それを回す意味での、ベーシックインカム。このようなものには、色んなやり方がある。
所得税が15万円あるうちの、5万円を税金として払って10万円をもらうというような方法があったり。給付付き税額控除とか、色んな方法がある。
これもまた、ベーシックインカムそのものではないけど、近い動きや方法はいくつかありますね。

Rei
結果、個人負担の軽減につながるような施策ということですね。
維新の会のものは、結構面白いですよ。月6万円から10万円の一律給付になっているようです。

Satoki
そうそう、これはすごくわかりやすくなっていますね。
わかりやすさというのが、政治する上では大事になってきますから。
さっき僕が話した、給付付き税額控除というのは、すごくわかりづらい。
誰が得して、誰が損してるんだろうかとか、気になっちゃうんですよ。このようなものは支持されない。そこで、維新の会は、大阪を見て知ってるので、ストレートに払うで踏み切ったんだと思います。

いさお
対立構造を作らないように導入している、ということですよね。
政府がやるのはこのようなもので、市民団体などがやるのは、条件をつけて行うようなものだと面白いかもしれないですね。

Satoki
それは面白いかもしれないですね。

いさお
ベーシックインカムは、全部に均等に配分するパターンか、一定の職業に対して配分するパターンか、困っている人たちに配布するパターンか、確か3パターン位に分けられていたと思います。

Satoki
うん。今回のコロナ給付では、ベーシックインカムが別の名前で実施されてたりするよね。

いさお
まあ、持続化給付金みたいなものとか。分かりづらいですけどね。

Satoki
これもまた、ベーシックインカムの一種と考えられるわけで。

Rei
まあ、確かに給付ですもんね。

いさお
そうそう。生活保護とかも広義では、ベーシックインカム。

Satoki
そうそう。すでに、実行されているものもありますね。生活を保証するために、いくつかの給付金などを一回取りやめにしなければ、財源が確保できないですよね。変えることを前提に計算されていると思います。日本はやろうと思っても財源が足りなさすぎる、税金が足りなくなりすぎる位、税金対策の上手な富裕層が超富裕層になってしまっていますね。

【アメリカの現状は?】

Rei

もともとのサンフランシスコの記事に戻りますけれど、結構サンフランシスコ市内では、家賃が上がりすぎていることが、この記事の背景にありますね。

今回の記事はカリフォルニア州の、サンフランシスコ市が対象です。カリフォルニア州のオークランド市も、人種による貧富の差を減らすために、有色人種の低所得世帯を対象に、毎月500ドルのベーシックインカムを開始するようです。今年の夏までには開始し、1年半くらいは継続するみたいです。

 

Satoki
一番やりそうな市が始めたよね。アメリカの中で。

Rei
オークランドはそんな場所なんですか?

Satoki
すごいリベラルな場所ですよ。
ビーガンとか、ダイバーシティーを大事にする場所です。
アメリカの中で、一番住みやすいし、住みたい場所No1。何年か連続で1位なんじゃないかな?僕も、滞在してみたい場所です。

Karen
それは知らなかった。

Rei
もともとは、去年の実験したのは、同じカリフォルニア州のストックトン市ーそこで、いい結果が得られたから、今回は、サンフランシスコ市とオークランド市で実施するようです。

Satoki
やっぱりカリフォルニアがやるんだね。
カリフォルニアには、ディズニーランドがありますが、そこで働く人達のことが、よく問題提起されます。そこで働くキャスト達の給与は、ほとんど上がってないにも関わらず、その周辺の家賃がすごい上がってるんですよね。だから、ディズニーランドで働くために、ホームレスをするという人が増えていて、キャストがやりたいから、居続けるけど、家がない状況。だって、家賃払えないから。夢の国はどこへ?というようなコラムがNYTimesに載っていた。

【チャレンジを支援するベーシックインカム】

Rei

最初の話ですが、ホリエモンがベーシックインカムをやってるというのは、聞けてよかった。そんなのやってるんだと思ってびっくりしました。

いさお
5人くらいに対して、10万円位渡してるんじゃないかな。
まあ、結構チャレンジングな仕事してる人や、この人は仕事を何やってるんだろう?みたいな人がよくもらってますよ。
ベーシックインカムがあると、仕事が辞めやすくなるというか、もしかしたら企業側もベーシックインカムがあると解雇しやすくなるんじゃないですかね。

Karen
なんか、やりたいことをやれるようになりそうなイメージがありますね。

いさお
そうですね。今後、産業の変化とか、当然起きて来ると思うし。今回のコロナや、AIが進んでいく中で、新たな仕事をやる場合は、ベーシックインカムのほうが進みやすいんじゃないですか。あと、名前も良いと思います。「ベーシックインカム」ってわかりやすい。失業保険や生活保護などは貰いづらい気がするので、ベーシックインカムのほうが良いと思います。

Satoki
それこそ、福岡とかがやりそうな気がしますね。

Rei
福岡って、意外と新しいことを率先してやるような地域なんですね。

Satoki
福岡は新しいことをやるのが好きなんですよ。このようなことをやるのが福岡の仕事というような自負もありますよ。

Rei
ちょっと意外でした。

Satoki
だいたい、新しいことをやる人は福岡出身で、東京から帰ってきている人なんですけどね。

福岡の市役所に勤めている人たちは、ベンチャー出身の人が多いです。長崎の大村市とか福岡市が特にアツいですね。日本で一番勢いがあるベンチャーと聞かれたら、僕は、大村市と福岡市と言ってもいい、というくらい激しい動きをしていますね。

Rei
ベーシックインカムは、今後も増えていきそうですね。

いさお
そうですね。増えていきそうですけど、時間がかかりそうですね。
たぶん2018年位から国としても、海外でも、導入されて来ていますけど、4年経ってこれぐらいの進捗度ですから。

今週の深掘り②:個の時代の教育について

Karen

ふたつ目の記事は、「個」の時代がやってきた。教育はどうあるべきかです。
ここでは、個別化教育がたくさん出てきます。生徒一人ひとりの教育に焦点をあてた、個別化教育が脚光を浴びています。

【これからの教育はどうなる?】

Satoki

これは、みんなとどう思うか議論したくて、俺が挙げたものです。
どんな教育が今後されるべきなんだろうとか、自分が子供の頃、こんな教育あったら良かったのになーと、大人になった今だからこそどう思うかとか。個別化というテーマに乗せながら話せたらと思いました。

Rei
ここで言う個別化というのは、個別化教育。だからそれぞれの人にあわせた、カリキュラムを組んだ教育が良いんじゃなかろうか、必要なんじゃないかという話ですよね。

Satoki
一人ひとりの進捗度にフォーカスして、飛び級もありという話も含めてですね。

Karen
飛び級もぜんぜんありだと思う。

Satoki
逆に言ったら、一個下の学年をもう一回学ぼうというのも、前向きだと思いますね。
この記事では、今の現状で、いきなり始めちゃったら、お前遅れてるみたいなことが起こるかもしれないけれど、これは一過的なものだから、すぐに無くなっていくとみています。そのほうが良いか、そういう形になっていくのだろうか、これがベストなのだろうか。これはどう思うか?ベストなのか?このようなところを議論していましたね。

いさお
組み合わせみたいなのが、一番良さそうなイメージなんですけど。

Rei
確かに。用意されたプログラムを勉強するのは良いと思うけど、自分で学びたいものをピックアップしていくのもありだと思います。これによって、人の趣味趣向が分かれていく部分もあると思うし、人それぞれの知見がつくというのも、良い効果として期待ができると思います。これによるデメリットは不明ですが。

いさお
そもそも、個別化できるの?

Satoki
先生足りないし、先生の知識も足りないと思う。

Rei
一人ひとりに教育をする意味だと、多分人員は圧倒的に足りないでしょうけど、自由な学びの場を与える意味だと、教える側の人数はそこまで増やさなくて良いんじゃないかなと思います。

Satoki
確かにそうですね。ただ、先生たちの仕事という意味で、子どもたちの仕事と向き合うというよりは、判断をするために要する時間が増えてしまうかもしれないですよ。ただそれもデータがあればAIに任せる事はできるかもね、この傾向にある子なら、飛び級させて良しとか。

いさお
ただ、そこで大丈夫な子もいれば、だめな子も居て、だめな子とかに対して、個別に先生が登場するようなイメージでしょうか。

Satoki
そのとおりだと思うなぁ。
そうすれば、今まで人的リソースを使っていた部分を機械とかAIに任せて、個別は難しいところを人がやるみたいなイメージですね。リソース配分としてはなんとか上手く行きそうという感じでしょうか。もう教育機関は、こんなことを考えてそうですけどね。

いさお
過去の授業を振り返ると、本当にYoutubeでよかったと思う授業がいっぱいありますもんね。

Satoki
リクルートがスタディーサプリという事業を始めたが、これが画期的でしたね。今では、Youtubeでただで見れるような状態になってしまってるけど。その前は、これが力を持っていました。980円/月々だったかな。僕が昔予備校でお世話になっていた先生も、三人くらい入っていて、僕もどんなふうにやってるか知りたかったから登録しました。

Rei
実際どんな感じだったんですか?

Satoki
始まった1年目から登録したら、授業見放題というだけで、カリキュラムやスケジュールは自分で組まなければいけなかったんですよ。だから、これはしっかりした子にしかできないだろうなとは思いながら見ていました。そしたら、その次の年くらいに月額1万円へ金額が上がりました。

Rei
え、がっつり上がりましたね。

Satoki
2つ用意されていて、上がった方は、慶応とか早稲田とか明治大学生の方が、一人ひとりの子どもたちにチューターとしてついて、テキストでやり取りできたんですね。一人が何人かを受け持っていたと思いますが、テストの結果とかを聞いて、時間割を組んでくれたんですね。

Rei
はーすごいなー。

Satoki
それで、質問をしたら先生がLINEみたいに答えてくれる。

Rei
それ、授業自体は双方向なんですか?一方向なんですか?

Satoki
双方向は流石に難しいので、それは、一方向です。
ただ、週に1回だけ英語で有名な関正夫先生がライブ授業をやってくれていたんです。この方は、結構すごい先生で、書籍とかを出しまくっていて、看板の先生だったんです。
そこから、スタディーサプリイングリッシュが始まって、TOEIC対策に発展していきました。でも、このあたりから、Youtubeで似たようなものが大量に出てきて、結構有名な先生が、予備校を辞めてYoutubeで授業を始めちゃったんですよね。

Rei
わかりやすい流れですね。囲えなかったんだ。

Satoki
そう、側から見ていても、Youtubeですぐに見れるようになるだろうと思ったし、結果的に今そうなってる。
でも自分が学生だった頃にスタディサプリやYoutubeがあったら、学校に行かずにこれを見ていただろうなって思います。学校の先生より確実に良いもん。
先生にとってみると、やった分だけお金で返ってくるわけだから、学校の先生より頑張っちゃうよね。

Rei
個別化については、どれぐらいリソースを割くのか、というところが鍵だと思うなー。

Satoki
最初は、先生がめちゃくちゃ戸惑うと思うんですよね。半分くらいの先生しかできないと思う。色々な教育現場を回っていますけど、無理だろうなというのはすごく感じます。一部の学校の先生だけができると思います。

いさお
なんか学習塾のほうが、個別最適化っぽいイメージがあるんですけど。イメージだけですかね。

Satoki
そのとおりだと思いますよ。学習塾は個別化を中心にやっているし、それに学習塾の先生は、必ずしも教員資格を持っていないので、学校の現場で働くことはちょっと厳しいんですよね。

いさお
学習塾は個人でお金を払っているのはありますけれど、学習塾のほうが、苦手な科目を克服するような取り組みは進んでそう。

Satoki
学校は大きく置いていかれましたよね。学校で、塾の宿題やっていたもんね。

Rei
受験勉強していると、学校の勉強が易しく感じるじゃないですか。

Satoki
確かに。学習塾は勉強を先取りするからね。

Rei
中学受験の勉強をしていたら、小学校の勉強ってメチャクチャ簡単に感じるし。高校受験の勉強をしていたら、中学の勉強がめちゃくちゃ簡単に感じるみたいな。

【守破離が大切】

Satoki

ちなみにこの記事で気になっている言葉があって、守破離という言葉が出てくるんです。

いさお
僕も大好きですね。その言葉。

Satoki
これは、大好きな言葉なんです。子どもたちに教える基準として、自分も意識しながらやってます。守って破って離れるという順番。

守ー基礎を学んでルールを身につけること。
破ー型破りを行い、思考破りを繰り返しながら自分なりの形をつくること。
離ーそして最後に離がくるんです。

この感覚を小学生時期から言っている子がいたら、怖いよね。強いよきっと。

Rei
型をベースに試行錯誤を繰り返す。これができるのが、多分デカいんでしょうね。ビジネスでいう、成功している人をまずは真似るみたいな感じ。

Satoki
そうそう。ビジネスもそうだしアートもそうですよね。最初は模写から入るわけですよ。それが守。その模写したアートを自分なりに変えたりして、そこから自分なりに書き始めるというのが離ですよね。何事にもついてくる考えと思います。

Karen
でも言われた通りにやるって、思考停止してればできるみたいなところがありません?

Rei
マニュアルみたいな。

Karen
私は結構、守から次のステップに行けないタイプなんですよね。その理由が、言われたとおりにやっていれば、ある程度の期待値を超えられるていうのがわかっているから、そこから飛躍しないというか。

Rei
そもそも、守破離の守をしっかりやってくれる時点で、評価としてちょっとプラスになるみたいな感じですか。

Karen
そうそう。それで、思考停止になるという自覚がある。

Satoki
一般的な日本企業は、守のところまでで、破と離をしてほしくないかもしれないですよね。

Rei
会社の中で破と離を上手くやる人は、結果独立する方向に行くからですかね。会社の人材としては、離れていく可能性が高いですよね。

Satoki
守破離しちゃうな。それは完全に。

【各国それぞれ、教育には課題がある】

Karen

私は日本のやメディアは偏りが大きいと思っていて、教育もそうだと思っています。全体最適と言いつつも、人類としての全体最適というよりは、日本の国としての全体最適というのを重要視しているなと思うんですよね。もし自分が、もう一度一から日本の教育を受けるのであれば、もっと多様性を取り入れたりとか、先生一人ひとりにしっかり意見を持って発信してほしいと思います。そうして子どもたちにもっと考えさせるきっかけを与える教育をしてほしい。

Satoki
僕は今そこにまさに関わって、まさに、頑張ろうと言っているところなんですよね。

Karen
日本の若者の政治的関心が低いのって、教育に根付いていると思うんです。海外だと、先生達が自分はどう考えてるかについて、授業中でもはっきり言うんだよね。隠さないし、ちゃんと議論に繋げるんだよ。でも日本では、先生達がそのようなことに意見を持って発信することは許されない。一番吸収率の高い幼少期に、政治的意見を持っている大人を見ないから、政治に対して意見を持つことや発信することの方法を知らないのが大きいと思うんだよね。

Satoki
おっしゃるとおり。政治家達の中では、意見を持たなくて良いという位になっているよね。

Karen
でもそれって、環境問題に関心を持たなくていいと言っているのと同じだと思っていて、あなたが住んでいる地球のことだから、あなたは環境に対して関心を持つんでしょ?政治も同じように、あなたが住んでいる国のことだから、あなたは政治に対して興味を持つんですよね、って。でもなぜか、これが欠落してしまう。不思議だなって思ったりします。

Satoki
僕は、6年生の授業を持ったりしてます。そこで、みんなのお父さんやお母さんの給与の話や、その内、何%が税金として納められて、更にその内の何%が、政治家達の給与になるよという話をするんですよ。
それだけでなく、将来みんなが大学とかを出ると、どのくらいの初任給と年間の給与がもらえるかも伝えます。そうすると、「やだー!」という反応が子供たちから返ってくる。「なんで~なんであげなきゃいけないの。」って子どもたちが言うの。
そこで僕は、子供達に「それは、彼らがしっかり勉強をして、彼らが政治家になったから」と言うんです。そんな感じの教育をビデオに撮って集めているんです。そうすると、小学生だけでなく先生達がそのビデオを見てくれるんです。先生が知りたいから。

このように、先生の教育から始めなければならないと思います。今の先生たちがこのような教育を受けていないから、今も知らない状態なんです。政治的関心を持たれると、反発が起こる可能性が高くなるじゃないですか。国民が反発する可能性が高まるのを国は嫌うので、安定を望むためならば、政治的関心を持たぬまま、大人になってほしい。と思ってると思う。

Karen
そうすると、世代が入れ替わって本当に関心を持たない人たちだらけになった時に、この国はどうなるの?っていう問題もあるよね。まあ、その人達からしたら、自分たちはもう居なくなるから、どうなっても良いみたいなところがあるのかもしれないですけど。

Satoki
世襲制というか、政治家の子供や孫がその政治家の後を継げばいいから問題ないんですよね。

Karen
うーん。日本の教育を受けている人は、「おもてなしができる」や「優しい」みたいな言い方をされたりしますよね。ただこれが、悪い場面で働けば、単純に意見が無いということにもなりうるとおもいます。政治に限らずです。その原因がどうしても教育にあるように思えます。

Satoki
そういうのって、いろいろな場面に反映されているんだよね。日本人の教育というか国民性というか。

Rei
協調性があるとは、主体性がないと言えるし。

Satoki
それこそマレーシアとかシンガポールの人たちと話していると、日本人はニヤニヤしていて気持ち悪いと言われたことがあるんですよね。何人かから口を揃えて言われたことがありました。「みんな日本の人って、薄笑いしているじゃん。いつもニヤニヤ笑っていて、何があってもニコニコして、とりあえずお辞儀をする」みたいな感じで。

Karen
興味ないことでも、とりあえずそこにいるみたいなところとかね。

Satoki
これって一方では、傾聴力が高いとも言えることなんだけどね。

【これからの教育は情報の検索力が重要】

Karen

どの国でも教育というのは課題感があるようで、イスラエル、パレスチナの話でも、ハマスがずっと支配していた国では、イスラエル人を悪く言うような歴史教育をしているとかがありますよね。

Satoki
歴史関係は、これがひときわ際立つよね。それこそ日本と北朝鮮・韓国との教科書の違いを見比べてみたらわかるように、領土の線からして違うからね。国境線の書き方が違うし。

Karen
それが、歴史教育だけならまだしも、算数の教育とかでも「みかんが5個ありました。それをイスラエル軍に3つ盗まれました。残りのみかんはいくつですか?」というような例題が出てきたりするんだって。そういう表現で、ハマスに支配されている地域では、潜在的に刷り込まれていくような教育がされている問題もあるんだよ。ちょっと個の教育の話からずれちゃったけど。

Satoki
教育的な問題は、世界中でどこの国でも存在するっていうことですね。

Rei
この、NewsPicksの記事はめちゃくちゃ良いですね。守破離のところや、もうちょっと下の、これからの子どもたちに必要な力についても書かれていますし。「個別最適を通してこれからの子どもたちにどんな能力を育めるのでしょうか」という問いかけに対して、検索力の習得と書かれています。これはデカいですね。

Satoki
本当にその通りでデカいと思いますね。例えば大きなところで言うとググり方の話。その辺りのレベルから教えているところがありますね。

Satoki
今の子供達は、パソコンやタブレットは、Youtubeを観るためのものと思っているから、そこからまずぶち壊さなければいけないんですよ。

いさお
デジタル・ネイティブと言われるから、子供世代は検索力がめっちゃあると思っていたんですけど、全然ないんですよね。

Karen
情報整理の能力じゃないかなあ。膨大なものの中から、適切な情報を切り出せるかとか、取捨選択ができるかじゃない?

Rei
今の子供たちは、機械に対するリテラシーが高いだけなのかな。

Satoki
だって、親は子どもたちに、検索の仕方とかを教えないでしょ。ただ単に、泣いてるからYoutubeつけて渡したり。

Karen
そう。だから最近は、小さい頃から機械を触ることが当たり前になっちゃいましたもんね。

Rei
(記事の読み上げ)
「たくさんの情報に当たる。必要な情報に当たる。内容を要約する。自分の言葉で表現する。」

Satoki
この内容はすごく嬉しかった。自分の話ばかりで申し訳ないけれど、これ本当に毎日のようにやってることだったの。それが僕的には嬉しかった。
まずは、初歩はここから。そこから自分の言葉へと段階的に昇華していけたらいいなと思っています。

Rei
これをやることによって、自分なりの答えを導く力を育んでいけそうですね。

Satoki
そうそう。一般的、日和見的な正解じゃない答えが求められているから。
だから、正しさじゃなくて良いということですよね。

Rei
久しぶりに、なんか納得のいく記事ですね。

Karen
はい。終わりますか。一週間お疲れ様でした。また、来週は平日毎日23:30からニュースをお届けして、日曜日22:00からは総まとめとしてニュースの深掘りルームをお届けします。みなさん一週間頑張りましょう!
良い夢を見てください、おやすみなさい〜。

 

登壇者

 

Rei(@savoy37)

いさお(@fujiwara1981)

Satoki(@satochik)

Karen(@kareeen0221)

編集:ロガー

ジーコ

 

東京在住25年。医療・介護従事者と共に働いてきた経験から、主に介護職や介護者及び介護者家族、医療従事者向けにお役立ち情報やtipsを発信。最近の趣味はカフェ巡り。今年の目標は面白さを身につける。

Twitter:https://twitter.com/ji_ko1025
Instagram:https://www.instagram.com/kojicozy_place/?hl=ja

Clubhouseのおすすめルームカテゴリの最新記事