5月5日(水)20時:【仲間募集中】パレットメディア番組の記事を書いてみませんか?

配信日時 2021/5/5 20:00〜21:00
タイトル 【仲間募集中:wave:】パレットメディア番組の記事を書いてみませんか?(録音中:red_circle:記事化予定:pencil:
スピーカー パレットメディアのメンバー
説明文 パレットメディアではClubhouseの番組を録音:red_circle:記事化:pencil:しています。

このルームでは、担当者となる「ロガー」を募集するべく、現在活躍中のメンバーからその魅力をお伝えします:wink:

✔︎パレットメディアとは?
✔︎「ロガー」体験談
・応募のきっかけ
・大変なことや楽しいこと
✔︎募集要項について
✔︎応募方法

みんなでClubhouseを盛り上げよう!

ルームURL Clubhouseの部屋へ
ロガー あゆみ
※本記事に関する内容は、全てのスピーカーの記録および記事化の承諾の下掲載しております。なお、当メディアにおける記録および記事化のガイドラインはこちらをご参照ください。→詳しくはこちら

Rei

Googleで「パレットメディア」と検索していただくと僕たちのWEBサイトが出てきます。
パレットメディアでの番組は、「ロガー」と呼んでいるログ(記録)をとる人に協力して頂いて、記事化してWEBサイトに残しています。
目的としては、 「Clubhouseでこんなことをやっているよ」ということをもっと外に出して、「Clubhouse自体に興味を持つ人」が増えればいいなと思っています。
パレットメディアでの番組の記事化を手伝って頂ける仲間を募集中です。
今、スピーカーに上がっている5名の方に、「ロガー」としてご協力いただいています。
皆さんにお話を聴きつつ、ご興味ある方がいたらぜひお力を借りれればと思います。

パレットメディアの基本方針

Rei

Clubhouseが1ヶ月くらい経ってから「フォロワーが多い人が集まるルームには必然とリスナーも多くなる」というのが当然のことではあったのだけど、その反面で「面白いコンテンツを持っている人のルーム」が埋もれちゃうことがどうしてもありました。
2月の下旬くらいにあいくさんという方から電話をもらって、「フォロワーが多いからルームが大きくなる」ではなく「この人面白いからもっとスポットライト浴びてほしいな」ということにフォーカスして、Clubhouseをもう一回盛り上げようじゃないかと始まった話でした。
番組の作り方も、台本の製作を一緒に手伝ったり、パレットメディアとしてゲストにオファーさせて頂いたり、スポットライトが当たっていないけど面白い人に注目が集まるように、企画運営しています。
Clubhouse内での面白い番組をClubhouseの外に持って行って、「Clubhouseって面白そうじゃん」となってくれたらいいよねと始まったのがパレットメディアです。
その記録を残すために「ライターさんが必要だよね」と募集させて頂いたのが、今日お話ししてもらうロガーの方々です。

ロガー紹介と参加のきっかけ

Rei
皆さんに応募のきっかけ、大変なこと、楽しいことについて、お話を聞かせてもらいます。 ご興味ある方がいらっしゃいましたら、ぜひ仲間に加わっていただけたらと思っています。 あゆみさんから聞いていきましょうか?
簡単に自己紹介と普段どんなことをしているのかをお伺い出来たらと思います。

Ayumi

プロフィールにも書いてあるように、看護師をやりながら、NPO法人の立ち上げ中で、色々なことやってます。
文章を書くことに関しては、ブログも書いています。
パレットメディアでも、10本くらい書いたのかな?
「パレットメディアがスタートするよ!俺たちこんなことをやりたいよ!」みたいな番組を聞いたときに、そのビジョンに共感して、私も何かお手伝いしたいと思いました。
文章を書くことはできるなと思って、Reiさんに「こんな記事だったら書けますがどうでしょう?」とブログ記事も一緒にDMを送ったのがきっかけです。

Rei
そうですね。応募の時にブログ記事を送ってくれましたけど、「ブログ書かれてるじゃん」と思って、もう、秒で「お願いします!」と言った記憶があります(笑)

Ayumi
「こんなんでいいんでしょうか?」と、ちょっと自信なさげな感じで送らせてもらったんですけど、大丈夫でした。

Rei
ライターさんとかガチな人を求めていたというよりは、記事を書く練習をしたい方でもすごくありがたかったので、もうブログを書いている方だったら全然いけるじゃん!と思って、お願いさせてもらいましたね。

次に、anaさんがロガーで入ってくださったのっていつ頃でしたっけ?

ana
4月2日くらいにロガー募集番組があって、その直後だったので4月上旬ぐらいですね。

Rei
どんな形で、応募してくれましたか?

ana

パレットメディアの番組がとても好きで、3月中旬ぐらいからほとんど毎日のようにルームを覗きに行っていたんです。
基本的にしゃべるのが苦手なので、ずっとリスナーとしてルームに行っていました。
いろんな方面からの学びが多くて、有益な情報を受け取ってばかりで申し訳ないなぁという気持ちが強くなっていて、何か自分でもお役に立てることがないかなと、モヤモヤしていました。
そんなときに、「ロガーを募集しています」という番組をされていて、今ロガーの先輩として大変お世話になっているあゆみさんやぷくしさんが、「こういう記事化の活動をしているよ」「大変なこともあるけどすごくやりがいも大きいよ」とお話をされていました。
パレットメディアのビジョンもそうですが、Reiさんの「大人の課外活動だよ」という言葉や、いさおさんの「何かを始めるためにはいいストレスが必要な時もありますよね」というお話を聞いて、ここでやってみるしかない!と思いました。
ちょうどその番組の内容をメモしていたので、見様見真似で記事化させて頂いて、パレットメディアの運営スタッフのいさおさんに送らせて頂いたことがきっかけですね。

Rei
もうロガーやってましたっけ?みたいなレベルで記事を送ってくれましたよね(笑)
ありがとうございます。

お次は、Konomuさん。
ロガーとして入ってくださったのはいつ頃でしたか?

Konomu

anaさんと同じく4月2日の番組をお聞きして、その番組の途中でReiさんにDMをしたのがきっかけですね。
仕事の都合もあったので、実際に稼働したのは4月中旬からになります。

Rei
フリーランスのライター兼エディターとしてお仕事をされている傍らで、パレットメディアにもご協力いただいてありがとうございます。
皆さんご覧のように、本業がありつつ、その傍らでパレットメディアの1円にもならない裏側の作業をやってもらっている訳ですけど(笑)、そのモチベーションも気になるところなので、後で聞かせてもらいますね。

そして、Pukushiさんは今、トロントにお住まいです。
Pukushiさんはロガーとして活動している期間も長いですよね。

Pukushi

記事化の第一弾の記事を書かせていただいて、それが3月の中旬なので、公開されているものは、数えたら今で10本くらいかな?
自分の過去の記事のアーカイブページを見るのが、割と楽しみです。

Rei
皆さんの集大成が集まってるページありますよね。
Googleで「パレットメディア」と検索するとパレットメディアのページがあって、トップページの一番上に「ロガーについて」のページがあります。
そこにロガーごとの記事一覧があって、実際にこういう記事書いているんだと参考になればと思います。
Pukushiさんは、ロガーのチームの中での取りまとめもやっていただいて助かっています。
最後に、いくっちさんはどういう流れでロガーに参加していただきましたか?

いくっち
あいくさんもモデレーターになっていた「朝喝(あさかつ)」というルームに活発に参加していて、パレットメディアを立ち上げるという話を聞きました。
Clubhouseの一番のデメリットは「すごくいい内容をやっていても、それが外に出ない。」ということだと思います。
外部にもアプローチして「Clubhouseをやっている人だけのものじゃない」感じが面白いと思って、パレットメディアに興味を持ちました。
記事化をするということに関しては、仕事上やったことがなかったわけではなかったので「少しでも何かお手伝いができればいいかな」ということが、挙手したキッカケでした。
第三者が話す、自分が知らない世界のことを文字にするのは全く初めての経験です。
技術がいる訳ではなく、いろんな方の手を借りながら、自分が経験を積み重ねていく面白さみたいなものが、「もっとロガーの人が増えたらいいな」と思う一番の理由です。

実査にロガーをやってみて大変なところや楽しんでいるところ

いつもと違う視点で番組を聞ける

Rei

初めに、いくっちさんから聞いてみたいと思います。

いくっち

録音していたものを聞きなおして、文字にするときに、全然違う角度から自分の中に入ってくる。
普段は何気なく主観で聴いていたものを、ロガーとして、第三者が読む物として、どうやって伝えたら面白いと思ってもらえるかという違う視点を持てることが面白いと思いました。

タフさが身に付いた

Rei

次はanaさん、やってみて大変なことも忖度無しでお願いします(笑)

ana

大変なことは、本業が会社員で個人でも会社でも記事化の経験のない素人だったので、記事を書く方法もわかりませんでした。パレットメディアでは作成中の記事をGoogleドキュメントで共有しているのですが、そもそもGoogleドキュメントとは何?ということから始まりました。
番組を聴きながらタイピングする時に、人の話す時のスピードが1分間に300文字くらいあるそうで、途中でタイピングが追いつかなくなり、1時間の番組中で何回か自分に絶望する瞬間がありますね(笑)

Ayumi
ちょっとわかるかも(笑)

ana
「ここまで書いたのに」って追いつかない瞬間があるんですけど、気持ちを切り替えて書き進めなければいけないというタフさが身についたかもしれないです(笑)

Rei
Clubhouseでは企画の内容によっては話す文字数が多くなることもあるんです。
僕がこの前よしこママと話したのは、会話のテンポが速かったりするのでパレットメディアの他の番組の、1.3倍くらい文字数があるのではないかと思いました(笑)
この恐ろしく文字数のある記事はKonomuさんにやっていただきました。

新たな分野の情報や価値観に触れられる

ana

やってみて楽しかったことは、パレットメディアは素晴らしい方々ばかりで、携われてありがたいですし、パレットメディアのロガーを通じていろんな番組に携われる機会が増えました。
この後もAyumiさんが「あゆみちゃんがゆく」というシリーズ化した番組があって、本業では関わらなかった情報や価値観に触れられる機会が増えたり、えりなかれんさんの「アジアンヘイト」の番組では、自分で考える機会がなかったことも皆さんの意見を聴きながらロガーとして参加することで当事者意識も生まれてきました。
ロガーがきっかけになって番組にリスナーとして参加するのも楽しいし、同時に記事を書く事でやりがいもあります。

お金に関係しないところで自分のスキルを活かせる

Rei

次はKonomuさん、パレットメディアでロガーをやってみてどうでしたか?

Konomu

実は私自身は長文は苦ではないので、よしこママの記事は非常に楽しくやらせていただいたんです。
大変だなと思ったことは、他のロガーの方にも相談させていただいていますが、登壇者が多いとき、かつ、テーマの軸がぶれてしまう時にどのようにまとめようかと悩ましいところがあります。
私がここに参加させてもらった理由として、本業でフリーランスのライター兼編集として活動しているのですが、お金じゃないことをやりたかったんです。
お金に関係しないところで自分のスキルが活かせることをしたかった。
そう思っていた時に巡り合った「ロガー募集」だったので、迷わず手を上げました。

Rei
ここが大事なところで、パレットメディアは運営しているメンバーが6人、ロガーは5人の方に手伝って頂いて活動しています。
誰にもお金が払われない形で活動をしていて、パレットメディアの活動のテーマとして「大人の課外活動」として、職を持っていて仕事をやりながら「Clubhouseを盛り上げていこうぜ」ということがベースです。
サイトの運営はしているけど、収益化は考えていません。
「面白いから投資してみたい」という方もご連絡くださったのですが、お金が関わると目的がぶれるのと、出資してくれたことで株主みたいに運営に意見を取り入れなくてはいけなくなる時が来るので、お金がらみの話は全部お断りさせていただきました。
サイトのサーバー代も、Clubhouseのルームの解析に使っているDireconという分析ツールも、お金がかかるけれど、全員が有志でやっています。
ロガーの方のメリットとして強いて言えば、ブログやSNSのリンクを貼って紹介することができるんです。そこでご自身のPRを思う存分してもらって構いません!

チームになっている

Rei

では大御所のAyumiさんとPukushiさんにいきましょう。

Ayumi

楽しいと思ってやっていることは皆さんと同じだと思います。
みんなでコミュニケーションを取りながら、相談し合いながら活動しています。
運営の皆さんが知らないところでこの5人のロガーのDMグループがあって、そこで困ったことは相談、運営サイドに相談したいことは私やPukushiさんが話を持っていったりできます。
運営の方もロガーのみんなが活動しやすいように考えてくれているので、一緒に作っていける感じがあります。
大変だけど楽しいですし、私も複数の仕事をしながらパレットメディアの記事もたくさん書いているので、ランナーズハイみたいになっています(笑)

Pukushi

パレットメディアのロガーの活動は、チームワークになっていくので好循環でありがたいなと思います。
他のロガーの方々の記事のまとめ方を読むのも、編集のスキルや知識に繋がったり、自分とは違った発見があって面白いですよ。

Rei
この間まで「ロガーのDMグループ」があるって知らなかったです。
いつ作ったんだ?って(笑)
ロガーの方々が知らないところでチームとして活動されていて、僕は嬉しかったです。

Pukushi
グループ名は『ロガーなんでも道場』です(笑)

Ayumi
役割分担も勝手にできていますよね。

いくっち
そこが大人の課外活動ですよね。

集大成の場で継続して記事を発信できること

Pukushi

嬉しかったことは、「もしもタスク法」というタスク管理術を解説した番組記事を書いた時の話で、スピーカーの方はTwitterやnoteでも発信をされていてフォロワーもとても多い方でした。
パレットメディア番組で解説いただいたタスク管理術を、その方のTwitterやnote経由ではなく、検索でパレットメディアの記事から知ってくれた方がいて、書いた記事がゼロイチでパレットメディアの記事から広がって誰かに届いたというのが嬉しかったです。
私はnoteを書いているんですけど、自分が書きたいと思ってもコンテンツがないと立派な記事は書けません。
でもパレットメディアには運営の方々がいて、毎回モデレーターの方や、ゲストの方々がいて、皆さんの力が集まって良いコンテンツが番組として出来上がるので、それを記事化するだけでいい。
記事編集の力がついて、さらにそれを世に出し、誰かに読んでもらえるチャンスが大きいのがすごいなと思います。
自分一人の力でコンテンツを作り記事を書いたのでは、すぐに「検索して記事を読んで来ました」ということには絶対ならないと思うので。それがすごいなと思いました。

Rei

今の話はClubhouseでりほさんというイフゼン(If-then)ルールという習慣管理術をご自身で改良されて「もしもタスク法」として世に出した方がいます。
noteも出されていて、りほさんの「もしもタスク法」をパレットメディアの番組で取り上げさせて頂いて、3回でやらせてもらいました。
「記事を見て、面白いと思って取り組んでいます」と言われたことがあって、その記事を書いてくれたのがPukushiさんでした。
思わぬところでネットで検索して始めてくれた、感動的なことがありましたというお話です。あれはすごかった。

Pukushi
自分でブログやnoteを書いていると締め切りが無いので、私の場合はnoteに記事の下書きがたまっていくんです。
でもパレットメディアのように次々と発信する場所に身を置いて担当し書いていくことで、コンスタントに発信できるんです。やる場所に身を置くことで回していける。
面白い番組が次々入ってくるので、話を理解するインプットと、記事にして世に出すアウトプットを継続的に回していけます。

ロガー募集中

Rei

ロガーに関しては、パレットメディアの活動に興味を持ってくれる人や、一緒にやりたいと思ってくれている人がいいなと思います。
ロガーは簡単に言うと、録音された音声をもとに、記事起こしをしています。
Clubhouseでは、スピーカーとして登壇している方々の全員の同意があれば(規約上)録音することができるので、その内容を記事にしてClubhouseの外に発信をしています。
このClubhouseの規約を知らないで勘違いされている方もいるかもしれませんが、同意を得た内容を発信することで、「ルームで起きた楽しかった会話」や「ためになる貴重なお話」をClubhouseの外に出せれば、僕らの活動の価値も上がるのではないかと思います。
あくまでもロガーの作業は録音ベースで記事化していくので、ブラインドタッチなど技術ができないとダメということはないので、ハードルは低いかと思います。
もちろん、書くことに慣れている、文字を打つことに抵抗がないという方は、大歓迎です。興味がある方がいらっしゃれば、スピーカーにいる方で、声かけやすそうな方に連絡もらえたらいいかなと思いますし、僕にDM頂いても構いませんのでお気軽にご連絡頂けたらと思います。

 

 

スピーカー

Rei(@savoy37
Ayumi(@ayumi51244
Pukushi(@pukushi
ana(@aona17
Konomu(@konomu06
いくっち(@ikucchi

logger

 

パラレルワーカーな看護師。
重症児デイサービスや訪問看護ステーションで働きながら、パーソナルアシスタンス(PA)制度の介助者や、個人事業で遺伝子カウンセリングなどもしています。2021年3月現在、NPO法人設立準備中。

Twitter:https://twitter.com/ayumi51sakura
ブログ:現役看護師あゆみのブログ

パレットメディア運営のルームカテゴリの最新記事