Direcon(ディレコン)とは?Clubhouseのルーム分析ツールを解説!

【この記事のまとめ】
1.Direconは開いている部屋のデータと聞いていた会員のデータがわかる
2.Direconは無料版と有料版(プロとプレミアム)があり無料版は「測定は5回」「項目の一部が見えない」「会員データがダウンロード出来ない」
3.Direconは49ドル/月or99ドル/月。ダウンロードして1日は、値引きキャンペーンがある。

Direcon(ディレコン)の最新情報

2021/4/27 UPDATE

年齢層と性別が取れるようになりました。

2021/4/23 UPDATE

プレミアムプラン($99)で複数ルームの同時計測&クラブルームの自動計測が可能となりました。

Rei
Rei

今日ご説明するDireconというツールの概要は、パレットメディアのTwitterにツイートしたスライドを使って説明していきます。
Clubhouseでルームをよく立てる時、楽しく開催したい人やルームの質を高めたいモデレーターの方々も多くいますよね。
今回は、切磋琢磨してモデレーターのレベルを高め合っている『MODERATOR LOBO(モデラボ)』のNOBUさんとえりーさんに来ていただいています。
お二人ともDireconを既に使われているので、いろんなお話を伺いつつ、より良いルームをつくるためにDireconの数値をどうやって上げていったら良いのかディスカッションして進めていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

Clubhouseのルーム運営における課題

clubhouseのルーム運営における課題

Rei
Rei

「クリエイターの抱える悩み」は、あえて「クリエイター」という表現を使わせてもらっていますけども、よく耳にしていた話題ですよね。

いさお
部屋を盛り上げている方向性を、後から振り返れない。
なんとなく「○人くらい集まっていたなー」「Max○人だった」「著名人が来てくれた」くらいしかわからなかったですよね。モデレーターをしていると忙しいじゃないですか。
あとから振り返って、ルームを大きくするためにどういうPDCAを回すかを考えるのが難かしいという状況があったのかなと思いますね。

Rei
モデラボさんでは、Facebookグループで議事録を共有されて、モデラボに参加されているモデレーターの方々のレベルアップを図っているということなんですが、実際にどんなふうにやっているんですか?

NOBU
「モデレーター交流会・情報交換会」というのを毎日開催しています。
メインモデレーターを日替わりにして、その人がその時に抱えている悩みだったり、モデレーターをやっているとこんなことがあるよねみたいなトラブル事例だったり、今回のように新しい分析ツールがあるよねとか、Townhall Meetingの内容からモデレーターってどうやって動くんだっけみたいなところを、1時間の枠の中で、いろんなモデレーターの方に上がってきてもらってます。
まずそのルームの中で、ルーム内での情報のシェアやモデレーター同士のコラボレーションの促進をしていて、その内容を、Facrbookページで議事録として共有することで、参加できなくても、情報のキャッチアップと自分に参考になるやり方を掴んでいただくということをやっています。

Rei
モデラボのルームは、効率的に組織的に動かれている印象で、司会と相槌と議事録というポジションが確立していて、進行がわかりやすいですよね。

NOBU
そういう型があった方が、聞いてる側が安心感を持って聞いてられるかなと思って、進行の一例としてそういうふうにやってます。

Rei
いさおさんも先ほど言っていたように、何人のオーディエンスがどれくらい滞在したかとか、どんな人が聞きにきてくれたかとかは、どのルームでもモニタリングが難しいと思っています。
ルーム開催中に、フォロワーが何人増えたかもわからないし、「フォロワーが増えた」というのを分解してみると、その人の発言する内容を、そのルーム以外でも聞いてみたいと思ったからフォローするんだと思うんです。
そう考えると、どのトピックで会話している時に、自分の発言ってオーディエンスの方々にとってよかったのかなというところを振り返るのにも参考になるんじゃないかなと思います。

その悩みをひっくるめて課題にすると、スライドに書いたように「ルームのリアルタイムなモニタリングが困難であり、ルームに関する定量的・定性的な情報を取得する難易度が高い」としました。

いさお
他のSNSって分析ツールを公式で出しているんですけど、ClubhouseもDireconがあれば分析できるということですね。

>>Direconの無料ダウンロードはこちら

Direconとは?Clubhouseをサポートするツール

direconとは?

Rei
Rei

僕らの方では、クリエイターサポートツールと呼んでいます。
「クリエイター」という表現は、創業者のPaulとRohanがいつも使っている表現で、モデレーターと言っていますけど、あくまでもクリエイターであることを忘れないという意味で「クリエイターサポートツール」という表現をしています。
ポイントなのが、無料でも使えるんですけど、拡張機能に関しては有料です。
全ての情報を取得しようとすると有料ですよということですね。
月額49ドル。

NOBU
初月キャンペーンみたいなのがあったかな。

いさお
アプリをダウンロードして1日以内に有料版にすると、安いんですよね。

Rei
Clubhouseのアカウントを紐付けると、24時間のカウントダウンが始まって、その間に有料版にすると割引されます。
Direconは結構前から世に出ていたみたいですね。

えりー
もともとはInstagramのインサイトがわかるように、Instagramのユーザー向けにつくられていたみたいなんですけど、そこの市場が飽和していて、2月22日にClubhouse向けに作り替えたみたいなんです。(こちらを参考に話されていました。)

Rei
「僕らは3週間でこのアプリを作り上げたので、発展途上だから今後のアップデートに期待してね」みたいなことが書いてあった記憶がありますね。
正直、取得できる情報というのは、まだ多くないじゃないですか。

いさお
これから拡張性に期待もありますし、他にないからこれを使うしかないみたいなところはありますね。

えりー
Clubhouseもルームの解析機能をつけるとTownhallで話していましたもんね。
Direconよりもできることがある機能がつくかもしれないですしね。

>>Direconの無料ダウンロードはこちら

Direconで取得できる情報

いさお

1.開いているルームの情報をリアルタイムにみることができます。具体的な項目は、次のスライドで説明します。
2.その情報を溜めていけるので、計測したものは過去のルーム情報として残していけます。
3.聞いていた人の情報も残ります。この人よく来てくれるなというのもわかります。
4.フォロワーの増加情報もわかります。フォロワーが1k以上になると、100人単位でしか増加がわからないけど、Direconなら12日間の増減がわかるようになっています。

 

NOBU
グラフで見れることでモチベーションが保たれるみたいなね。

いさお
どんな人が来ているかも、感覚的なことと合わせて分析することができる。「Aさんがよく俺の部屋に来てくれるなーと思っていたけど、実はそうでもなかった」とかもね。

有料と無料で、どこまで機能が違うのかも、みなさん気になるところだと思うのですが、僕はまだ無料版なんですよね。Reiくんと比較するために。
無料版だと、リアルタイムな情報は一部しか情報を取れません。
リスナー情報は見れるけど、部屋の単位では見れない。

 

Rei
Rei

ここは、有料版を使用している視点から説明するとわかりやすいかな。
リスナー情報は、これまでの全員の情報が見えるんですけど(スライドの「リスナー情報」)、
「Room History」を押すと過去に開いたルームの一覧が出てきます。
この過去に開いたルームに飛べるのが有料版。
そのルームに飛ぶと、リスナーの方が自分の開いたルームに何回来てくれているのか(Direconで計測したルームのみをカウント)とか、スピーカーになったか、モデレーターになったか、どれくらいの時間滞在してくれたか、などの情報も見れるようになっています。

いさお
さらにですね、データを出力して分析したい人もいると思うんですけど、無料版だと出力することができないんです。分析したいなら、有料版がいいですね。

えりー
有料だとエクスポートできるんですね。ありがたいですね。
あと、無料版で計測できるのは月5個までのルームに制限されていて(3月26日時点)、有料だとルーム数は無制限ということも大きいですよね。

Rei
それは知らなかった!
ちなみに、大前提として、そのルームでモデレーターになっていないと計測できないです。

いさお
あと、そのルームがEnd roomするまで計測され続けるので、注意点がありますよね。

Rei
長く続くルームで計測し始めてしまうと、ずっと計測され続けてしまうという。
自分がルームから退出しても、計測が続いてしまう。

えりー
そうなると、新しく他のルームで計測したくても出来ないってことですか?

NOBU
アプリを閉じても、モデレーターをはずしても、ルームから出ても、計測が終わらないようです。

えりー
あと、注意点としては、スケジュール予約した時のURLだと出来なくて、自分がルームに入ってモデレーターになってから、URLを入力しなければいけないですね。

いさお
フォロワーの情報は、無料版でも見れるので、それだけでもDireconを使う価値はあるなと思います。

>>Direconの無料ダウンロードはこちら

Direconで測定できるClubhouseのルーム情報

Direconで測定できる情報

Rei
Rei

先程、いさおさんが言ってくれた、無料版だとリアルタイムな情報は一部しか見れませんよというところなんですが、無料版は「1」「2」「5」しか見れません。
「6」平均定着率は、この数値が高いと、ルームにいる時間が長いということになるので、離脱率が低いと捉えています。

えりー
滞在率と呼んでいるけど、どうやって割り出しているのかがわかってなかったです。

Rei
平均滞在時間を総測定時間で割るので、ルームの後半になればなるほど数字が落ちてきます。
1時間番組だと50分経過くらいまでが参考値という感じがします。
「メインテーマが終わったから次のルーム行こう」って出ていく人が多くなると、この数字がガクンと下がりますね。
参考になるかというと、なりにくい項目かもしれません。

えりー
ちょっと試しに入って出ていく人がいると、平均滞在時間を短くしていくということもありますもんね。

Rei
一瞬だったとしても出入りした瞬間に1人にカウントされてしまうので、5分以上滞在した人の滞在率とかにしてもらわないと、微妙な数字になってしまいます。
ここは改善に期待ですね。

えりー
リピーターの方々がたくさんいて、ルームに来たら8割の人が最後まで聞くという感じだと滞在率は上がるし、流動性の高いルームだと下がっていくということを目安に持ちながら、今日のルームはどちらの性質だっただろうかという点で見ると、参考にできるかなと思っていました。

Rei
ルームの特性を大きく分けると、雑談、セミナー型、ディスカッション型に分類されると思っていて、雑談であればあるほど平均滞在時間が短くなりがち。
スピーカーの人数によっても変わる気がしています。
スピーカーが少ないルームだと、話している内容が濃い傾向にあって、滞在時間が長くなると思うんですよね。ただ、逆に、総人数は多いので、一瞬だけ出入りする人も増えるとなると、平均定着率の数字は下がるかもしれない。

いさお
同じ特性のルーム同士を比較するには、いいかもしれないですね。

Rei
そして、「4」と「8」は、リアルタイムには出ない。ルームを閉じた後に表示されます。
鍵マークがついてるとことが有料版で見れる情報となっています。

>>Direconの無料ダウンロードはこちら

スピーカー4人のオーディエンスインタレストを比較してみた

 

Rei
Rei

今オーディエンスにいる方々が、どのルームから来ているのかがわかるようになっていて、上位5つのルームが表示されるようになっています。
みんなで比較してみましょう
(ルーム名とパーセンテージを発表)
みなさんどうですか?

NOBU
リフレッシュのタイミングのズレで数字が少し違うだけで、ルームは同じです。
パーセンテージを全部足すと100%を超えるのは、このルームに来る1つ前だけじゃないから重複しているってことですね。

いさお
このルームにいる人の○%が、上位5位に表示されたルームに“いたことがある”という意味ですね。

NOBU
個人のアカウントがどのルームにどれくらいの時間いたかが、トラッキングされてるということですもんね。おもしろいですね。

Rei
Clubhouseは、ユーザーのトラッキングデータを外部に出すことはしませんとしています。
こういうパーソナルな情報は、広告とかに使えちゃうんですよね。
ClubhouseのTownhallで、データを外部には絶対に出さないし、それを広告会社に渡して広告をすることは考えていないと、創業者が明言していました。

えりー
そういう点で、外部の分析ツールを使うのは大丈夫なのかなと思うことはありますよね。

いさお
「こういうルームに来る人はマネタイズに興味があるのか」という解釈もできちゃうので、そこに対してTwitterやInstagramでDMする人も出てくるでしょうね。

えりー
スポンサーをつけようとした時にも、私達のクラブにはこんな人たちがいますという根拠として出す人がいたりとか、ありうることですよね。

いさお
見込み顧客リストになりますもんね。
オーディエンス情報はめちゃめちゃすごい。

Rei
ちゃんと分析して、こういう人がこういうルームに来るという裏付けが取れれば、「どんなルームをどんな時間帯でやるとこういう人達が来てくれるよね」みたいな戦略を立てることもできます。

えりー
良心をもとにやりたいですね。

Rei
(海外で)投げ銭が始まったから、なおのこと使い方を考えている人も多いでしょうね。

いさお
誰がどこに投げ銭したかまでデータ取れちゃいそう。

>>Direconの無料ダウンロードはこちら

オーディエンスからの質問・情報共有

クラブの分析は、Direcon有料ユーザーのみの機能?クラブのリンクを貼り付けてもエラーが出る

 

Rei
Rei

クラブの分析については、僕はあまり機能していないと思っています。

NOBU
僕もこれ聴きたかったです!

Rei
僕の結論では、現時点では意味がないです。
Direconには、クラブと連携をするという手段があるんですね。ただ、クラブを連携するためには、クラブのDiscriptionに、このクラブで行うルームでの会話に関してはDireconで計測しているという注意書きを書かなければいけないんですよ。
これを書くことによって、怪しむ方が結構いると思うんですね。
さらに、クラブとDireconを連携したところで、自動的にトラッキングしてくれるわけではないんです。
クラブで開いているルームだったとしても、自分がモデレーターになっていないと計測できないんです。
そうなると、クラブと連携しない場合となんら変わらないじゃんという結論になりました。

えりー
Direcon内で、クラブで分けて表示してくれるわけでもなさそうですもんね。
試しに、クラブを連携させてみたんですけど、特に変わりはなかったです。

>>Direconの無料ダウンロードはこちら

今登録したら、24時間以内は年間の契約が50%offで登録できるという表示になっている

NOBU
年契約ですか。

いさお
僕が数日前にDireconを使い始めた時は、月49ドルという表示が出ていましたね。年契約の文言はなかったです。

えりー
年間契約の他に月額のプランもあるのかは確認しなければいけないですが、初月だけ安くなるというキャンペーンは、今はやっていないみたいですね。

Rei
変化が早い。

いさお
年間契約を月額に換算したら、安いですね。

NOBU
安いけど年間ですからね。
1年間このツールが使えるかわからないし。

えりー
Clubhouseがあるかも(笑)

NOBU
Clubhouse内に分析機能が実装されたら、それで十分じゃんってなるかもしれないですし。

>>Direconの無料ダウンロードはこちら

Direconの効果的な使い方

Direconでのルーム品質の上げ方

 

Rei
Rei

Direconの数値を良くするためにはという議論をしたいと思います。
パレットメディアとしての結論としては、「1」「3」「4」「8」は気にしてもしょうがないよねということになって、「2」「5」「6」「7」をどう強化していくのかを考えています。

「2」総ルーム人数と「5」最大オーディエンス数

Rei
Rei

ここの数字を上げるためには、どうしたら良いのかということは、事前にスケジュールを登録してSNSで発信したり、他のルームでもお知らせしたり、ということですね。
ルームのタイトルをどういうふうにつけるのかということは、モデラボさんでも、これまでに議論されてきていましたよね。
なにか結論は出ているんですか?

NOBU
基本的に、いつも結論は出していなくて、話したことからみんなそれぞれ判断してねみたいな感じ。

えりー
最大値を取りに行く、つまり、たくさんの人に来てもらうルームタイトルにするのか、来てほしい人達がちょうどいい人数来てくれるようなタイトルにするのか、まずはその使い分けが必要だよねということを話しましたね。
煽るような言葉を入れたら人はたくさん集まるけれど、そのルームの雰囲気はどうなんだろうとか、定着はしないよねという話題もありました。
煽るようなタイトルでも、話している内容がしっかりしているのであれば、それはいいんじゃないかという意見もありましたね。

Rei
正直、どういうタイトルを付けたらバズるよねという答えは持っているんですが、それを言ってしまうとタイムラインが汚くなるからやらないんですけど(笑)、モデラボさんは、開催するルームは基本的に煽らずにきちんと丁寧な言葉で開催するということを聞いて、ほっこりしました。

えりー
嬉しいです。

NOBU
嬉しいですねー。

Rei
(スライドの)当日のところに関しては、ルーム開催中にルームのリンクを使ってSNSでシェアするとか、この人に聞いてほしいなという人を適切に選んでPingをするということが大事かなと思います。

>>Direconの無料ダウンロードはこちら

「6」平均定着率と「7」平均滞在時間

Rei
Rei

事前準備としては、どんなトピックで話すのかということと、円滑に進行するためにアジェンダをしっかりしておくことが大事なのかなと思うんですけど、モデラボさんで工夫されていることってありますか?

NOBU
気をつけているのは、途中から入ってきても何の話をしているかがわかるように、タイトルを見ればこの話をしているんだなというのが基本的にわかるようにしています。
入場者が増えてきたタイミングで、ルームの進行をアナウンスすることで、最初からいなくてもわかるようにしています。
議事録係がいるので、今までにどんな話をしたのかがわかる。
そうすると、質問や意見をシェアするときも、前の人とかぶっていないかを確認できるので、議事録係の人にはBioに書いてもらっていて、途中乗車でも十分楽しめるように気を付けています。

Rei
わかりやすい!
僕らは、録音して記事公開するということはしているけど、あまり議事録を取っていなかったんですけど、先日議事録を取りながらやってみたら良かったので、定着率や滞在率にはインパクトありそうですね。

NOBU
計測している中では、まだ法則は掴めていないんですけども、そうなんじゃないかなと思ってやってます。

Rei
当日に関しては、事前に組み立てをしたことを実践するというところと、スピーカーの人数もインパクトがあると思っています。
スピーカーが多いけれど、実際に話している人が少ないルームは、エンゲージメントが低いんですよ。

NOBU
僕もそう思います。
モデレーターバッチも、無闇に付与することは、モデラボでは推奨していないですね。
モデレーターの役割をしている人が、モデレーターバッチをつけている。
著名な方が来るとモデレーターバッチをつけちゃいがちだと思いますが、その人がスピーカーとして来てくださっているのであれば、モデレーターバッチはつけないというふうにはしています。
あまりにもスピーカーが多すぎて、スクロールしなければいけないほどになると、話している人を探すだけでもストレスになってしまうので、スピーカーが増えてきたらオーディエンスに戻ってもらう調整をすることも推奨しています。

いさお
滞在時間とエンゲージメントは、別の軸だと思っているんですね。
滞在していれば平均滞在時間は増えるわけですから、モデレーターバッチをたくさん付与した方が滞在する人数が増えて、数字は大きくなる可能性はあります。

えりー
スピーカーに上げてもらったりモデレーターバッチをもらったりすると、自分も参加者だという意識になったり、引き立ててもらったという気持ちから、そのルームに留まり続けやすいということですよね。

いさお
後から戻ってきやすくなるということもあります。

えりー
滞在時間を上げるという方法と、ルームに対してオーディエンスの人が長く聞いていたいかというエンゲージメントの部分は、別物の話だよということですね。

いさお
そして、そのルームにいる人が楽しんでいるかというのは、また別の話になりますし。

NOBU
1個の指標ですよね。

いさお
そう、1個の指標なので、数字の見方は気を付けないといけないです。
数字を高めたらエンゲージメントが高くなるのかというと違うと思いますし、もしかしたら数字を高めていったらエンゲージメントも高くなる可能性もあるので、試してみたら仮説とは違う結果になるかもしれないです。

えりー
そうですね。
モデレーターバッチに関しては、モデレーターはたくさん付与しないでねとは、Clubhouseの創設者がTownhallで常々言っていますよね。

Rei
Clubhouseのガイドラインにも、モデレーターの役割はしっかり書かれていたりもします。

いさお
仮説をもってルームを開いて、試して、それを後から振り返るためにデータを使うというのが、一番ポピュラーな使い方なのかなとも思います。

>>Direconの無料ダウンロードはこちら

まとめ

 

Rei
Rei

Direconに関しては、モデレーターやってる方はぜひ使ってみてください。
いさおさんが言っていたように、仮説検証をするためのツールとして有能だと思います。
最初の1日は、割引プランも出てくるようなのでね。

えりー
補足させてもらうと、Clubhouse公式のものでも公認のものでもないことと、Clubhouse内のデータを使ってビジネスになっている(有料版がある)ということもあるので、自己責任でお願いします。

Rei
あくまでも、外部の会社が作っている外部のサービスであり、Clubhouseと連携することができますよということですね。

えりー
海外でも数千人の方が使われていて、今のところは大丈夫ではありますが、今回Direconについて紹介した私達は、責任は取れませんということは伝えておきます。

Rei
声を大にして言っておきます。

NOBU
パレットメディアさんのルーム運びでまず最初に感動したのが、事前に資料を作っているということです。
聞き手に対してすごく優しい。

Rei
パレットメディア内に作ってくれる方がいるんですよ。
これまでこーぼーさんが作ってくれていたんですが、今回はKarenが代打で作ってくれました。

NOBU
すごいなー。パレットメディア優しいなー。
あとは、Clubhouseもまだβ版で、付帯サービスはこれからも出てくると思うのですが、積極的に使いたい人は使ってみて情報を共有していけたらいいなと思います。
どんな外部サービスか、規約もしっかり確認した上で、使っていけたらいいなと思います。

Rei
ありがとうございます。
来てくれて本当によかったです。
また機会があれば是非よろしくお願いしますー!

>>Direconの無料ダウンロードはこちら

※Direconの内容については2021年4月6日時点の機能となり、現バージョンとは異なる可能性がございますので、ご注意ください。

 

※本記事に関する内容は、全てのスピーカーの記録および記事化の承諾の下掲載しております。なお、当メディアにおける記録および記事化のガイドラインはこちらをご参照ください。→詳しくはこちら

 

スピーカー

Rei(@savoy373
いさお(@fujiwara1981
NOBU(@nobu0727n
えりー(@ellieellie

logger

パラレルワーカーな看護師。
重症児デイサービスや訪問看護ステーションで働きながら、パーソナルアシスタンス(PA)制度の介助者や、個人事業で遺伝子カウンセリングなどもしています。2021年3月現在、NPO法人設立準備中。

Twitter:@ayumi51sakura
ブログ:現役看護師あゆみのブログ

>>Direconの無料ダウンロードはこちら

配信日時 4月6日(火)20時00分~
タイトル 【 clubhouse最新情報 】ルーム分析ツール『Direcon』×『マネタイズ』(録音記事化予定)
登壇スピーカー Reinobuいさおえりー
説明文 clubhouseの最新情報をシェアします

<ルーム分析ツール『Direcon』とは?>

1.ルーム運営における課題
2.クリエイターサポートツール『Direcon』とは
3.Direconで測定できるルーム情報
4.ルームの質向上へのアプローチ例
5.マネタイズについて
6.質疑応答

普段からルーム運営をされている方は必見です!

ルームURL Clubhouseへ
ロガー あゆみ

 

※本記事に関する内容は、全てのスピーカーの記録および記事化の承諾の下掲載しております。なお、当メディアにおける記録および記事化のガイドラインはこちらをご参照ください。→詳しくはこちら

7月14日(水)21時:モデレーター必見👋 clubhouseの分析ツール「Direcon」とマネタイズについて✍️