5月2日(日)12時:【 デザイン勉強会 】遂に最終回!カナダ在住デザイナーによるアイコン添削

配信日時 2021/5/2 12:00〜13:00
タイトル 【 デザイン勉強会 】遂に最終回!:flag_ca:在住デザイナーによるアイコン添削+:gift:企画 ※5名限定
スピーカー Reiギクキング
説明文 カナダ:flag_ca:はバンクーバー在住のギクキングさん

2週間に渡って行ってきたアイコン勉強会も 今日が最終回になります:pencil:

3回の勉強会を通して自分のアイコンを説明できるように、 なっていただけたらと思います:art:

この企画限定で、5名様にギクキングさんが アイコンをプレゼント:gift:します!

こぞってご応募ください!

ルームURL Clubhouseへ
ロガー ぷくし
※本記事に関する内容は、全てのスピーカーの記録および記事化の承諾の下掲載しております。なお、当メディアにおける記録および記事化のガイドラインはこちらをご参照ください。→詳しくはこちら

アイコンの戦略お伝えします

Rei
今日はアイコン勉強会の第3回目、遂に最終回です。

先週先々週と連続で勉強会をやらせていただき、アイコン・デザイン・色が、人にどういう印象や影響を与えるのかを講義形式で教えていただく勉強会で、全3回お送りしています。

 

第1回:デザインの力について

第2回:色について

第3回:実践編/アイコン戦略

Rei
今日のテーマは「アイコン戦略」実践編です!ヘッダーやSNSアイコンなどのブランディングで有名なギクキングさんに教えていただきます。(前回の内容はこちら

ギグキング

ギグキング
麦倉邑(むぎくら ゆう)|【あなたの発信をビジュアルから覚醒させる】皆さんを本気で応援するため、その想いを胸に仕事を辞めデザイナーとして独立|11年間培ってきたデザインの力をあなたの発信のためだけに使わせていただきます。
https://gikukingdesign.com/

アイコン戦略 実践編

ギクキング
アイコン戦略 実践編、行きましょう!本日話すレジュメはこちらです。

 

  1. あなたの世界観と魅力を全て書き出し整理しよう。
  2. ビジュアルを統一してブランディングしよう。
  3. 誰かの力を借りることを躊躇しないこと。

 

ギグキング

アイコン勉強会全編を通しての皆さんの最終ゴールは「アイコンを自分で説明できるようになる。」です。

アイコンを作る、もしくは誰かに作ってもらう際に、そのアイコンの中身を説明できるかどうかが、そのアイコンに意味を持たせるために必要なことになります。

今日は、私が実際にアイコンを作る過程で何を考えているか、つまり皆さんがアイコンを作る時にどう考えれば良いかを具体的にお話します。

普段は絶対に外に教えないことなので、メモを取っていただいた方が良いかもと思います。笑
全部で次の11項目があります。

アイコン戦略のポイント Summary

自己分析編

 

1. あなたの見ているビジョンや夢、目的は何か?

まずここから考えてください。もともとの目的は何か?

2. その発信をどんな人に届けたいか?

あなたの発信を届けたい相手を強くイメージしてください。どんな人に思いを届けたいですか?

3. 具体的な発信内容は何?

自分の掲げるビジョンや夢や最終目標に対して、自分はどんな提案をするか具体案を考えてください。なるべく明確にしましょう。

4. その発信をする人は、どんな印象だと理想的か?(重要)

あなたのしたい発信を誰かがする場合、その人がどんな印象だと理想的ですか?

例えば保育士さんや子育て環境支援をする人はどんな印象が良いかは「優しい・癒し・親近感がある」などの理想像になると思います。
自分ベースではなく自分以外の人物像で、自分の理想像を思い浮かべながら考えてみてください。

 

モデル編(自分に使用する写真やイラスト)

 

1. その発信をする人の雰囲気はどんな雰囲気か?柔らかい雰囲気?冷静でクールな雰囲気?熱血な雰囲気?まずはここを考えます。

2. その発信をする人の服装はどんな服装が良いか?

例えば警察なら警察官の服装。出張シェフや料理の発信ならシェフの服装など。制服の場合はわかりやすいですね。

3. その発信をする人の発信が伝わるポーズや動きは、どんな動きか?

ポーズがあるジャンルと無いジャンルがありますが、伝わりやすいポーズが無いか考えます。

例えばトレーナーなら筋トレの動き。ヨガのインストラクターならヨガのポーズ。ブログを書いている人は何か書いている姿勢とか。その発信をする人がどういうポーズなら発信内容が伝わりやすいか考えてください。

 

配色編

 

1. 発信する人の印象を表す色は何色?例えばお医者さんなら白のイメージ。スポーツトレーナーの人はスポーティーで鮮やかな青や、トレーニング器具の赤や黒のイメージとか。その発信や事業内容に直結する色のイメージは何色か考えましょう。

2. 自分の発信内容のイメージは何色?

発信内容の色は何色?と聞かれても迷うかもですが、伝えたい発信の「雰囲気」の色は何色でしょうか?

 

ギグキング

例えば「笑い」の発信イメージなら、私は元気な黄色を連想します。また看護師や医療関係の方なら優しい雰囲気を伝えたいので、淡いピンクやパステルカラーかなと思います。

配色のイメージは検索すると沢山見つかりますので、困った方は色のイメージで検索してみてください。

アイテム編

あなたの発信内容を伝えるアイテムは何か?

 

ギグキング

例えば看護師さんは病院の小物とか。記事を書く人はペンと紙とか。著書の画像をアイコンに入れる人は本を出している事が伝わりやすいですね。アイコンに楽器を入れている方も、音楽関係の方だなって伝わりますね。これは、誰がどう見てもその印象になることが重要です

ただしアイテムが浮かばない業種もあって…
ブログとかコーチングの業種はアイテムで表現しづらい。
アイテムが浮かばない場合は、理念を言葉にしてその言葉をアイコンに入れても良いです。あるいは無ければ、配色編やポージング編の手法で伝えましょう。

 

Rei
そう考えると、自分の発信内容のアイテムをアイコンに入れて伝えている人は少ないですね。

ギクキング
アイテムが無いと、初見では何をやっている人なのかわかりづらい部分がありますね。

 

行動編

製作するスキルがなかったら、思い切って委託する。

ギクキング
いつまでも伝わらないアイコンビジュアルのまま時間が経って機会損失を喰らいまくるよりも、作れる人に委託してしまいましょう。写真編集してくれる方々は沢山いらっしゃるので、頼みたい人を選んでさっさと委託してしまう。叶えたい夢やビジョンがあるなら、先行投資だと思ってササッと整理してしまいましょう。

委託する際には今日話した自己分析編、モデル編、配色編、アイテム編、これらを整理してデザイナーさんに共有すれば、方針もすぐに伝わります。

ルームでアイコンを使い分ける。

ギクキング

ギグキング

ルームでアイコンを使い分けると効果的な局面があります。僕が実際にやった戦略をお見せしますね。

ギクキング
赤髪社長のroomに行った時にこの赤いアイコンを使ったら、一撃で呼ばれて登壇できましたね。「わー!なんかすごい赤い人がいるー!!」って、呼んでいただけて。モデレーターの方に刺さるものを事前に準備できると、一気に呼ばれやすくなって効果的です。

ギクキング
他には、誰かの話を聞いている時に僕の場合は「聴くキング」というものを作ったり。笑

このように色々な場所で使い分けるために、私は文字を入れたりアイコンを変えたりしています。色々とアイコンを作って試してみると良いと思いますね。

Rei
僕の場合は夜12時を過ぎると頭を使いたくないので、犬のアイコンにしたりするんですよ。笑 もう…眠いわ、緩いわ~、みたいな。笑 眠いので真面目は話はしません!という雰囲気を出します。笑

Rei
もっとひどい時は……もう…一筆書きみたいなアイコンにします。このゆるいアイコンにすると、どんな暴言吐いても大丈夫なんですよ。笑 もうこいつ面倒くせえからもういいわ…みたいな。笑

ギクキング
笑!良いですね〜これ。私も一筆書きでユルいイラスト描いてみようかな。笑

 

人からどう見られるか。人をどう吸い寄せるか。

Rei
僕が皆さんのアイコンを拝見して思うのが、目的をもって発信をしている人もいれば、単純に話を聞くのが楽しくてClubhouseを使っている方もいるなと。

もし発信する側に回るのであれば、アイコンからその人のキャラや取り組みがわかると、より伝わりやすい。この人はこのジャンルの発信をしているから、アイコンも相まってその話ができる権威性が得られるというか。プロフィールから読み取ってもらうのも良いですが、アイコンからわかると更にどんな人か伝わりやすいと思います。

ギクキング
単純に楽しむ活用方法もすごく良いですが、自分となるべく近い仲間を見つけるためにも、やはりアイコンで伝わりやすくするのが大切ですね。

そうすることで、より属性の近い人が近寄ってきますから。音楽に興味がある人には、音楽に興味がある人が吸い寄せられて来ます。より楽しめることに繋がります。

Rei

Rei

実は、僕は初めは犬のアイコンだったんです。
Clubhouseを始めた時に、ファシリテーター/モデレーターをメインでやろうと思ったんですね。

僕は進行役をメインでやるので、例えばギクキングさんのようなゲストの方には、進行を気にせず気持ち良く話してもらえる場を作った方が良いだろうと考えて。

それで考えたのが、僕のキャラは前面に出なくて良いということ。

僕は司会進行に徹しようと考えまして。ただの進行役・ただの司会者くらいの存在感。存在感を消すために犬のアイコンにしていたんです。

でも人から言われたのが「誰が喋ってるかわかった方が良い」と言われて。それで今の実写のアイコンにしたんですが。

自分がやろうとしていることや「このつもり」でアイコンを選んでも、人から見ると、そうじゃない。

自分で思っていても相手に伝わらなかったり。

Clubhouseは、話している人の顔が見えたほうが、相手に安心感が伝わる。発信力が上がりますよね。実写で本人の顔を出して欲しいというのがありつつ。そして話している人の顔が想像できた上で、アイコンを見て何を発信している人かわかった方が良い。

それらをロジカルに紐解いていくと、この勉強会でギクキングさんが仰ったことに繋がっていると思います。

 

ギクキング
アイコンやビジュアルから発信内容がすぐに伝わると、ビジネス的メリットは計り知れないです。

ビジネスでも趣味でもどんな使い方でも、アイコンやビジュアルの第一印象で伝えることはとても大切ですね。

番組プレゼントしたアイコンの、制作のワザを解説します

Rei
これまでのアイコン勉強会で、各回5名様ずつアイコン添削プレゼント企画を行いました。

第1回アイコン添削プレゼント獲得の皆さん
(左から)徳永さん/こばさん/たかあきさん/柿田さん/ぷくしさん

第2回アイコン添削プレゼント獲得の皆さん
(左から)naonaoさん/ゴリしんぺーさん/ゆうきさん/あゆみさんらふちゃん

 

ギクキング

ギグキング

アイコンは、自分の取り組みを説明できるアイコンにすることが大切です。いかに自分の中身をアイコンに詰め込むかは、自分の事業内容を説明できたり、自分はどんな人なのか話す引き出しになります。

私のアイコンはこういう内容ですと説明できると、相手に「この人はここまでこだわっているんだ!」と受け取られる好印象にも繋がります。一気に訴求力が上がりますね。

 

Rei
今スピーカーに来ていただいた皆様は、これまでのアイコン勉強会でギクキングさんに新しくアイコンを作っていただいた方々です。

皆さんどういった経緯とコンセプトで作ってもらったか、感想などをいただきましょう。

1人目:らふちゃん

らふ
アイコンを作っていただく時に、超細かくアドバイスを頂きながら作っていただきました。

らふ
アイコンプレゼントって、作ってもらうだけではなくて。私が何をしていて何に繋げたくて、何の目的でどんな発信をしているかまで、やり取りで捉えていただいた上で、アイコンを作ってもらいました。

そこまで細かく分析していただけるんだ…!って、アイコン制作いただく以上の価値が計り知れないと思いました。

私自身も「私のやってることって一体何だろう?」を見つめ直すことができました。本当にありがとうございます!

ギクキング

ギグキング

自分を見つめ直す効果は凄くあります。前回の番組で、NPO法人の資金調達の徳永さんもいらっしゃった時に仰っていましたね。

①自分の発信がそもそも何なのか。初めに描いた初心は何か。それらを自己分析する。②そして導き出されたコンセプトや発信内容を、私がアイコンやビジュアルに落とし込む。③そうすることで発信軸がより強力になります。

この効果はアイコンを整えることで生まれます。一通り自己分析して「やっぱり私はこれだ」と自分自身を表現すると、さらに思い入れも強くなります。発信の訴求性も上がります。一度まず自己分析を挟むのは、必ず必要だと思いますね。

ギクキング
らふちゃんは、いろんな事業をされています。「ラフマインドマップ」というマインドマップの作成、笑顔のコーチング、美容サロン、Webマーケティング…様々なことをされている。

それらを全部アイコンに落とし込むと、伝えたいことがぼやけてしまう。では一番の根底のコアな部分は何か?と考えると「笑い」「笑顔」でした。らふちゃんはそこが一番大切だとわかったので、そこを一点集中して作ったアイコンです。

らふ
新しいアイコンを見た方々から色んな方面でアイコンのことを聞かれて、皆さん褒めてくれます!

2人目:Pukushiさん

ギクキング
次にPukushiさんのアイコン。

ギクキング

ギグキング

普段お客様のアイコンを考える時も同じ手順で、私はまず、アイコンのデザインの方針や構築の仕方を練ります。

まず何よりも最初にやらないといけないのは「自己分析」です。

みなさん自己紹介文や、自分の事業内容は既に発信していて、まとめています。それらを拝見しリサーチし「この人はこういう発信をされている」「こういう性格、考え方だな」というのを分析してから、アイコンの構築を練っていきます。

ギクキング
Pukushiさんは、実際にデザイナーとして活動されています。当初のアイコンから、今の新アイコンに近い配色でした。背景の緑と、服装の赤。緑と赤の対極の色の組み合わせを使った効果で、色同士を強調する配色を既に使っていたので、それを生かした形で制作しました。素地はすでに、デザイナーであるPukushiさんによる色の配色を生かした構築です。

あとは配色のテクニック以外には、アイテムを入れました。デザインのアイデア出しや、記事を書いている方なので、電球やペンのアイテムを入れて、お仕事の内容や何をされているのかを伝える。そうしてこのアイコンになっています。

3人目:Ayumiさん

Rei
次にAyumiさん。コンセプトと合わせて納品しましたが、どういった印象でしたか?

Ayumi
すごく可愛らしいなというのと。笑 納品いただいて1つ気になる点としてギクキングさんにお伝えしたのが、現在廃止されているナースキャップがアイコンの中に入っているのは、現場にいる身として違和感だったのですが、看護師だと伝える意味で入れた方が良いですか?とお伝えすると、この理由だからこうなのだよって詳しく説明していただいて。

あとは、アイコンと共に送られてきた解説とメッセージに感動しました。

この意味を盛り込んだからこのアイコンですという詳しい解説がありました。第1回目のアイコン勉強会の記事化を担当させていただいて、内容を確認してもらった時にも最後にメッセージが付いていて。メッセージも付いて来たのが初めてだったので。その相手への気遣いに、アイコンを作っていただく以上にギクキングさん自身に感動しました。素晴らしい方だな…!と思って。

ギクキング
わーー!すごい嬉しいです!!

こういった仕事は対・人。対・お客様とのやり取りなので。ひとりひとりのお客様は人生経験も違えば、考え方も違います。そこを尊重するためにデザイナーは、お客様がどう考えているかを自分事のように考える必要があるなと常々思っていたので。

その意識で日頃から仕事をしているので、今の感想を聞いて、そこが培われていたかと思うと…すごく嬉しいですね!そこが伝わったのは、やってて良かったと凄く思いました。ありがとうございます!

Rei
いいですね~~~~!

次にnaonaoさん。実際にアイコンを作っていただいてどうでしたか?

4人目:naonaoさん

naonao
ギクキングさんは、沢山の方々のヘッダーやアイコンを作られていて、以前から興味がありました。僕は誰かにアイコンを作ってもらうのは初めてなのですが、ギクキングさんは制作の際に凄く丁寧にヒアリングしてくださって。

作っていただく際に僕自身のことを自己紹介しようとしたら、僕の書いているnoteや発信をあらかじめ目を通してくださっていて。すでに把握してくださっていたことにまず感動しました。あらかじめ僕のことを分析いただき、直ぐにアイコンを作って提案くださったので、すごいなーー!!の一言です!ありがとうございます!

ギクキング
アイコンを作らせていただく方々のプロフィールは全てよくよく読ませていただき、制作に入っています。そこがやはり、デザイン構築するための材料出しで必須な工程になるので。

Rei
naonaoさんとのやり取りが一番繊細だった気がします。naonaoさんのアイコン制作は、ケアしなきゃいけない部分が色々あって。ギクキングさんは、コンセプト、背景、設定…細かく考えて作っておられるなという印象でした。

ギクキング
naonaoさんとのやり取りは細かくなって、最後、アイコンを納品した時の文章は、携帯の画面から見切れるレベルの説明文になりましたね。笑

 

5人目:たかあきさん

Rei
続いて、たかあきさん。

たかあきさんは、性教育について学んで発信されている方です。以前のアイコンは、実写の写真と、ピンクの枠で「性教育」と書いているアイコンでした。それをギクキングさんに添削いただき、新しいアイコンを作っていただきました。

たかあき
新しいアイコンは、合成で医者の服を着せてもらっています。それから瞳の中にも、合成で光を入れていただいてます。提出した写真からアイコンを作っていただいているのですが、1枚の写真からこんなことができるんだ…!って驚きましたね!

Rei
実は細かい加工をされてますよね。瞳の位置や、目の向き、服の色…それらも変えられるんですよね。

ギクキング
本当に点一つでも印象は変わります。アイコンの大きさでそこまで分かるか?と言われると、小さくて気付かれにくい部分ですが、その細かい部分まで修正していくと、その集大成で最終的に良いアイコンへと仕上がるので。細かいところは大事ですね。

Rei
細部に宿るこだわりを感じました!

 

今回もアイコン添削お見せしていきます

Rei

Rei

全3回のアイコン勉強会は、各回5名ずつギクキングさんにアイコンを作っていただきプレゼントしていますが、今回も5名の方のアイコン添削とプレゼントを行ないます。

1名だけ、番組内で実際にヒアリングのやり取りをお見せしましょうか。

Yoshihiroさん。ご応募ありがとうございます。

なぜ今のアイコンにしているか、何を発信していきたいか、アイコンの悩みなどあれば、教えていただけますか?

 

Yoshihiro
こんにちは。ありがとうございます。

今までアイコンを気にして考えて来なくて。昨日この番組のことを知りまして。そうか、アイコンの色とかも考えなきゃいけないのかと思い始めたんですね。これは面白そうだと思って応募しました。

私は南極の研究者なのですが、南極の研究をしていたらNASAまで行っちゃったかんじです。笑 プロフィールも、ずっと書いては書き直してを繰り返しているんですが…。

一番伝えたいことは、地球のことです。

「やばいやばい!」と危機感を煽るのは簡単なんです。でも危機感を煽るのが正しいとは思っていなくて。それが一番注目を浴びる方法だけど、かといって研究者としてそれが一番正しい方法なのか?と考え続けていまして。

南極を通して、地球って今どんな状況なの?環境問題が問題にされているけれど、どう考えたら良いのかみんなで地球のことを考えよう、1人じゃできないからみんなで考えよう。それを伝えたいと思っています。

まずはプロフィールを見て欲しいので自分のアイコンにNASAのマークを入れていますが、それが一番良い解決方法かはわからない。南極を伝えるところから何かできたらと常々思っていて、それで応募した形です。

ギクキング

ギグキング

今Yoshihiroさんがおっしゃったビジョンや思いは、それを伝えるためにも、まずはプロフィールまで入って来てもらわないといけない。Yoshihiroさんにまずは興味を持ってプロフィールを見てもらうことが最初の扉なので。

流入を増やす目的でアイコンを整えるにあたって、私だったらこうするってアイデアは今お話を伺って思い浮かんでいるので。具体的なご提案はDMでやり取りさせていただきますね。

キーワードに、南極NASA地球環境など出てきたので、そこから派生したイメージが浮かぶと思うんです。地球だったら、丸い・青・緑とか。南極だから氷とか。NASAだから宇宙・スペースシャトルとか。

そういうすぐに思い浮かぶ、「マジカルバナナ」のような“バナナといったら黄色”ぐらいの、初見の方にもすぐ浮かぶ連想で導くことで、相手に伝わるアイコンになっていきます。

あとは組み立てですので。デザインで具体的に進めさせていただければと思います。

 

続報:Yoshihiroさんのアイコン、仕上がりました!

Rei
番組終了後に早速、Yoshihiroさんのアイコンが出来上がりました。

ギクキング
※(本アイコンについての内容はこのルームの後の実際のDMのヒアリング後、作品と合わせて構成背景を説明している文章となります。アイコンの説明の文量を体感してみてください。)

制作の背景とコンセプトをお伝えします。Yoshihiroさんの発信の最も重要な軸は『南極と海』ということでビジュアルとして強力な南極をベースとして全体を構成し、生態系や環境への影響という部分+南極のイメージに近いペンギンを配置しました。背景に南極の風景を入れるかどうか検討しましたが、ビジュアルの訴求性としては『氷』をメインにした方がアイコンの印象は強力になるので背景は氷の背景とし上部には氷柱、実際の研究対象とされている棚氷、雪なども描写しました。これで嫌でも南極のイメージとビジュアルの記憶が相手に定着します笑。その先入観を相手に持たせた上でご自身の研究や実績などが後追いで肉つけスムーズに情報の伝達ができてきます。配色を含めた印相の戦略に関して説明すると、防寒着のオレンジと背景の氷の青の色合いでお互いの鮮やかさを補填しており、ほとんどの方が使えない『氷』のビジュアルのインパクトで目立ちやすく興味を持たれやすい配色としてみました。

 

まとめとセルフブランディング

Rei
今日スピーカーに来ていただいている、ギクキングさんにアイコンを作ってもらった皆さんと、そうでない方々との、色味の違いや見た目の違いが凄くて…!

Rei
作っていただいた方々は、なんとなくキャラが想像できる。そして話して、なるほどこういう人かと合致する。その辺りが明確ですね。

ギクキング

ギグキング

アイコンを作り込んだ人とそうでない人とは、明確に印象が分かれることがわかりますね。

私は1年くらいお客様のSNS周りのビジュアルを作り続けていますが、まだまだアイコンに力を入れている人の割合は少ないですし、未だにアイコン整備のメリットに気づかずに取り組んでいない人が多い印象ですね。

これは逆に整備することで抜き出ることができるともいえますね。

ネットで収益をあげられない人に共通するのはなんでも自己流でやってしまい非効率で周りくどいことになる。

それは運用面でもビジュアル面でも同じです。

私は普段ビジュアル整備だけでなくその人の世界観を加味した上でのマネタイズ提案やプロフィール全体の整備のサポートもしています。

最初の自己分析からサポートするのでお客様の向かう先は明確になり発信が加速するということに繋がりますね。

Rei

Rei

一番大事なのは、自己分析ですよね。自分のことをどう分析できているか。

自分で用意したアイコンも、伝えたい内容と実際に伝わった内容が違ったとなると、根本がズレて勿体ない。

そこをズレずに捉えて一発で相手に認識してもらう方法が、このアイコン勉強会です。ギクキングさんから教えていただいた過去回の、デザインの回色の回も参考に読んでみて欲しいです。

 

ギクキング
呼んでいただきありがとうございました。楽しかったです!とても刺激的でした。

私も、自分で学んで来たことをアウトプットして、再認識できた部分もあったので。とても貴重な機会をいただけました。

Rei
ありがとうございます!
番組を通してギクキングさんにアイコン制作いただいた皆さんも様々な発信をされているので、皆さんのプロフィールやSNSもチェックしてみてください。ありがとうございました。

アイコン添削プレゼントに参加いただいた皆様:
徳永さん/こばさん/たかあきさん/柿田さん/Pukushiさんnaonaoさん/ゴリしんぺーさん/ゆうきさん/あゆみさんらふちゃんYoshihiroさん

登壇者

Rei(@savoy37
ギクキング(@giku_sns_design

その他のスピーカー(当日参加)

らふ(@laugh_mind_map
Pukushi(@pukushi
Ayumi(@ayumi51244
naonao(@naonao_kids
たかあき(@takapien
Yoshihiro(@umi_nakayama

編集:ロガー

ぷくし

ぷくし
カナダ移住し広告とEC運用してます。パレットメディアで記事書き|Clubhouseで【旅部】の部屋を開いたり|多拠点居住話が聞きたい|リンク先に記事や告知掲載|越境EC 北米移住←広告代理店←EC企画運用←PM•デザイナー|日本とカナダのデュアルワーク始めました。

Twitter:https://twitter.com/pukushi
note:トロント暮らし

Clubhouseのおすすめルームカテゴリの最新記事