4月25日(日)12時:【 デザイン勉強会 】プロデザイナーが教えるClubhouseにおける「色」の効果とは?

4月25日(日)12時:【 デザイン勉強会 】プロデザイナーが教えるClubhouseにおける「色」の効果とは?
配信日時 2021/4/25 12:00〜
タイトル 【 デザイン勉強会 】プロデザイナーが教えるClubhouseにおける「色」の効果とは? ※5名限定アイコン:gift:
スピーカー Reiギクキング
説明文 <カナダ:flag_ca:はバンクーバー在住のギクキングさん 数多くのアイコン、ヘッダーを作ってきた彼から デザインの基礎からClubhouseにおけるアイコンの 重要性について解説していただきます。 今回は「色」が人に与える効果について:art: この企画限定で、5名様にギクキングさんが アイコンをプレゼント:gift:します!
ルームURL Clubhouseへ
ロガー ぷくし
※本記事に関する内容は、全てのスピーカーの記録および記事化の承諾の下掲載しております。なお、当メディアにおける記録および記事化のガイドラインはこちらをご参照ください。→詳しくはこちら

アイコンがどんな効果を与えるか解説します

Rei

Rei
Rei

日はアイコン勉強会の第2回目ということで。
アイコンは、ClubhouseだけでなくSNS全般で使われますが、アイコンが人にどんな効果を与えるのかを、バンクーバーにお住まいのデザイナー・ギクキングさんに3週連続で解説していただく番組です。(前回の内容はこちら

今日のテーマは、アイコンにおける「」。色が心理的にどのような印象を与えるか、五感にどんな影響を与えるかを解説していただきます!

Rei
Rei
ギクキングさんは、バンクーバーにお住まいのデザイナーさんで、SNS周りだと、Twitterのヘッダーやアイコンを作られています。Clubhouse上でもアイコンの添削会を何度かされていて、目にした方も多いと思います。ギクキングさん、よろしくお願いします!
講師プロフィール:
ギクキング
麦倉邑(むぎくら ゆう)|【あなたの発信をビジュアルから覚醒させる】皆さんを本気で応援するため、その想いを胸に仕事を辞めデザイナーとして独立|11年間培ってきたデザインの力をあなたの発信のためだけに使わせていただきます。
https://gikukingdesign.com/

ギクキング

ギグキング
ギグキング

よろしくお願いします!
まずSNSは発信の場です、Clubhouse、Twitter、他のSNSも含めて、皆さん様々なSNS発信をされていると思いますが、情報を受け取る相手にとってどう見えるかが一番大切ですよね。

SNS投稿の時に、皆さん文章は相手に伝わりやすい文章にしようとよく考えて発信をされるのですが、不思議なことにアイコンビジュアルになってくると、皆さんなぜか「我(が)」が出始めるんですよね。笑

そこも、文章を伝わりやすくするのと同じ考え方で、自分のアイコンが相手にどういう印象で伝わるかをちゃんと考えた上で、自分の好みを押し通さず、相手にとってどう見えるかを意識して運用することで、今よりもっと自分の発信内容が相手に伝わりやすくなります。

アイコンを見ても、何をやっているか伝わらないとか、自分のアイコンが自分のやっている活動と繋がらないとか、そういうアイコンだととても勿体無いことになるので。そこを改善すると、SNS発信の認知度を上げたり、自分の発信内容が相手に伝わりやすくなり、結果的に自分にもメリットが生まれてきます。

色の効果と活用

Rei

Rei
Rei
じゃあ早速、今日のテーマを進めていきましょうか。今日のテーマは、ずばり、色です。

ギクキング

ギグキング
ギグキング

皆さんは普段色について気を遣っているでしょうか?
色はすごく大事な要素で、めちゃくちゃ深い。考え出したら止まらないほど、色の考察はボリュームが半端ないんですよ。

アイコンだけに限らず、お仕事や実生活でも、色の効果を使うと売り上げが伸びたり、飲食店だと回転率を上げられたり、応用できる効果がどんな場面にも多々ありますので。色のテクニックを理解して、使っていただけたらと思います。本当に、色は、何でもできます…!

今日は、根拠も交えながら、色の効果はどれほどなのかをお話しします。皆さんに、色の心理効果を知ってもらって、その活用効果を皆さんご自身で考えられるようになる。それが本日のゴールだと思ってお聞きください。

SNSアイコン以外にも、お仕事などにも色を活用できる場面は必ずありますので。色を活用する意識が皆さんに芽生えてくれれば、嬉しいなと思っています。

色が見える仕組み

ギクキング

ギグキング
ギグキング
Reiさん、色って何かわかりますか?なぜ色が見えるかわかりますか?

Rei

Rei
Rei
色って何……?光の屈折……?みたいな?

ギクキング

ギグキング
ギグキング

そうです!虹ってありますよね。光の中に含まれている屈折。光って、ようするに電磁波の一種なんですよ。

紫外線とか、赤外線とかありますよね。紫外線を受けると肌は黒ずむとか、電磁波が肌に与える影響がありますが。その電磁波の中の、見える範囲が、色なんです。

見える光の範囲は、まあ虹ですね。
パレットメディアさんのデザインもそうですね。赤、オレンジ、黄色、黄緑、水色、青、紫。


ギグキング
ギグキング

それぞれの光の波長の長さによって、見える色が変わってくるんですよ。人間に見える色の範囲が、紫の短い波長から赤の長い波長まで。「可視光線」って言うんですけど。これが私たち人間に捉えられる範囲なんですね。

逆に目で捉えられない紫より先の短い波長の光の範囲を紫外線と言います。紫の外だからですね。逆に、赤よりもっと長い波長の光の範囲は、赤外線と言います。赤より外だから、赤外線ってことです。

Rei

Rei
Rei
めっちゃおもしろいです!もう既に。笑
人間の目で捉えられる色の範囲が、紫から赤までで、紫外線が、紫の外の線で、赤外線が、赤より外の線みたいな。はぁーーーーーー、おもしろ!!

ギクキング

ギグキング
ギグキング

そうですそういうことです!
紫外線を受けまくると、人体に影響が出る。日焼けしたりとか。これは、光を浴び続けると、人間の体には反応が起こるということですね。
色もやはり電磁波だから、体に作用をもたらすんですよ。これは可視光線でも同じです。例えば赤色の電磁波は、赤色の影響を体に及ぼします。

人間って、目で色を捉えていると思い込みがちですが実は、目以外でも、人間は色を感じているんです。これにはちゃんと根拠があって、肌も色を感じているという実験結果があるんです。
これは、「ライトトーナス値」っていうものがあるんですよ。人間に目隠しをして、①赤い部屋の中に入れた時と、②緑の部屋の中に入れた時で、人間の体の筋肉が緊張しているか、緩んでいるかを測定した実験があるんです。赤の部屋の時に一番筋肉が緊張していて、緑だと、筋肉がゆったりした状態になった実験結果になった。

このように、色は人体全体に影響を及ぼしています。これは無意識の領域も含まれるので、色を理解することは、相手が無意識に受けるイメージに働きかけられることに繋がります。

色によって五感が変わる

ギクキング

ギグキング
ギグキング
肌で色を感じる以外にも、五感も色によって感覚が変わるんですよ。視覚もそうですし、温度、体感時間、重さ、味覚、音、匂い、金銭感覚……色によって、五感の感覚が変わってきます。

Rei

Rei
Rei
へーー!!

ギクキング

ギグキング
ギグキング
本当に?て思うじゃないですか。じゃあ例を出しましょうか。Reiさん、こたつの光って何色ですか?

Rei

Rei
Rei
こたつ……?……オレンジ!

ギクキング

ギグキング
ギグキング

ですよね。こたつの光はなぜオレンジ色なのかというと。こたつは販売当時は、白色のライトで販売していたんですよ。でもそれだと温かみを感じないって、クレームがあったんですって。そこで、ライトの色を暖かい色合いのオレンジ色に変えたら、売り上げが爆増したらしいんです。

人間が生きていく中で、火の赤色は熱い、氷の水色は冷たい、空や海は青い、植物は緑…とか、ものによって共通認識している色がある。色の原理や原則のイメージは、人間に本能的に刻み込まれています。

だからこたつの色も、暖かさを連想する色はオレンジ色や赤色って人間の意識に刷り込まれているから、温度は同じでも、色が変わると人間の感じ方が変わる。こたつの話は、色の効果の良い例だなと思います。

あとは、重さの体感も変わるんですよ。

Rei

Rei
Rei
重さ?温度感は確かにわかりますが…。

ギクキング

ギグキング
ギグキング

白い箱を質量1とした時に、箱の色を真っ黒に変えるだけで、体感1.8倍の重さに感じるんです。これは鉄や密度の濃い印象を無意識に連想させるから、それほど人間の感じ方が変わっちゃうんですね。

あとは、味覚も変わります!
実験で、①黄緑のオレンジジュース、②黄色のオレンジジュース、③オレンジ色のオレンジジュース、この3つを被験者に飲ませた実験があって。全部同じ味なのに、黄緑を飲んだ人は少し酸味を感じたと言って、逆にオレンジを飲んだ人は、甘みを感じたと意見が分かれた結果になった。これは、木の実が熟している・いない、という本能的な印象から導かれていますね。

このように、色の先入観やイメージが相手に伝わった状態でアプローチされると、判断が鈍り、変わってくる。色で印象が変わって伝わるんですね。これが無意識に影響を及ぼす、色の効果です。

なぜ、色が印象を変えてしまうかというと、色を認識する場所は、目じゃなくて脳だから。目は、色を通過させて、脳に情報を与えているだけ。だから騙し絵でも人間の脳は錯覚するんです。色の置き換えでも、簡単に人間の脳は、色に騙されてしまう。

人間の脳は、色によって簡単に印象をねじ曲げられ、操作されやすいことをわかってもらえれば。色のパワーのすごさをわかってもらえると思います。

色から受ける印象の話

ギクキング

ギグキング
ギグキング

人間って、気づかないうちに色で認識してる部分がめちゃくちゃ多いんですね。

トイレのアイコンにも面白い話があって。男女のマークあるじゃないですか。青と赤の。普通は男性マークは青で、女性のマークは赤って思いますよね?とある実験で、色を逆転させた実験があって。そうしたら、ほとんどの人が入る方を間違えて騙された実験結果があるんです。

だから、人は形を意外と見ていない。見ているつもりでも、全然見ていない。ぱっと見で判断していて、ぱっと見は、色の印象が優先されます。

そういった観点でも、色のイメージはとても重要なので。人間が持っている元々のイメージに合わせた色を使うことは、相手にストレスを与えない思いやりになるかな~、と自分は思っています。

色の印象 1:黒

ギクキング

ギグキング
ギグキング

代表的なそれぞれの色の印象の話をしたいのですが、まずは「黒」。
黒を使っている人って、お堅い印象。権威性。偉い人。そういう印象が、その人に与えられます。「ブラックハロー効果」っていう、心理学の効果もあるくらい。

この効果というのは、黒を着ている人に対して、人はノーと言いづらいんですよ。商談の場とか、相手にイエスと言わせたい時は、黒い服を着て商談に持ち込むと、イエスと言われる確率が上がりますね。

Rei

Rei
Rei
黒を着ている人にはノーと言いづらいんですか!?

ギクキング

ギグキング
ギグキング
そう、他の色より断りにくいんですよ。黒を着ている人には権威感を感じやすいから。

色の印象 2:赤

ギクキング

ギグキング
ギグキング
では次にReiさん、ってどういう印象を持ちますか?

Rei

Rei
Rei
赤髪社長!!ちょっと違うか。笑 行動力とか、情熱とか、そういうイメージです。

ギクキング

ギグキング
ギグキング

いいですね笑。行動力とか活力とか。赤は、自分も相手も、活動的になる色なんですよ。
それから、値引きの色。チラシとかの値引きのマークって赤ですよね。あれにも心理効果がちゃんと使われています。

値引きの赤色の効果は、
①行動を促進する色。
②遠くからも認知しやすい色。
③赤字。経営に対しての傾きの色。

赤は、①活動的な色。そして、②認知しやすい色。見られやすい、印象に残りやすい色。そして③赤字経営としての赤。セールや安売りしているのかな?お得かな?そういう心理が働くから、チラシで多用されるんですね。

色の印象 3:青

ギクキング

ギグキング
ギグキング
次は、はどんなイメージですか?

Rei

Rei
Rei
冷静!寒色としての冷たい!あと何だろうな。綺麗!

ギクキング

ギグキング
ギグキング

そういうイメージもありますね、いいですね! 他には、信頼感、爽やかさ、誠実さ、先進的なイメージを相手に与えることができます。

それから、青には危険な効果もあって。先ほど色の心理効果について、重さ感覚や味覚にも影響を及ぼす話をしましたが、位置関係の感覚も変わってしまうんですよ。

青い色は、感覚的に遠くに見えます。青は奥に引っ込んで見える色なんです。逆に赤は手前に出てくる、青が後ろに見える色です。これは「進出色と後退色」と言われています。

これは、赤色のような、長い波長の光の色を見た時の目の中の水晶体の形と、近くのものを見た時の水晶体の形が近いから。赤色を見ると錯覚して近くに見えるんです。
逆に、青色のような、短い波長の光の色を見た時は、遠くのものを見た時の水晶体の形と近いから、錯覚して遠くに見える。

これは車の事故率を見ると一目瞭然です。なんと青い車が一番事故率が高い。青色が奥に引っ込んで見える錯視の影響で、青い車は距離感を間違えて遠くに感じるから、事故に繋がりやすいんです。

Rei

Rei
Rei
青い車を遠くに見誤るけれど実際には近いからか!なるほど〜。

ギクキング

ギグキング
ギグキング
なので、青い車をお持ちの皆さん、車の運転には気をつけてください。笑

色の印象 4:黄色

ギクキング

ギグキング
ギグキング
続いて、Reiさん。黄色のイメージは?

Rei

Rei
Rei
黄色はねー……幼いイメージ?

ギクキング

ギグキング
ギグキング
あーそうですね! 小学生1年生の帽子とか。黄色は、元気、愉快、賑やかなイメージ。
あとはお金に結びつくイメージがあります。ちなみに、後ほど紹介するNPOの資金調達サポートをされている徳永さんのアイコンを作った時にも、資金調達のイメージで、黄色を配色しています。

色の印象 5:オレンジ

ギクキング

ギグキング
ギグキング

次はオレンジ
オレンジ色は、コミュニケーションカラーと言われています。これ、デザイナーはよく先輩とか本とかでも言われる話なのですが、デザインをする時に困った時はオレンジ色を入れとけ!ってくらい、すごく万能な色なんですよ、オレンジ色って。

オレンジ色は、親しみやすさ、温かみ、カジュアルさ、陽気。
オレンジ色は親しみやすいイメージの色なので、誰かと仲良くなりたい、コミュニケーションを上手く取りたい時は、オレンジの配色をしていると、仲が良くなりやすい。

色の印象 6:ピンク

ギクキング

ギグキング
ギグキング

次は、ピンク
ピンク色は、可愛い、優しい、恋愛、ロマンチック、甘さ。これらの印象を相手に与えるので、例えば相手に助けを求める時は、ピンク色を着て助けを求めると、助けてもらえる確率が上がります。笑

ピンク色を人間が見ると、無意識的に、護ってあげたい意識が湧くんですよ。「愛さないと。護らないと」という意識が人間の中に芽生えやすくなります。なので、誰かに何か頼む時は、ピンク色の配色でお願いすると、確率が上がるかもしれませんね。笑

Rei

Rei
Rei
女の子が男の子を落とすテクニックの1つですか?笑

ギクキング

ギグキング
ギグキング
あーそれもありますし、男性でも使えるテクニックですよ。笑 ネクタイをピンクにするとか。注意する点としてはパッションピンクではなくて、淡いピンクの方ですね。

前回のアイコンプレゼント企画を、色を交えて解説します

Rei

Rei
Rei
前回のアイコン勉強会でギクキングさんにアイコン添削プレゼントをいただいた、徳永さん、Takaakiさんに来ていただきました。その時の添削のエピソードを、色の観点を交えながら、解説いただけますか?

前回のアイコン添削 1人目:徳永さん

Rei

Rei
Rei
まずは徳永さん。どういったコンセプトでアイコン添削いただいたとか、アイコンが作られた経緯をご紹介ください。

徳永
アイコンプレゼントいただきありがとうございました!
以前のアイコンは、自分の著書の表紙を、アイコンに入れていました。本のタイトルが『非営利団体の資金調達ハンドブック』というのですが、私のやっているNPO資金調達のサポート活動とイコールなタイトルなので、本の表紙を入れることで、自分の団体や仕事の内容をお伝えできると思ったからです。

それに対してギクキングさんが仰ったのは、「ごちゃごちゃしている」「その本のタイトル以外にも、何をしているのかと、徳永さん自身のイメージも大切ですよ」ということ。私のプロフィールや、その他の活動内容も読んでくださり、それらを総括し、今のアイコンを作ってくださりました。

一番嬉しかったのは、自分でも可視化できていなかった、自分が今までやって来たこと、現在やっていることを可視化しアイコンにしてくださったことです。

それから、冒頭でギクキングさんが「ビジュアルアイコンになってくると、我(が)が出始める」というお話をされましたが、それでも私には私の好みがあるんですよね。私の好みを汲んでいただけたことが、一番ありがたかったポイントです。新しいアイコンに入れていただいたピンクやブルーの色は、私の活動している組織のロゴで使っている色や、著書に使っている色なんです。そういった私の好みも生かしてデザインしてくださりました。

新しいアイコンを使って発信していく中で、自分の発信内容や仕事を再確認して、そこに誇りを持てるような、そんな気持ちになりました。「たかがアイコン、されどアイコン」なんですね。本当にアイコンの価値っていうものを、しみじみと痛感しました。

ギクキング

ギグキング
ギグキング

それはありますね。制服と同じなんですよね、SNSにおいてのアイコンは。発信するSNSのアイコンを整えることは、身なりを整えること。自分の発信の身なりを整えるのは、自分の内面を整えるということ。

自分の意識が、外観からのアプローチでだいぶ変わる部分はありますね。意識を変えたかったら、まずは環境を変える方が、人は意識変革しやすいというのは、研究結果でも出ている話です。

ではSNSで環境を変えるってどうやるか?というと、部屋の模様替えと同じで、アイコンや見た目を変えるのは、徳永さんが仰ったように、自分の意識を変える大きなきっかけになります。
ご自身で「今停滞しているなー」とか、「TwitterやSNS発信でもマンネリしているなー」って方は、アイコンやビジュアルを変えてみるのは、おすすめのアプローチですね。

配色で、自分の性格も変える効果もあるんですよ。例えば「行動力が足りてない」とか「熱意が無い」って時には、意識的に生活に赤を取り入れると、活力が上がる。これは効果的な、色を使った性格改善のテクニックになります。

前回のアイコン添削 2人目:Takaakiさん

Rei

Rei
Rei
続いて、Takaakiさん。Takaakiさんも前回の番組でご応募いただいて、ギクキングさんにアイコンプレゼントいただいた方です。Takaakiさんの新アイコンは、どういったコンセプトですか?

ギクキング

ギグキング
ギグキング

Takaakiさんは、性教育について発信をされています。ご自身で勉強されて、コンテンツを発信されているのですが、男性が性教育についてお話されると、どうしても怪しく感じられてしまうんですよ。これはもう、しょうがない。今までの性教育に対してのイメージだったり、社会のイメージが蓄積しているのが要因なのですが。

Takaakiさんは、前のアイコンではピンク色を使っておられました。確かに性教育は、ピンク色のイメージがありますが、男性がピンクや紫を使いながら性教育を語ると、怪しさが増えて、安心感や信憑性に結びつきにくい。

では、どういう人が性教育について語ったら安心できるかを考えて、配色をいじり、白に変えました! 白は、お医者さんや医療関係の色。真っ白というのは、純白、潔白、誠実のイメージがあるんですね。
それと、緑色。Takaakiさんのアイコンに緑色を取り入れたのですが。緑色も、安心感や癒しのイメージを受け取り側に与える色です。
そういったコンセプトでTakaakiさんのアイコンは作らせていただきました。

Rei

Rei
Rei
ずいぶん印象変わりますね。

ギクキング

ギグキング
ギグキング

第一印象って、すごく大切で。
周りにYouTube発信だったりをされている方もいらっしゃるかもしれませんが、そこでもサムネがすごく大事って言われるのと同様です。SNS発信は、第一印象で何をやっているのか、面白そうだなと相手に伝わらないと、中まで見てもらえない。

アイコンやサムネの第一印象やデザインは、その先を見てもらえるかどうかに直結するので、とても大事です。発信をされるなら、配色やアイコンで発信の中身を一瞬で伝えるのは、とても大切になってきます。
例えば、今リスナーにいらっしゃる書道家の方は、書道に直結する墨の色をアイコンに取り入れてらっしゃって、活動内容に直結するカラーを取り入れているので、すごく効果的だと思います。

配色だけでもだいぶ印象が変わります。これはぜひ、活用した方が皆さんのためになるので。SNSを今後楽しく運用するなら、色について理解を深め、ぜひぜひ活用していただければと。
皆さんのアイコンと、ご職業や活動を振り返って、今日の話を聞いて、ご自身の発信内容は何色のイメージかな?と結びつけて考えていただけると良いと思いますね。

今回もアイコン添削していきます

ギクキング

ギグキング
ギグキング
もうねーーー、ボリュームが多すぎて、全然まだまだ話しきれないのですが…。色の話は沢山ありすぎて。笑

Rei

Rei
Rei
あらためて皆さん、来ていただいてありがとうございます。アイコン勉強会は、全3回行わせていただきますが、パレットメディアでは、それぞれの回で5名様限定で、ギクキングさんにアイコン添削を無償でいただけることになりました!
番組の残り時間は、数名だけでも、今日のアイコン添削にご応募いただいた方の添削をやりましょうか。

アイコン添削 1人目:Ayumiさん

Rei

Rei
Rei
まずは、看護師のAyumiさんです。Ayumiさん、軽く自己紹介をお願いできますか?

Ayumi
看護師をしています。アイコンは顔を出さずにイラストを使っているのですが。理由は、去年まで病院で働いていたので、SNS上で顔を出すのは、あまり良くなかったから。今のSNSアイコンと、自分のブログで使っているのは、友達に書いてもらったイラストです。
これからNPO法人を立ち上げるので、このままイラストアイコンでいくか、今後顔出しするかは迷いつつ。職場が変わって、新しい雇い主はNPO立ち上げへの理解があるので、今後は顔出しもオッケーになったので。
あと今のアイコンは、相手から見て看護師だとわかった方が良いと、以前に他の勉強会で聞いたので、聴診器を自分で、無理やりイラストの中に入れてみたアイコンになっています。笑

ギクキング

ギグキング
ギグキング
聴診器、超ちっちゃい。笑

Rei

Rei
Rei
全っ然気づかなかった。笑

ギクキング

ギグキング
ギグキング
SNSでのAyumiさんと、実際に看護師をされているAyumiさんとを繋げる目的が無いならば、完全に分離しても良いかと思います。あとは、今後NPO法人を立ち上げた後にアイコンを変えたり、臨機応変に対応しても良いとは思いますね。
それに、ルームごとにアイコンを変えるのは、効果的な戦略で私も活用しています。

アイコン添削 2人目:ぷぷぷさん

Rei

Rei
Rei
次は、ぷぷぷさんのアイコン添削に行きましょう。ぷぷぷさん、ご応募ありがとうございます。自己紹介と、今のアイコンに対しての悩みや要望があれば、ご説明お願いします。

ぷぷぷ
美容サロンメーカーの顧問をしながら、売り上げを上げるコーチングの活動をしています。Clubhouseでは「コーチング」の部屋を週に3回ほど開いたり、「美容業界の広告の裏と表」という部屋を開いたり、あとは「数秘術」の部屋をたまに開いたりしています。
アイコンの悩みは、今使っている写真が、だいぶ前に撮った写真なんです。自分の写真が無さすぎて…これしか無いんですよね。
あとは、今やっている発信内容がバラバラなので、そこの部分をご相談させていただきたいなと思っています。

ギクキング

ギグキング
ギグキング
アイコンは、ビジュアルブランディングですよね。全体の世界観を統一しておいた方が、相手にストレスなく受け取ってもらえると思います。その方が他のSNSとまたいだ時にもストレスが無いので、なるべく合わせた方が良いと思います。
ぷぷぷさんの場合は、多岐に渡って発信をされているので、どこを優先させるか、優先順位を考えながら、アイコンビジュアルに落とし込んで行こうと、お話を伺った中で思いました。

続編もお楽しみに

Rei

Rei
Rei

ちなみに、今日、アイコン添削に興味があると手を挙げてくれた方々のアイコンを見ると、デザインとして作られたアイコンって、少ないと思うんですよ。
そこをギクキングさんに作ってもらえるだけでも、差別化ができますし、覚えてもらいやすくなるので。ぜひ、今回と次回の番組でギクキングさんにアイコン添削いただけるチャンスがあるので、DMにてご応募していただければと思います。

ギクキングさん、次回の番組はどんなことをやる予定でしょうか?

ギクキング

ギグキング
ギグキング
次回は、今後求められるアイコンの戦略を、みなさんにお届けできればと思っております。
第1回と、今日の第2回でお話しした、アイコンのイメージや、色、活用法などを総合的にお話しながら、どういったアイコンが良いのか。また、アイコンに限らずビジュアルに関する考え方やイメージ、方針をお話できればと思います。

Rei

Rei
Rei
次回は、実践編ですね!

ギクキング

ギグキング
ギグキング
色は本当に奥が深いので。ぜひ皆さんのお仕事やSNSの発信に、活用していただければと思います。

Rei

Rei
Rei

僕は、最初の紫外線、赤外線の話で心掴まれました。笑

次回の番組も日曜の昼12時からやります。次回も、アイコン添削いただけるチャンスもあるので、パレットメディアの番組やTwitterなどからお知らせをチェックしてみてください。
皆さん、ありがとうございました!

登壇者

Rei(@savoy37
ギクキング(@giku_sns_design

その他のスピーカー(当日参加)

徳永洋子(@tokunaga45
Takaaki Yamauchi(@takapien
Ayumi(@ayumi51244
ぷぷぷ(@laugh_mind_map

編集:ロガー

ぷくし

ぷくし
ぷくし
カナダ移住し広告とEC運用してます。パレットメディアで記事書き|Clubhouseで【旅部】の部屋を開いたり|多拠点居住話が聞きたい|リンク先に記事や告知掲載|越境EC 北米移住←広告代理店←EC企画運用←PM•デザイナー|日本とカナダのデュアルワーク始めました。

Twitter:https://twitter.com/pukushi
note:トロント暮らし

学習カテゴリの最新記事